7年目の誘惑(18)

 (馬鹿な・・・香織が・・・肛門で・・・俺でさえ触らせて貰えなかったのに・・チクショウ・・香織・・そんなに良いのか?・・・)
 目の前の早智子の尻に視線を落とす。
 ムクムクと嫉妬の炎が立ち上がる。
 健一の指が早智子の肛門を弄りだした。
 『あぅ・・健一さん・・・あなたも・・・弄りたいのね・・・』
 窮屈な格好で指を鍵の手に曲げ突き刺す。
 指を濡らすこともしなかった。
 『ひん・・ヒィ・・痛い・・健一さん・・・もっと、優しく・・』
 我に帰った健一は。
 「ごめん・・・ごめんね。」
 結合部から滴り落ちる愛液を掬うと早智子の肛門に塗りだした。
 一郎と同じ事を始めた。
 下からおま○こを突き上げ肛門を嬲る。
 その刺激に早智子が啼き始める。
 『いい・・・健一さん・・・イイ・・・おま○こ気持ちいいぃ・・お尻もイイ・・もっと突いて・・もっと弄って・・早智子どうなってもいい・・・』
 先ほどまでの余裕は無く、一気に追いやられていた。
 『ああ・・イク・・・いっちゃう・・・いくぅ・・・イク・・イクイク!』
 背中を弓なりに反らせ健一の膝に置いた両手を突っ張る。
 やがて、アクメに達した早智子は弛緩したカラダを後ろの健一に預け満足そうに目を瞑る。


PageTop

プロフィール

HIRO(S)

Author:HIRO(S)
HN:HIRO(S)
年齢:秘密
性別:秘密
地域:関東地方
動機:gooで削除されたので。
一応フィクションとしてますが、ナイショ
写真は・・・・いけないんだぁ

カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログランキング

投票してね。

FC2Blog Ranking

セレクト・ショップ

あみ・あみ

グッズ
ソフマップ

ラブ・アゲイン
私設私書箱センター
2Candys
最近のコメント

月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター