7年目の誘惑(25)

 こんなにゾクゾクしたのは健一も初めてだった。
 早智子の誘導が上手だったのか、健一にひらめきが宿ったのか、何の衒いも無く小世場が次々に出てきた。
 「・・・浅ましいな・・・早智子は浣腸されて喜ぶ女だったのか。」
 「おおイヤらしい・・・浣腸液を入れられる時にそんなに尻を振るか?マゾ女め!」
 「旦那が見てたら悲しむぞ・・・自分の女房がマゾ奴隷になったなんて・・・」
 『あぁ・・・しゅ、主人のことは言わないで・・・あなた・・・ご免なさい・・ごめんなさい・・・』
 「さあ、続きだよ。しゃぶってもらおう。」
 グイッと健一が勃起した肉棒を早智子の唇に突き付けると、
 『本当に、お口で逝かせればトイレに・・』
 健一はそれには答えず早智子の口唇を割って、男根を押し込んでいく。
 『ウ、ググッエー・・』
 喉の最深部まで貫くと早智子は苦しくなりえづきながら、顔を振って逃れようとする。
 健一は後頭部に手をやりガッシリと固定して、喉の奥まで抽送を繰り返す。
『うえぇぇえ・・・グフッ・・ゲホッ、ゲホッ』
 両目から涙を溢し、それでも耐える早智子。
 健一は早智子の苦しげな顔を楽しそうに見つめながら、更に抽送を速めた。
 一旦抽送を止め、唇から男根を引き抜きひと息つかせる。
 『ハァ、ハァ、ハァ。』
 早智子は荒い息を何とか整えようと肩で息をする。
 『す、すこし休ませて・・・』
 「構わないが・・・トイレ・・持つのかな?また、垂れ流しするか?」
 『あぁ・・そんな事言わないで。・・・続けますからぁ・・・』
 早智子は今度は男根に手を添え咥える。
 ジュプ、ジュプ、クチュ、クチュと単調に音が聞こえ始める。
 先程と同じように早智子のカラダに震えが生じ、切羽詰った様子で必死に逝かせようとした。
 咥えられた男根から、唾液が毀れ、床を汚しているが今の早智子には気遣う余裕は無い。
 必死に便意と戦いながら、一刻も早く楽になりたいと唇に力を込めて舌を絡める。
 その姿を見下ろしている健一も、早智子の扇情的な風情にきざしてきた。
 「いいぞ、早智子さん。で、出そうだ。」
 『あぁ、出して・・・出して!』
 時折口を大きく開け隙間から声を漏らし健一を促す。
 『頂戴・・・健一さんのミルク・・・早智子のお口にちょうだい!』
 その言葉が引き金になり、早智子の口唇のなかに勢い良く噴射した。
 『ん、ンン~・・ハァ』
 2回目にも拘らず大量にザーメンを喉の奥に浴びせた健一は早智子がそのままザーメンを飲み込むのを待った。
 コクッ、コクッと早智子の喉がなり、粘り気のあるザーメンを嚥下していく。
 やっとの事で飲み干した早智子は、気が緩んだのか猛烈な便意に身を捩り始める。
 『おねがいです・・・・トイレに・・トイレに行かせてぇ・・・』
 「よし、約束だ。トイレを使わせてやる。・・・さあコレにしな。」
 健一が差し出したのは浣腸液を作った洗面器だった。
 『え?・・・約束が違います。トイレに行かせるって・・・』
 「トイレを使わせるといったが、トイレに行かせるとは言ってないよ。コレがイヤなら垂れ流しだな。」
 『・・そんな・・・健一さんヒドイ・・・うぅ・・苦しいぃ・・もう、,ダメ・・』
 早智子は洗面器に腰を降ろす、
 2回目なので汚れはほんの少しだけで、全部出し切ったようだ。
 『うぅう・・惨めだわ・・・2回も見られて・・・』
 涙でグッショリ濡れた面貌をゆっくり上げさせると、健一は優しくキスをする。
 『ん・・ンッ・・』
 虐められた後に優しくされると甘い疼きが倍加するようだった。
 (健一さん・・・イヤッ・・・早智子を虐めないで・・あうう・・どうして?虐められたのに・・感じる・・・優しくされると・・・もう、どうなっても構わない・・・もっと、啼かせて・・・)
 長いキスの後早智子の顔を見ると、上気し肩で息をしている。飲まされた唾液に酔い理性を焦がしていく。
 ベッドサイドに戻り、四つん這いで居ることを命じられた早智子は抗うこともせず言われた格好をいそいそと取る。
 健一は枕元に置いてある、クリームを指で大量に掬い、早智子の尻朶に塗り込んでいく。
 肛門の皺を伸ばすように指に腹で刺激し、さらに指を挿入し、内肛門括約筋を解そうとしていた。
 クリームを追加し直腸壁にも塗りこんで行く。
 クリームには催淫効果のある成分と麻酔薬・・キシロカインが混入され肛門性交を容易にさせる。
 十分解れたと思った健一は自分の男根にもクリームを塗りたくる。
 「早智子さん。もう入れても大丈夫かな?」
 『あぁ・・・きてっ・・・健一さん・・・犯して』
 肛門に亀頭を押し込む。
 小さな窄まりが徐々に拡張される。
 『うぅ・・・きつい・・・あぁ・・苦しい・・・アッ・・・痛い!・・・』
 健一が逸りすぎたのか、亀頭の一番太い部分まで嵌ったが、痛みが早智子を襲う。
 『あぁ。痛い・・・痛い・・・きつすぎるのぉ・・・健一さんのおちん○ん大きいぃ!』
 早智子の悲鳴にビクつきながらも、ギュッと押し込んでいく。
 亀頭部が肛門を通り過ぎた所で動きを止め、馴染ませようとした。
 膣とは違う締め付けに、食い千切られそうだ。
 健一は更にサオの部分にクリームを追加し滑りを良くしようとした。
 一呼吸置いて早智子の腰をひきつけ同時に男根を押し付けると、幾分か滑らかとなり
健一の腹が早智子の尻に当たった。
 「やった!・・・全部入った、・・・アナルセックスしたぞっ!」
 初体験に興奮し健一が吼える。


7年目の誘惑(24)

 休憩が終わりそれぞれパートナーを伴い部屋に向かう。
 健一は早智子に導かれ浴室へ、香織は寝室へと導かれた。
 『・・・健一さん、それでお腹の中を綺麗にするの。・・・・恥ずかしいけど・・して下さい。』
 早智子が取り上げたのはガラス製の大きな注射器と液体の入ったビン・・・ラベルにはグリセリンと書いてある。・・・であった。
 『そのグリセリンを洗面器のぬるま湯に溶かして・・浣腸液を・・・作ります。グリセリンは水溶性だから・・・』
 無色透明の糖蜜状液体を洗面器の中で溶かし、濃度50%で作る。
 注射器は200CCの家畜用であった。
 「こんなものが良く手に入ったね。」
 『アダルトショップに普通に有ります。・・・本当はディスポーザブル浣腸器が簡単でいいんですけど・・・手に入るのは5ml~40mlの容量のイチジク浣腸なの。注入管が3~5cmの短いものだからすぐに排便したくなってしまうの、医療用の10cm以上のものが手に入れば・・・いやだあたし何を言ってるの・・・恥ずかしい。』
 健一には未知の世界の事だと改めて感じた・
 「じゃ、入れるよ。・・・どの位入れればいいの?」
 『大人でもイチジク浣腸なら40ml1個で十分なの、よほど便秘じゃなければ2個は必要ないわ。』
 それを聞いた健一は洗面器の液体を更に薄め4倍にした。
 「薄めたから200ml入れるよ。」
 ゆっくり注射器のピストンを押し始める。以外にスムーズに入って行く。
 あっという間に半分を早智子は飲み込んでしまった。
 「もっと飲み込めるだろう.早智子さん。・・・もう1本入れるよ。
 『ああ、もう一杯・・・苦しいの・・・もう十分だから・・・』
 健一は洗面器に注射器の先を浸し、ピストンを操作して薬液を用意した。
 注射器の空気を抜くと早智子の肛門に挿し注入を開始する。今度は途中で抵抗が強くなり一気には入れられなくなる。
 『あうぅ・・・苦しい・・・・健一さん・・・お願い止めて・・』
 「もう少し我慢して。あと半分だ。」
 何とか最後まで注入し、注射器を抜く。 
 『あぁん・・・でちゃう・・・』
 「まだ1分も経っていない。・・・あと5分我慢して。」 
 『あう・・・もう5分・・・経ちましたよね・・・』
 「まだ大丈夫そうだね、あと3分我慢するんだ。」
 早智子の顔は蒼ざめ、カラダがブルブルと震えている。
 時折強い便意に襲われ尻に力が入るのが判る。
 『あぁ、もう駄目です・・・トイレに行かせて・・』
 限界が近づいたのだろう、唇を軽くかみ締めながら早智子が哀願する。
 「まだだ、トイレに行きたければ俺を逝かせてからだ。
 早智子の姿を見ていた健一の男根は勃起していた。 
 『む、無理です・・・もう、出ちゃう!』
 それでも何とかしようと健一にしゃぶり付く。
 早智子には技巧を凝らす余裕もなく、ただ上下に唇を動かしている。
 便意でカラダが震える動きが頻繁に健一に伝わる。
 もう限界が近いのがわかるが、健一にはタイミングが計れない。
 『あぁぁ・・・いやぁぁぁぁ!』
 一際大きな声で啼きながら、茶色い液体を噴出した。
 たちまち浴室に臭気とブリッブリッという音が響き渡る。
 『いやぁぁぁぁぁ・・・見ないでぇぇぇ・・・見ちゃイヤァァァ・・』
 幸子の悲痛な声が木霊する。
 涙が止め処なく流れている。
 健一は始めてみる女性の排便姿に呆気に取られ言葉も出ない。
 やがて早智子の体が弛緩し、全部出し切った様子が伺えた。
 『ぅううヒドイ・・・・こんな・・・恥ずかしい格好・・・主人にも見せたこと無いのに・・・』
 一郎に浣腸をされても最後にはトイレに行かせて貰えていた。それが健一には剥き出しで見られてしまった。
 今までに無い恥辱・・羞恥に早智子の脳髄が蕩け、官能に火をつける。
 素人の怪我の功名が早智子を狂わせた。
 『あぁぁ・・・健一さん・・・早智子を許して・・・早智子を軽蔑しないで・・お願いです。』
 この時健一は唯一の正しい選択をした。
 「よし、もう一度最初からやり直しだ。今度は俺を逝かせるんだ。俺の精液を飲み干すまでトイレは使わせない、またここで漏らしてしまえ。犬のように片足を上げてするんだぞ。」
 『そんな・・・許して・・・あぁ・・・早智子は・・・犬になるのね・・・早智子は・・牝犬・・・あぁ・・判りました・・・します・・します・・・おしゃぶりします。・・あぁ、健一さまぁ・・・』
 ついに健一は念願のSMプレイに突入したのを悟った。


7年目の誘惑(23)

 二人で暫く会話していると、妻と一郎さんがリビングに戻ってきた。
 妻の格好は、備え付けの浴衣を素肌に纏っているだけであった。
 「・・・1回戦は済みましたか?・・・佐藤さん妻は如何でした。」
 一郎は腰に巻いたタオルだけの姿だ。と言っても健一も同じだが。
 香織を伺いながら答える。
 「ええ、素晴らしい女性ですよね。胸も大きいし張りがあって形も申し分ないし、お尻もプリンプリンで揉み甲斐がある。何より若いだけあっておま○こはピンク色に近く色素の沈着が少ないですよ、羨ましいですね。」
 香織の顔色が悋気で紅潮しているのが見えたが、敢えて早智子を持ち上げてみた。
 それを察知したのか、早智子は健一にしな垂れかかり甘えてみせる。
 『健一さんのおちん○ん・・・大きくて硬いのね・・・早智子、もう何度も逝っちゃった。香織さんが羨ましいな・・・でも家の主人のテクニックも凄いでしょう?おちん○んは普通だし硬さも年相応だけど・・・中年男のイヤラシさは、案外病みつきになるかも・・ねえ、どうだった?』
 聞かれた香織の悋気で紅潮していた顔が、いつの間にか別の赤に染まって耳朶まで真っ赤だった。
 おずおずとした様子ながら答える。
 『ええ・・・早智子さんの言うとおり。・・・初めてだわ・・・こんな感じ。・・主人とは全然違う・・・なんか・・・真綿でジワジワと締め付けられているような・・・身動きが取れない・・・自由を奪われていく感覚・・・』
 『イヤじゃないの・・・ううん、気持ち良いの。・・・しゅ、主人が居なければ私、私きっと・・・』
 「まあ、それくらいにしましょう。お互いの感想はあとで夫婦水入らずの時にゆっくりお話したら? ところでお二人にお聞きします。・・・香織さんはアナルの経験は?佐藤さんは有りますか?」
 「え・・・あのう・・・俺は少し・・」
 『・・・はい、さっき』
 二人が同時に答えた、お互いに相手の返答に複雑な顔をしている。
 『あなた・・・いつ?どこで?誰と?』
 香織の質問が健一より早く発せられた。
 『うん・・その、結婚前に・・・当時付き合っていた彼女と・・』
 『アナルセックスまでしてたんだ。』
 「してない・・・そこまではしていない。・・指で・・・弄るくらい・・だよ。それと、さっき・・早智子さんに。」
 『・・・恥ずかしいわ、健一さん。』
 と早智子。
 「早智子から多分お誘いがあるでしょうから、香織さんさえ了承したらアナルセックスにチャレンジしてみては?・・・問題は香織さんだなぁ。・・・初めては私ではイヤでしょう?やはりご主人との間が最初にしたほうが良いでしょうから・・・止めておきます。ついでに・・・玩具は?使ったことがありますか?」
 香織が答える。
 『あのう・・・ローターなら・・・主人が・・・して、経験があります。他は有りません。』
 「香織さんが拒否しなければ、ご主人使っても良いですか?」
 『一郎さんは使いたいのですか?』
 『ごめんなさい香織さん説明しますわ。・・・・主人はこの通り40代後半です。一度出してしまうと、回復するのに時間が掛かるんです。さっき、香織さんとした時に出したのかどうか判りませんが、主人は何回も香織さんを抱きたくて、玩具の話をしたのでしょう。健一さんのように若ければ直ぐに回復して性交出来るのに・・・男って馬鹿ですよね。どうしても香織さんと一杯愛し合いたいくてオモチャで誤魔化そうとするなんて。』
 香織は頬を赤らめながら答えた。
 『・・・一郎さんがどうしても使いたいと仰るなら私は・・良いです。』
 『あの・・・その・・・アレも・・・してみたいです。・・』
 香織の答えに健一がうろたえてしまった。
 「香織・・・お前・・・あ、アナルまで許すのか?・・・俺でさえ一度もしていないのに」
 『お願いあなた。最後までは・・・アナルバージンはあなたに捧げますから、それ以外はしてみたいの。さっき、弄られて・・・おかしな感覚が残っていて・・・』
 「判りました。ご主人にアナルを捧げられるように開発します。それで宜しいですか健一さん?」
 「仕方ない・・・香織が、妻がそう望むなら。・・」


PageTop

プロフィール

HIRO(S)

Author:HIRO(S)
HN:HIRO(S)
年齢:秘密
性別:秘密
地域:関東地方
動機:gooで削除されたので。
一応フィクションとしてますが、ナイショ
写真は・・・・いけないんだぁ

カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログランキング

投票してね。

FC2Blog Ranking

セレクト・ショップ

あみ・あみ

グッズ
ソフマップ

ラブ・アゲイン
私設私書箱センター
2Candys
最近のコメント

月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター