7年目の誘惑(32)

 「香織さん・・・済まない。・・・これを・・」
 一郎が差し出したのは2種類の錠剤だった。
 「モーニング・アフターピル。・・・72時間以内に2錠飲んで、その12時間後に2錠飲む・・・緊急避妊ピル・・・早智子がレディースクリニックで処方して貰って置いたものだけど・・・それと・・副作用が強いから・・・吐き気止め・・だそうだ。」
 『・・・それを飲めば、妊娠しないんですね。』
 すがる思いで香織が尋ねる。
 「絶対に、とは言えない。・・・75%位の確率・・・」
 『・・・それでも・・・下さい。』
 香織は祈る。
 これで妊娠しなくて済むとしても、香織は自分が以前の自分と変わってしまったことを今では感じていた。
 子宮に精を浴びた瞬間を覚えてはいないが、何かが根本的に変わったと感じた。
 夫への罪悪感で一杯であったが、同時に男の精を受精する悦びを子宮が望んでいることにも気付く。
 それが一郎の精だからそう思うのか、抱かれた男の精なら良いのか?香織には判断が付かなかったが、少なくとも今の香織は一郎の精を受けた事に嫌悪は感じては居なかった。
 さっきあれほど泣きじゃくったのに・・・自分でもおかしいと思う。妊娠の危険性が低くなったからなのか?・・・そうだとしたら現金なものだ。
 以前の自分なら絶対許さないだろう。
 しかい、今はもう汚れたカラダだもの・・・と言う諦念も浮かぶ。
 いや、どうせならもう一回子宮に飛沫が欲しいとさえ思ってしまう。
 確実に変化した心の動きを、香織は背徳の甘い疼きと感じた。
 『・・・ね、一郎さん。・・・もう、こうなってしまったら覚悟しています。』
 一郎は香織の心の変化に気付く筈も無く、妊娠を覚悟したのだと思った。
 どう責任を取ろうか考えている一郎に。
 『だから・・・もう一度抱いて下さい。・・・また、中に出して下さい。』
 と言われビックリした。
 その後2度香織の中に放出した一郎はぐったりと疲れた体をベッドへ横たえた。
 その傍らで、一郎にピッタリと寄り添いながら眠る香織の顔は、微笑を浮かべていた。


回想録 ~二人の玲子~ 24

 突然、部屋のドアが勢いよく開けられた。
 脱兎のごとく侵入してきたものが居る。ドアが開く音に気付いた田中が振り向くと、驚き目を見開いて硬直した。
 その顔へ侵入者のパンチが叩き込まれる。
 「グェ・・」
 『キャアー・・・・・あぁ・・イヤァー、見ないでぇ・・』
 仰け反った田中に更にパンチが叩き込まれる。綾子と繋がっていた田中がベッドから転げ落ちる。
 侵入者は無言で田中を足蹴にする。それを避けようと田中は、海老の様に丸くなるが腹を守るだけであらゆる所を蹴られた。
 『やめてっ!・・・あなた・・・死んじゃう・・・』
 必死に止めようと綾子が侵入者の足に縋り付く。
 バランスを崩した侵入者は綾子と共に田中の上に倒れこんだ。
 「ぐっ・・・」
 呻き声と共に田中が失神した。
 
 田中が気が付くと、後ろ手に縛られ、足も拘束され床に転がされていた。
 田中は恐怖でガタガタ振るえ、歯がガチガチ音を立てて鳴っている。
 寝室のベッドには男が腰掛けこちらをじっと見ている。
 自分の隣に綾子がやはり縛られ正座させられていた。
 綾子の顔は膨れ上がり、唇から流れた血が、顎にこびりついている。
 「綾子!・・・お前ら・・」
 『ごめんなさい・・あなた。ゆるして・・違うんです。』
 「ふざけるな!目の前でオマ○コしている所見たんだぞ。コレが許せるか!何が違うんです、だ。何がどう違うんだ説明しろ!」
 『もうしません。二度としませんから、許してください。』
 「俺は説明しろと言ったんだ。」
 「オイ!田中・・貴様、絶対許さないからな・・・綾子お前もだ。」
 「すみません、すみません、ご主人。・・・許してください、二度と綾子には近づきません。」
 「バカヤロー!人の女房を呼び捨てにするな!」
 「ハイッ・・申し訳ありません。」
 『あなた・・ゆるして・・・』
 「だから説明しろ!・・お前らいつからなんだ。」
 『・・・・・・』
 「言えないのか?それじゃ俺が言ってやろうか。」
 「綾子お前・・・田中の大きなチ○ポが良いそうだな。俺の粗末なチ○ポじゃ感じないんだって。それに、甲斐性なしだから田中のチ○ポ見せれば俺が黙ってしまうから大丈夫だって言ってるんだって。」
 『そ、そんな事言ったりしません。・・愛しているのはあなただけです。ごめんなさい許して下さい。』
 「おい見てみろよ綾子。コレがお前の好きなおっきなチ○ポだぜ。凄いな毛に隠れて見えないぞ。俺のはコレより小さいんだな。」
 田中の性器は恐怖で縮こまり陰毛の中に隠れていた。
 「どうした、綾子さっきみたいにお前が大きくしてやれ、俺に見せ付けるんだろう。」
 『あぁ・・出来ない。ゆるして・・出来ません。』
 「それとお前尻の穴で田中と繋がる変態なんだって。どれ見せてみろ」
 正座した綾子の髪の毛を引っ張り、前のめりに倒し、無理やり尻肉を開く。
 「なんだこりゃ!・・・けつの穴がブカブカじゃないか。本当に肛門でオマ○コしてたんだ、変態女。どうした何か言ってみろ!」
 怒りがこみ上げてきたのか、綾子の尻をバシバシしばたいた。
 『あぁああ、痛い・・許して、あなた・・』
 「ふん、もうお前とは終わりだよ。出て行け!離婚届はお前の実家に送るから、書いたら寄越せ!」
 『イヤァ・・離婚はイヤァ・・・ごめんなさい、ゆるして、こんなこと二度としません。ゆるして・・父や母には・・・』
 「結局親に知られるのが嫌なだけだろ。お前らの娘はチ○ポをケツの穴にぶち込まれて悦ぶ変態女だって言って欲しくないだけだろ。」
 『違います・・・一時の気の迷い・・・なんです。・・・あなただけ・・愛しているのはあなただけなんです。・・・離婚しないで下さい。』
 「オイ田中、お前はどうなんだ。どう責任を取る積もりだ?・・綾子と一緒になるんだろうな。」


PageTop

プロフィール

HIRO(S)

Author:HIRO(S)
HN:HIRO(S)
年齢:秘密
性別:秘密
地域:関東地方
動機:gooで削除されたので。
一応フィクションとしてますが、ナイショ
写真は・・・・いけないんだぁ

カレンダー

07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログランキング

投票してね。

FC2Blog Ranking

セレクト・ショップ

あみ・あみ

グッズ
ソフマップ

ラブ・アゲイン
私設私書箱センター
2Candys
最近のコメント

月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター