クロウエア・エクサラダ【12】

 抽送を腰のグラインドに変え、子宮を頂点とする回転運動に変えた。
香織の呻き声が更に漏れる。 
 『ひぃい・・ああぁ・・イイ・・いい・・』
 限界だろう、これ以上声を出さずに耐えられない。
 香織の手をどけて私の手で口を塞ぐ。
 親指と人差し指の間を香織の口に噛ませる。
 「ぐっ」
 声を漏らすまいと噛み締めたのだろう、私の手を思いっきり噛んだ。
 物音がやんだせいか、隣人は首を捻りながら洗濯物を手にし屋内へ戻る。
 ほっとして弛緩した香織の口が緩んだ。
 歯形から血が滲んで香織の唇を濡らす。
 よほど強い力が加わったらしい。歯型がジンジン疼く。
 血が滲んだ手を香織の頬に塗りたくり耳元で囁く。
 「もう、声を出しても大丈夫。遠慮せず声を出しなさい。」
 『あぁぁあ・・いいのぉ・・きもちいいのぉ・・おかしくなる・・香織・・もう、もう、逝っちゃうよぉ・・』
 我慢していた事で快感が吹き出たのかもしれない。
 短時間で昇り詰めようとしている。
 『いい・・・いい・・・いっちゃう・・・逝っちゃう。』
 「まだ駄目だよ。」
 グラインドも止め、香織から離れる。
 チ○ポとおま○この間を我慢汁と愛液が糸のように繋がっている。
 『いやぁ・・やめないで、途中で止めるなんて・・逝かせて・・おながいょお。』
 「苛められるのが嫌いなんだろう?縛られるのも嫌いだって。こんな人だとは思わなかったんだよな。」
 引き抜いたペニスで淫裂を擦ってやる。
 『・・・意地悪・・』
 「そうさ・・私はそういう男なんだ。只の不倫じゃない、香織が私の奴隷になるならずっと可愛がってあげる。」
 チョンチョンと突きながら耳元でまた囁いた。
 『・・・奴隷って・・・』
 「そうさ・・私だけの奴隷・・私だけを愛し仕える。・・酷い事を言っているだろう?人妻をその夫から奪うんだよ。身も心も・・」
 『そんな・・・出来ない・・夫を・・健一をこれ以上裏切るなんて・・』
 「それが普通さ、だから嫌われるような事をした。・・これ以上私と関係すれば、私はきっとそのように求めてしまう。今の内に関係を絶つべきだ。」
 そう良いながらも、乳房を捏ねクリトリスを摘み刺激をやめない。
 自分で自分をつくづく度し難い男だと思う。


クロウエア・エクサラダ【11】

 夜とは言えベランダに全裸で居る事の不安は、香織に恐怖と同等の妖しい感覚を起こさせた。
 世間的に露出趣味の女性が居ても数は少ないものと思われがちだが、別の面から見ると、女性の殆どは「見られる。」事を常に意識している。
 例えば化粧・・例えば服装・・よほどの無頓着な女性で無い限り、外出時には濃い・薄いに係らず化粧を施し、洋服を選ぶ。
 誰に見せるつもりなのか?意識している時もあれば無意識に着替えている時もあるが、「見られている。」事を潜在意識に焼き付かせている。
 まして、何もなければ見せる必要の無い「下着」も凝る女性が多い。
 彼や夫に見せる機会が無い女性が下着に凝る。勿論可愛いからだとか、デザインが良いとか主張するのだろうが、汗を吸収するのなら『綿』の方が実用的で、また、吸収面の広い下着が実用的なのに、ハイレッグな下着を穿く。
 かほど女性は『外見』に拘り『見られる。』事を意識している。子供から大人まで。
 見られる事を意識するなら、見られる事に何らかの感覚が生じているのであり、露出趣味といわなくても、見せたがりと言えるかもしれない。
 ローライズジーンズもその範疇であろうし、女子高生の制服のスカート、キャミソールなど数え上げればキリが無いほど、肌を露出する服が着られている。
 見られる事を前提に身に着けているのに、いざ見られたときには大騒ぎを起こし、痴漢呼ばわりされるなど、男の立場を無視した・・見たくも無いのに見せられた時など・・ふざけるな!見たくて見た訳じゃない、お前が見せたんだろうが!・・と叫びたいのに我慢しているのが現実だ。
 余談はこれくらいにして。

 香織に起こった変化は私に新たなネタを提供した。
 さっき帰宅した隣人との間仕切りに香織を押し付け、尻を突き出させた格好で交わる。
 抗議の言葉も、隣に聴かれる恐れがあり小さい。
 構わずバックから挿入し、抽送を始める。
 腰をしっかり掴み、力強く叩きつける。
 香織の尻の弾力を楽しみながら打ち付ける腰の角度を変え、気を遣らせようと動く。
 大きな音を立てられない状況が、香織の心を蝕み、妖しい感覚が徐々に支配していった。
 声が漏れそうになり、右手を口に宛がう。
 覆っただけでは防げない。
 『あぁう・・ぅあああ・・』
 呻き声が静かな夜に意外なほど大きく響く。
 「ガラガラ・・」
 突然、隣の部屋からベランダに出る人の気配がした。
 取り込みを忘れた洗濯物を片付ける隣人。
 いぶかしげな顔でこちらを見ていた。
 パンパンパンと肉を打つ音が不振を招いたに違いない。


【妻の秘密・義妹の秘密2】(3)

 ソファーに凭れ眠る真樹。
 とうとうこの日が来た。あれから5年。
 見下ろす真樹は相変わらず冷たい美貌をその顔に映している。
 部下だった、妻の親友だった。
 そして、私の敵・・・
 身動きが出来ないように縛る。
 手が震えている、怖気づいたのではない。歓喜に打ち震えていた。
 美しい獲物を獲た悦び。
 痛いほど勃起している。
 これから始まる陵辱に思いを馳せると、先走りの汁が下着を濡らした。
 アイマスクと猿轡を掛け、動かない肢体を地下室に運ぶ。
 思ったより軽い。意識の無い肢体は重いはずだが、アドレナリンの力か気になる重さではなかった。
 肩に当たる真樹の腹が規則正しく上下する。
 掴んだ手が尻朶に食い込む。
 37歳になろうとしている女の色香が鼻腔を擽り、益々勃起したペニスが硬くなる。
 簡易ベットに手足を拘束し、タバコを燻らせながらしばし獲物を見詰めた。
 ほつれた髪の毛が顔の半分を覆い、影を作る。
 タバコを吸い終わった私は、ハサミを手に取ると真樹の洋服を切り刻んだ。
 ブラウスをズタズタに、ブラジャーも切り刻んだ。
 ボリームのある乳房が形を変える事無くツンと上を向いている。
 30代後半でこの胸の美しさは、気に入らなかった。
 どこか崩れていた方が生活感があり、手を出さずに置こうか?という気も起きるが、完璧に近い胸を見ると、歪にしたい、滅茶苦茶にしたい。という欲求が抑えきれない。
 両乳房を握り締めていた。
 指の間からはみ出す肉房、硬いと思った乳房は弾力に満ち、柔らかい。
 眠っていても感じるのだろう、身体を捻ろうとするが、動けない。
 ボンヤリと眼を開けた様子だがアイマスクで見えない。
 が、覚醒していないのか、うつろな眼だ。
 乳首を思いっきり捻ってやる。もう片方は爪を立てた。
 『キャア~!』
 真樹の悲鳴が上がった。
 『何するの!だれ?薫?』
 もう一度今度は両乳首を摘み引っ張る。乳首が限界まで伸び止まる。
 『ぎぁあぁあ、やめて!』
 答えもなく嬲られる恐怖に真樹は震えだす。
 『誰なの?何故こんな事するの?止めて痛いわ。』
 眼が見えない事で恐怖が倍加する。痛みの感覚が不規則に襲うため、身構える事もできない。
 『助けて・・薫・・どこなの?』
 『真樹さん・・・』
 薫が耐え切れず言葉を漏らした。
 『薫・・薫、そこに居るのね?ねえ、止めさせて、ねえ・・誰なの?』
 もう頃合か・・・
 「久しぶりだね、星野。」
 『え?・・・だれ?・・まさか・・』
 「そのまさかさ。私だよ薫の夫の晃一だ。」


PageTop

プロフィール

HIRO(S)

Author:HIRO(S)
HN:HIRO(S)
年齢:秘密
性別:秘密
地域:関東地方
動機:gooで削除されたので。
一応フィクションとしてますが、ナイショ
写真は・・・・いけないんだぁ

カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログランキング

投票してね。

FC2Blog Ranking

セレクト・ショップ

あみ・あみ

グッズ
ソフマップ

ラブ・アゲイン
私設私書箱センター
2Candys
最近のコメント

月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター