【明日晴れるかな?】(11)

  時計の奏でるメロディでユリは放心状態から覚めました。
 既に深夜2時を過ぎています。
 自宅のソファーにもたれ掛かっていたユリはのろのろとカラダを起しました。
 
 ユリは深い悔悟の念を抱いています。
 自分が犯した過ちが信じられません。二度と気を許さない覚悟で、決別の為に赴いた筈でした。
 あれから2度、支店長に抱かれてしまったのです。
 三度目はユリから求めてしまったのです。
 ユリの頭から真一の姿は消えていました。自分は支店長の奴隷なのだ。ご主人様に抱かれたい。その思いだけしか浮かびません。
 何度も何度も昇り詰め、2度支店長の白濁液をユリの子宮は受け止めました。
 熱い樹液はユリの子宮の中を一杯に満たし、細胞の一つ一つを作り変えてしまったように感じました。
 その想いを口に出して、支店長に告げています。支店長に、ご主人様に聞いて欲しいと願ったのです。
 これからも、支店長に呼び出されればカラダを捧げると約束してしまいました。
 ユリは心の底から湧き上がる悦びに涙が出で来ます。
 捨てないで。とも言いました。夫の事は忘れる。二度と夫には抱かれない、と、誓いを立てました。
 ご主人様だけ、ユリはご主人様だけの女。ご主人様の事だけ考えると宣言していました。

 (なぜ?どうして?あんな事を・・・憎い支店長。真一を愛しているのに。・・・愛する人は真一だけなのに。)

 我に返ってユリは、悔悟と自己嫌悪に陥ります。
 支店長に再度汚されたカラダを清めようと浴室に飛び込みます。
 服ごと綺麗にしたくて、頭からシャワーを浴びます。
 湯で重くなった服が忌まわしくて、服を剥ぎ取ろうと手を掛けました。
 『あっ!』
 股間から生温かいモノがショーツに染み出て来ました。
 子宮に注がれた支店長の精液です。
 『うっぅぅうぅぅ。』
 浴室にユリの泣き声が響きます。
 シャワーの音に紛れて嗚咽は何時までも続きました。
 ショーツを脱いで違和感を覚えます。有るべき陰りが無くなっていました。
 
 『・・・・ヒィ・・・』
 ユリの陰毛が綺麗に剃り上げられています。
 今更ながらに、ユリは自分の仕出かした事を思い出して、泣いています。
 あの時、都合3度目の射精を受け止めた時に、ユリは支店長に請われるまま支店長の願いを聞き入れました。
 「もう。ユリは俺の女だ。オマ○コの毛が無いユリが見たい。」
 『・・・・・・・』

 『・・・・・・・・は、・・・い。ご主人様。』
 あの時は性交の余韻と興奮に、深く考えもせずに同意したユリでした。
 『うぁあ、ああ、馬鹿、馬鹿ユリの馬鹿。』
 
 翌日、真一はユリのどこか上の空の返答と、決して目を合わせない態度に訝しさを覚えてしまいます。
 (疲れか?それにしてはおかしい?)
 しかし聞き出す勇気が有りません。
 そんな日々が暫く続きました。
 2カ月ほどたったある日、久し振りにユリを抱きたいと思いました。
 お互いに仕事が忙しい事も有り、ユリの体に手を触れる事も無かった真一が、久し振りに求めて来たのです。
 ユリは、何事も無い様子で素直に真一の求めに応じます。
 『真ちゃん・・・久し振りね。』
 服の上からでは判りませんでしたが、ユリの裸体が以前より艶めかしく真一には感じられます。
 胸も少し大きくなったような気がします。手を添えると張りが有り、弾力も増したような気がします。
 腰も臀部も少し福々とした印象です。
 真一の手がユリの股間に伸びます。そこは既に濡れています。
 メスの匂いが立ち込め、真一は頭がクラクラしました。こんな事は初めてです。
 ユリの手が真一のモノを握ります。
 真一は勃起しています。痛いほどにギンギンに張っていたのです。
 ユリの手は握ったモノを確かめるように全体を撫で、指がその太さを確かめるように輪を作ります。
 【ゆ、ユリねえ・・・あう・・・・】
 ユリの巧みな手捌きに、真一は忽ち暴発してしまいました。
 『クスッ・・』
 ユリが思わず笑みを漏らします。
 真一はその笑みを年下の自分に対する好意だと思っています。今までもそうでした。
 しかし・・・ユリの心の中は違いました。
 (・・・しょうがないわね、真ちゃん。・・・硬いけど・・・・短くて細いわ。あぁ、真ちゃん。・・・・ご主人様のチ○ポが欲しい。あなたの小さいオチン○ンでは、ユリはもう、感じないと思う。・・・ゴメンね、真ちゃん。)
 
 この2カ月ユリは毎日支店長に抱かれていました。
 支店長は約束通りに支店を去りました。
 本店の取締役常務として赴任したのです。そして、ユリに秘書役を打診しました。
 ユリと後輩の真由美に白羽の矢が立ったのです。
 2人とも秘かに銀行内では美人の誉れが高く、男子行員の間で憧れる者が多かったのです。
 真由美は二つ返事で、ユリも恥じらいながら承諾しました。
 支店長・・・常務の求めている事がユリには筒抜けでした。
 奴隷を傍に置いておきたい。1日中管理したいとご主人様は願ったのです。
 ユリはもう躊躇いませんでした。
 恥じらいを浮かべたのは、常務の愛し方に、期待と興奮を覚えたからでした。
 常務が握手を求めた時には、ユリは濡らしていました。
 手が触れただけで軽く逝ってしまいました。
 毎日遅くまで仕事をする常務の傍で、ユリは秘書の役を立派に務めています。
 元々優秀なユリです。忽ち他行の役員の間でも評判の秘書となりました。
 僅か一月で自行の秘書達の良い姉貴分として慕われています。
 常務はユリが他行の役員に褒められる度に、ニコニコしています。
 「良いでしょう、佐藤さんは私の秘蔵っ子なのですよ。ダメですよ、手を出しては。」
 ユリが褒められると、その日の常務は一層激しくユリを抱きます。
 ユリは常務の前で褒めれれ、常務がニコニコする姿に無上の悦びを覚えていました。
 常務が求めれば何でもする積りです。
 ユリには常務の居ない生活が想像出来なくなっていました。
 夫の真一を勿論愛しています。しかし、常務は違うのです。
 常務はユリの命です。
 その時のユリには、その様な想いしか有りませんでした。
 常務の為に生き、常務の為に女を磨き、常務の愛を受け止める。
 それしか考えられません。
 その常務と、真一を比べています。
 稚拙な愛撫、小さな性器、早漏。
 どれをとっても常務に劣る夫に呆れ、蔑んだのです。
 それが笑みの本当の理由でした。
 ユリは僅か2ヶ月の間に、心まで常務に調教され、支配されてしまったのです。
 


【明日晴れるかな?】(10)

 支店長の亀頭が淫口をチョン、チョンと突いた時に、ユリは軽く達してしまいました。
 『はぁぁぁ。イイィ・・・・はぁ・・・』
 ズリュ・・・そんな音さえ聞こえて来るような、挿入でした。
 一気に奥まで達します。
 膣の壁が亀頭から支店長の肉棒全体に絡みつき締めあげます。
 襞が一杯残っている感触を支店長は味わい、ニンマリとしています。
 夫の真一と余り性交していない証拠の様なものです。
 肉棒は根元付近と、亀頭のすぐ後ろの2か所に痛いほどの締め付けを感じています。
 引き戻そうとする支店長を逃すまいとするユリの無意識の行為です。
 膣が万力のような締め付けをしている事が、これまでに味わったことのないモノでした。
 無理に引こうとすると食い千切られそうな気がします。
 仕方が無く引き戻そうとする動きを止め、逆に奥に挿し込みました。
 亀頭の先にコリコリした肉の感触を感じた支店長は、ユリの子宮を押している事に気が付きます。
 子宮を押し上げられる感覚に、真一とは違う肉棒の脅威にユリはガクガク腰を揺すります。
 支店長は亀頭の先に熱い迸りを感じ、ユリが快感を覚えている事に悦びを感じました。
 「ユリ・・・どうだ?感じるか?」
 『あぁイイ。・・・・どうして?・・・どうして届くの?』
 『あぁん。初めてよ・・・あぁ・・感じる。・・・・・恐い・・・恐い。』
 ユリはカラダが飛んで行ってしまうような、浮揚感に戸惑い恐れています。
 「お前の旦那と俺のチ○ポ、どちらが良い?」
 裏切りの言葉を吐かせようとしています。
 『・・・・・』
 ユリは当然答えません。
 支店長はユリの反応に、予想と寸分違わぬ安堵を憶えています。この位で堕ちる女は興醒めです。
 それまで奥まで挿入していただけのチ○ポを、徐にピストンし始めました。
 膣壁が濡れているのも関わらず、引きずられています。押し込まれればそれに合わせ、引かれれば引っ張られる。
 張り詰めた感覚がユリを更に追い込みます。
 夫では感じた事のない感覚、貫かれ押し広げられ、押し上げられる。まるで内臓を抉られ、喉から飛び出てしまいそうな感覚。
 ユリは恐れ慄き、ただ呻くばかりです。
 『ヒィ・・・ぁぁ・・・ヒィ・・・あぁ・・ヒィ。』
 呻き声を聞いた支店長が動きを止めます。
 圧倒的な男の律動が、急にとまってしまった事に、ユリは困惑してしまいました。
 夫は途中でやめるような事は有りません。一度動き始めると、欲望を吐き出すまで動き続けます。いえ、動きは直ぐに治まります。
 しかし支店長は動いては、止める事を繰り返しています。
 貫かれてから、かれこれ1時間は経っています。夫との営みでは、前儀は別にしてせいぜい30分位です。
 これで何度めになるでしょうか、支店長の動きが止まります。
 ユリが昇りつめそうになると停められた動きです。
 直ぐに再開されるとユリは想っていました。今度こそ逝かせてもらえる。
 逝かせて欲しかったのです。
 しかし、今度は予想に反して動いてくれません。
 支店長は上体を少し離すと、ユリを拘束していたロープを解き始めます。
 それだけです。
 動きません。ただ上からユリを見下すだけです。ひと言も言葉を発しません。
 ユリは自由になった手を摩り、止まっていた血流を解そうとしていました。
 ビクン。
 膣の中で支店長が脈動しました。
 『あぁ』

 ビクン。
 『あぁああん。』

 ふと気が付くと痒みは治まっています。
 しかし、痒みとは違う感覚が急速にユリの体を支配して行きました。

 ユリの股間からカラダの隅々まで行きわたる感覚。バラバラになりそうな予感、自分の体が自分のモノでは無くなる予感。
 そして・・・
 『あぁ・・・あなたのチ○ポ。あなたのチ○ポが好き。ご主人様の方が良いの。お願いです、動いて。』
 「夫より俺のチ○ポが欲しいのだね。」
 支店長が問います。
 『あぁん。そうです。ご主人様のチ○ポ。これが良いの。』
 「お前のオマ○コは誰のモノだ。」
 『あなたよ。・・ご主人様のモノ。ユリのオマ○コはご主人様のモノです。』
 「旦那に悪いとは思わないのか。」
 『・・・ユリは悪い女です。夫が居るのに・・・夫のチ○ポよりご主人様の大きくて硬くて太いチ○ポが良いの。・・・・夫の小さいチ○ポじゃ感じないの。ご主人様のチ○ポから精液を一杯ユリのオマ○コに出して下さい。ユリにご主人様の子種を下さい。あなたの子を産ませて下さい。』
 ユリの耳元で支店長が囁いた言葉を、そのまま言わされていました。しかし、ユリは抵抗しません。言われるままのセリフを吐いてしまいました。

 「よし。人妻奴隷ユリの誕生だ。記念に濃い精液を注いでやる。ユリも逝っていいぞ。」
 支店長はそう叫ぶと、律動を始めました。
 『あぁ・・イイ・・ご主人様・・・イイ。・・ユリ感じる。 感じます。』
 恥骨に当たる支店長の下腹部。
 痺れが広がります。
 子宮を中心に波動が広がって行きます。
 オマ○コは支店長のチ○ポをキツク締め、もう離さない。そう訴え掛けているようです。
尾てい骨から背骨を駆け昇る快感が弾けそうです。
 頭の中に白いモヤモヤした雲が蔽います。
 その雲の中から一筋の光彩がユリの脳髄目がけ迸りました。
 『ヒッ・・・あぁ・・・イク・・・イク・・・逝っちゃう・・・イク・・・。』
 ブルル。
 ユリの体が瘧に掛かったように震えます。
 背骨が弓なりに反り、こしが浮きあがります。支店長を弾き飛ばしそうな勢いです。
 『ん・・・・あぁぁぁぁぁ・・・・』
 
 グッタリしたユリが横たわる傍で、支店長も荒い息を吐き横倒しになっていました。
 激しく上下する胸。股間にはユリの淫液と自ら吐き出した精液で白濁しているチ○ポが力無くダランとしています。
 不意に支店長の顔を影が蔽いました。
 ユリが支店長に抱き付き、唇を貪っています。
 『ウゥン・・・・チュパチュパ。・・・・フゥン・・・チュパチュパ。』
 『・・ご主人様。』


【明日晴れるかな?】(9)

 『そ、それも・・・中のモノも・・・取って。』
 涙を滲ませてユリが言いました。
 「ふふっ、ユリのオマ○コに触ってもいいのかな?・・・それに取るだけで良いのだね。?」
 支店長は相変わらずニヤニヤしながら、ユリの反応を探っています。
 『あぁん。・・・意地悪しないで・・・・痒いの・・・掻いて・・・掻いて下さい。』
 ユリは痒みを抑えて貰うためにどんな事でもする気になっています。
 支店長の奴隷でも良いとさえ、思っているのです。
 『ねぇ、ねぇ・・・ご・・・ご主人様・・・ユリを・・楽にしてください。』
 支店長が漸く引き出したシップ財は、ベチョベチョに汚れていました。
 あろうことか、ユリは支店長をご主人様と自然に呼んでいるのです。
 この時のユリは痒みでどうかしていたのです。帰宅してリビングでボンヤリと思い出したユリは、絶望に襲われました。
 (・・・なんであんな事を・・・私は言ってしまったのか・・・もう、もう本当に真ちゃんに顔を向けられない。・・・・許して貰えない。)
 
 支店長の指がユリの中を掻き回しています。
 擦られると一時痒みが収まるのです。出来れば一か所では無くユリの中を万遍なく掻き擦って欲しいのでした。
 それをユリは願いました。
 『あぁん・・・ご主人様・・・もっと・・・色々な所を・・・掻いて、掻き回して・・ユリ、気が狂いそうなの。』
 「何だ?チ○ポで掻き回してほしいのか?」
 ユリは返事できません。
 「欲しい時にはちゃんとお願いするのだ。これからも、そうするのだぞ。」
 (これから・・・・そんな・・・)
 ユリの秘かな危惧が現実のモノになりそうな予感に、震え慄いていました。
 その姿を支店長は正確に見抜いています。
 人妻を堕とす早道は、夫に顔向けが出来ないほどの恥辱と快楽を与える事です。快楽だけではいけないのです。夫を裏切る言葉を言わせる事も重要です。
 「チ○ポでユリのオマ○コを掻いて欲しいのだろう?違うのかな。」
 『・・・・・・・・・・・・・・』
 『・・・・・・・・・・』
 ユリは痒みと必死に戦っています。真一を裏切る言葉を言わせたい支店長の意図も十分に感じていたのです。
 「どうやらユリは言いたくないらしいな?」
 『・・・・・・・・』
 支店長はユリから指を抜くと、また一気にシップ剤を押し込みました。
『ヒッィィィ。いやぁ~~~~~ぁ。』
悲鳴を上げるユリに支店長は追い打ちを掛けました。
 「もう言わなくて良いぞ。・・・ユリのオマ○コが使い物にならない程、爛れても俺には関係ないからな。」
 支店長はユリをそのままに部屋を出て行く素振りを見せます。
『嫌、行かないで。』
 『・・・ごめんなさい。言います、言いますから。』
 支店長はユリの哀願を無視し出て行きました。
 1人取り残されたユリは、耐え難い痒に悶え苦しみます。
 このまま痒みに気が狂うと思い始めた頃になって、支店長が入って来ました。
 
 『ご主人様・・・ユリに・・・ユリに・・・ご主人様のオチン○ンを下さい。一杯掻き回して下さい。』
 恥ずかしい言葉をとうとう吐いてしまいました。
 「どこを掻き回して欲しいのかね?」
 何度でも、恥ずかしい言葉を言わせたがる支店長に、ジリジリした思いが募って来ます。
 嫌いな支店長とまるで睦事を掛けている気分にもなって来ました。
 『あぁ・・・ご主人様・・・・ユリに・・・ユリの・・・・お、・・オマ○コを掻き回して・・・・下さい。』
 夫にさえ、言った事の無い女性器の名称。
 躊躇いを捨てて語ってしまいました。
 一度口にすると躊躇いの気持ちは薄れ、己の欲求を叶える事に神経が行ってしまいます。
 『オマ○コ・・・オマ○コして。滅茶苦茶にして下さい。ユリのオマ○コを好きになさって。』


PageTop

プロフィール

HIRO(S)

Author:HIRO(S)
HN:HIRO(S)
年齢:秘密
性別:秘密
地域:関東地方
動機:gooで削除されたので。
一応フィクションとしてますが、ナイショ
写真は・・・・いけないんだぁ

カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ブログランキング

投票してね。

FC2Blog Ranking

セレクト・ショップ

あみ・あみ

グッズ
ソフマップ

ラブ・アゲイン
私設私書箱センター
2Candys
最近のコメント

月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター