スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【明日晴れるかな?】(30)

 常務の精液がユリの太股に垂れて来ています。
 あれから2度常務はユリの中に精液を注ぎ込みました。
 常務はユリに元気な子を産む事を約束させました。
そして夫を裏切る言葉を何度も言わせます。

 『・・・・あなた。・・・ごめんなさい。・・・ユリは、・・・あなたが知っているユリでは有りません。・・・』

 『・・ユリは、ユリは・・・ずっと真ちゃんを裏切っていました。』

 『愛する夫がいるのに、他の男に抱かれたいと思う女です。・・・一杯抱かれました。』

 『ユリは、お仕事をしていても、お家で家事をしていても、お風呂に入っても、真ちゃんにお弁当を作っていても、考えるのはご主人様のチ○ポ・・・・真ちゃんより大きくて、硬いご主人様のチ○ポだけです。・・・ごめんなさい。』

 常務はビデオに撮影しています。ユリはそれを承知で話しています。

 『・・・真ちゃんにお食事を作った指で、ご主人様のチ○ポを扱くんです。・・・ご主人様の精液を飲んだお口で・・・真ちゃんにキスするの。』

 『真ちゃんとセックスする度に、ご主人様の硬いチ○ポに焦れて啼くの。・・・ううん、真ちゃんに逝かされた訳じゃないの。ご主人様のチ○ポに啼かされているの。』
 ユリの瞳には霞が掛かっています。
 正気を保っているようには見えませんでした。

 【その言葉を家に帰って、旦那に話す事が出来るか?】

 『え?』

 『どう言う・・・事ですか?』
 ユリは一気に醒めました。
 常務のひと言が、槍のように胸を突き刺します。

 【俺の子供を産むのだろう? なら、きちんと旦那に話しておくべきだな。】

 『そんな・・そんな事出来ません。・・・そんな、酷い事。・・・・』

 今ではユリの顔色は真っ青です。先程までの熱い汗とは違う、冷汗が背中を流れて行きました。

 【これからも俺に抱かれたくないのか?俺に嬲って欲しいのなら、旦那にきちんと話せ。それから、俺の子を産む事もだ。自分の意思で産む事を決めたのなら、旦那の了解を取れ。・・・その時は一緒に立ち会ってやる。】

 『無茶です。・・・なんで、そんな危険な事を・・・アノ人に黙っていれば・・・判らないのに・・』

 ユリは自分で不実な事を言っている自覚は有ります。
 しかし、真一を失う事は、やはり嫌なのです。常務も真一もどちらも失いたくない。自分に都合のいい事しか考えていません。

 【ユリはふしだらな主婦だな。そんな女には、お仕置きが必要だ。・・・さぁ、支度をしなさい、ユリの家に行くぞ。】

 『嫌です。許して下さい。』
 【旦那に、妊娠した事を報告しないとな。真由美、お前も一緒に来い。】

 常務は有無を言わせずに、2人に命令しました。
 真由美は、一応躊躇って見せたものの、面白そうな顔で、役員室を片付け始めます。
 汗に濡れた拘束具、啼かされた大人の玩具などが綺麗に整頓されて仕舞われて行く様を、ユリは茫然と見送っていました。
 思考が追いつかないのです。

 【さあ、降りろ。真由美はチャイムを押して旦那を呼び出せ。良いか、三人とも室内に入れるように説明して置けよ。】


 「・・・と言う訳なんですよご主人。」
 居間のソファーで四人が向き合って話をしています。
 常務と真由美、真一とユリ。
 ユリの顔は帰宅してからも、真っ青のままです。俯き加減で夫の事も真由美達の方も見ようとしません。
 膝に置かれた手が堅く結ばれているだけです。
 
 【済みませんでした。常務に送って頂いて恐縮です。】
 夫の言葉にユリの身体が少し震えます。

 「いえいえ、構わないですよ、大事な身体ですからね。」
 常務も如才なく答えます。
 ユリは、何時夫に本当の事をばらされるのかと、気が気では有りません。

 「奥さんを大切になさって下さいね。彼女一人の身体じゃないのですから。」
 ひと言ひと言が、意味深に聞こえてしまうユリです。

 【・・・何も用意しておりませんが、どうかお祝いですから、お二人ともごゆっくりなさってください。】
 真一の言葉にうろたえてユリは声を掛けます。
 『あなた・・常務はお忙しい方よ。お引き留めしては・・・。』
 ユリは出来るだけ、暴露話を避けたい、なるべく先に引き延ばしたいのです。

 「あら、嬉しい。わたし、ユリ先輩のお手伝いをしますぅ。」
 ユリは真一に隠れた所で真由美の方を睨みます。が、真由美は素知らぬ顔で言います。
 「先輩、男の子ですかぁ?女の子?」
 【あっ、それ俺も聞きたいな。】
 真一も話に加わります。
 真一の屈託の無い声を聞くと、ユリは益々辛そうな顔で俯きます。
 夫に促され酒のツマミになりそうな簡単な料理を作りにキッチンに行って、ユリは正直ホッとしました。

 ボロニア・ソーセージとチーズの詰め合わせ、オニオン・スライスに中華ドレッシングを掛けたサラダ。
 真一用に買って有った鰹のタタキと、急遽冷凍マグロの柵を切り分けた刺身。
 アイスペールにロック氷。と、有り合わせで用意したユリが居間にそれらを運んで行きます。
 用意されていたアイリッシュ・ウイスキーの琥珀色の液体がグラスに注がれ酒宴が始まります。
 真一は余程嬉しいのか。何時もより早いペースでグラスを傾けていました。
 真由美が真一に注ぐ回数が増えています。
 ユリは夫の身体を心配して、酒を注がないので、真由美が代わっているのです。

 『真由美、余り飲ませないで。』
 ユリがそう注意した時に、トイレから常務が戻って来ました。
 常務は自分の席に戻らずユリの傍に腰掛けます。
 
 『ダメ。ダメです、しないで。』
 小さな声でユリが拒否しますが、常務はユリの腰に手を廻し、自分の方へ抱き寄せようとしました。

 『ヤメテ下さい。』
 ユリはどうしても小さな声になってしまいます。

 『あっ、うっ。』
 常務の左手がユリの片手を押さえて、自分の手をユリのブラウスの胸元に差し入れ、膨らみを覆いました。
 その手はゆっくりと、しかし大胆に乳房を揉みしだきます。

 『あっ、いや、ダメ。見つかる。』
 夫の様子を恐る恐る窺うユリの目には、真由美の膝でだらしなく眠る真一の姿が映るだけでした。
 
 【さぁ、脱げ。】
 夫の目の前で恥ずかしい姿になるように常務の命令が飛びます。


【明日晴れるかな?】(29)

 『あぁ、あ、あぁつ、ううん。あっあ。』

 常務の腰遣いは、ズンズンと、一定のリズムで刻まれています。
 決して速まる事をしないで行われる抽送は、マラソン選手のように決まったペースで確実に送りこまれます。

 『ひぁあ、あうん、あぁ。』

 ユリの腰から痺れにも似た感覚が、ゆっくりと全身に浸透し始めています。
 膣壁を拡げ切る圧倒的な膨張感、女肉から内臓を掻きだそうとするカリの張り。
 真一では絶対に得られない感覚に、ユリは脳髄を支配されてしまいます。
 女体を守ろうとして、真一との営みの時の倍以上の潤滑油・・愛液が噴き出しています。
 常務が抜き差しする度に、ヌプ、ヌプ。ジュプジュプ。音を立てています。
 グチュグチュ。ブチュ。押し込まれる時に空気が入るのか恥ずかしい音も混じります。

 『あぁぁ、恥ずかしい。・・あぅあぁ。』

 蕩け切った女肉がぴっちり肉棒に絡みます。
 絡みついた女肉は、常務のモノを決して離さない。無意識に強く締めつけていました。

 【うぅむ。】  

 さすがの常務も、締め付けのキツさに、つい呻き声を上げました。
 ユリはその声を聞いて、更に2度3度と締めあげてみます。

 【おぉぅ、いい。・・・ユリのオマ○コが・・】

 ユリは、嬉しげに顔を綻ばせました。
 常務に責められて、少し歪んだ顔が少し穏やかな顔に戻ります。

 【おぉう。・・そこを持って。】

 大型冷蔵庫の箱を同僚と一緒に持ち上げた真一は、配送用トラックに載せると直ぐに倉庫に戻りました。
 朝から、何十台目でしょうか、細い身体に鞭打ち運んでいます。
 もう直ぐ仕事が片付く見通しです。
 (久々に早く帰宅して、ビールを片手にユリと話がしたいなぁ。今日はユリねえも早く帰って来ると良いな。)
 ユリの笑顔が目に浮かびます。一緒に酌み交わす酒の美味しさを想い真一の顔から笑みが零れます。

 「なにニヤケているんだ、真一。ほら、さっさと運べよ。」
 同僚の叱責も耳には届きません。
 

 『あぁ・・常務・・・ご主人様・・・・もっと・・・激しく・・』

 ユリは蕩け切った女肉に激しい抽送を求めました。
 一定のリズムで祕肉を抉られる気持ちの良さも、長い時間続くと焦れて来ます。
 止めを刺して欲しいのです。
 思い切りヨガリ声を上げて絶頂を迎えたくて、身を焦がしています。

 『おねがい・・です。逝かせて・・・おねがい。』

 常務が腰の位置を少しずらしました。
 それだけでユリの感じる部分が変わりました。

 『あっ、ううん。はぁぁ。』

 それまでユリの子宮を押し退けて最奥部分まで達していた常務のチ○ポが、角度が変わったせいで、真正面から子宮口を押し込んだのです。
 内臓を押し上げられたユリは、苦しそうに呻き声を上げます。
 子宮口をトントン、トントンとノックされ硬い肉も少し綻びかけています。

 『あぁ、いや、赤ちゃんが・・・ダメッ・・赤ちゃん・・。』

 グリグリと亀頭が回転して、子宮口を拡げようとしています。

 『あぁ~。』

 一際甲高いユリに悲鳴です。
 常務の亀頭が在ろう事かユリの子宮に嵌り込みました。
 普通では考えられません。
 医療器具なら子宮口を開く事が出来ますが、男が女の子宮を比較的簡単に亀頭で開ける筈が有りません。
 しかしこの時は偶然が作用しました。

 『あっひぃ・・あっあっ、そんな・・そんな。・・・嘘。』
 
 強烈な締め付けに常務も堪え切れませんでした。

【おぉお、出る。でる。ユリ、受け止めろ。】

 大量の精液がユリの子宮に直接注ぎこまれました。
 ユリはその瞬間身体をガクガク震わせて失神しました。
 暫くして常務が深い溜息と共にチ○ポを引き抜きます。
 開いた子宮口から羊水が漏れ出しチ○ポを汚しました。

 【ふぅ~。】

 顔に冷たく清々しい水を叩きつけ、真一は一息入れました。
 帰りの支度を整え、店を後にします。
 夜11時を過ぎています。家まで車で移動です。
 ナビゲーションシステムをオーディオモードに切り替え音楽を流します。
 店で購入して置いたCDです。
 静かな音楽が車内に流れ出しました。
 助手席にタイトルの一部分が見えています。

【・・・・・胎教】


残念な結果です。

 ご愛読者の皆様、お久しぶりです。

 昨年の今頃でしょうか、突然の視力低下で休載のお知らせを発した事を思い出します。
 それから約1年、視力は幸いにも戻ってまいりましたが、なんせ不治の病に掛かっている身。
 あちらこちらにガタがきております(^_^;)  

 高血圧状態が続く ←  腎臓の劣化を招く ← 人工透析 の恐怖に怯える毎日です。
 筋肉の疲労を示す値が1200以上とか、血液検査で出てしまいました。
 運動もままならず、夜の執筆も控えている体たらく。(^_^;)  
 
 この連休中には、更新をしたいと思いますので、どうかお待ち下さるようお願い申し上げます。
 この間終わったドラマでは無いですが、『ヴァンパイア』にでもなって永遠の命を永らえたいものです。

 だって、夜毎美しい女性を自分のモノに出来るんですからね(^_-)-☆ 
 血を吸われる時に、吸われた女性はかって無い快感を享受するのだそうです。

 吸われた者の虜になる。

 ね~~~、女性読者の皆さん。  吸わせて頂けませんか?
 若い女性のエキス・・・・もとい(^_^;) 生き血でしたね。

 「病人が何をほざく!!」 と言わずにおねげえしますだ、お代官様ぁ~~

 HIRO(S)の『永遠のナイチンゲール??』になって下さい。。 m(__)m  

 そう、そこのあなたですよ。(●^o^●)  あなたしかいません。
 さぁ、その細く白い頸を差し出して下さい。その下に生付く胸も(^_-)-☆ 
 
 まってま~~~す。

 これだけおちゃらけるとイメージが ↓ (^_^;)  ・・・案外マジですよぉ。。 



【明日晴れるかな?】(28)

 真由美は更にユリに意地悪な言葉を投げかけました。

 「あら、意地悪な事を言われているのに、アソコがグッショリ濡れているわ。ユリ先輩は苛められて嬉しいの?」

 真由美が言う通りです。
ユリの股間は糊を塗したようにベタベタに濡れ陰毛がペタリと肌に張り付いています。
中心にはオマ○コが祕肉を開いて中を覗かせていました。

 『あぁん。恥ずかしい。言わないで。』

 息づく度に祕肉の間から、恥ずかしい汁を絞り出し太股まで汚しています。
 真由美の指がユリの祕肉を左右に大きく拡げました。
 常務は腰を突き出し、ユリのオマ○コに宛がいます。
 亀頭が膣口に嵌り祕口を押し拡げます。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                
 ググッ。
 拡がる音がユリの耳に聞こえた様な気がします。
 何度も受け入れた常務のオチン○ン。何度受け入れてもその太さに慣れません。
 初めはいつも引き裂かれる様な痛みが襲います。
 しかし、その痛みはスグに薄れ、快感に変わります。

 『あっひぃ。あぁ、イイ。あぁ、欲しかったのぉ。』
 ユリは慎みを忘れて嬌声を上げてしまいます。
 真由美はそんなユリに、常に無い憎しみの心を持ってしまいます。
 拡げた祕肉を力強く引っ張りました。

 『あぅう、痛い。』
 『あぁん・・・痛い。』

 ユリの声は1度目と2度目ではニュアンスが違っています。それが益々真由美の苛立ちを大きくしました。
 不意に真由美がその場を離れました、そして2,3分後に戻ってきました。
 常務は真由美の態度をニヤニヤしながら見ています。その間にもユリのオマ○コに突きたてたチ○ポの出し入れを続けます。
 腰を大きく振り、振幅の度合いを強めます。
 突かれる度にユリの嬌声は大きくなります。

 『ひぃ・・あぁ・・・うぅん・・あぁ。』

 膣の中を通り過ぎるチ○ポが引かれると、張りだしたカリに祕肉を掻き毟られる様な感覚をユリに与えます。
 ユリの嬌声は突かれても引かれても、留まる事無く上がります。
 この感覚は夫の真一とのセックスには有りません。
 真一は、若いだけあって常務の何倍もの腰の動きをします。前後に振られる腰のスピードは真一の圧勝です。
 でも、真一には無い感覚を常務はユリに与えます。
 ゆっくりとした動きにつれて、祕肉を刺激する場所が移動するのです。
 ピッチリとユリの膣を拡げるチ○ポは、真一のそれより胴が太く、亀頭はもっと大きく張り出しているのです。
 もし、外側からユリの膣洞を見る事が出来たとしたら、表面がボコボコと盛り上がった肉が移動しているのが見える事でしょう。
 世間の女性は、男の持ち物の大小について、気持ちの良さはモノの大小では無く、愛する男だから感じると言っています。

 ユリもそう思っていました。
 間違っていたのです。
 ユリには常務を愛する気持ちは有りません。愛しているのは夫の真一だけです、むしろ常務を恨んでいます。
 罠に落ちたユリはずっと罪悪感と後悔に苛まれていました。
 それなのにユリの身体は気持ちを裏切るのです。
 真一に抱かれると、無性に常務の身体が恋しくなるのです。
 常務に孕ませられたい。そう思ってしまうのです。
 憎い男に嬲られて嫌々感じてしまうユリ。
 憎い男の子種で妊娠してしまい、醜い姿を晒してしまうユリ。
 自分のそんな姿を想像して、秘かに濡らしてしまうのです。夫の愛撫では無く、自分の想像力によってです。
 ここ暫く呼び出しも無く、ただ仕事上の付き合いだけだった常務が、真由美を狙っていた事を知った時に、ユリの心は崩れてしまいました。
 ユリの身体が悲鳴を上げたのです。抑えていた何かが堕ちました。
 常務が入って来た瞬間、ユリの心にある種の変化が起こりました。
 ユリは快楽を求めていると思い込んでいた自分を知ったのです。
 その認識は夫を捨て去っても構わない、とユリに刻みつけられたのです。

 『はぁん、ご主人様ぁ。』
 戻って来た真由美が手を振り上げて、ユリ目がけて打ち下ろします。

 ビシィ。

 『きゃぁぁぁ。』
 ユリの背中に1本の紅い帯が、浮き上がりました。
 真由美の手を見ると、透明で長さ30cm位のモノが握られていました。
 事務用のプラスティクの定規です。
 常務が腰を打ち付け、ユリの膣を突上げる度に、定規は打ち下ろされました。

 『ヒィイ・・・あぁ・・ううん・・あぁ。』
 ユリは背中の痛みと膣の快感に、訳も判らず叫びます。

 『イイッ・・あぁ・・ヒィ・・おかしくなるぅ。・・・。』
 『ごしゅじんさまぁ。・・・あぁあぁ・・・。』

 常務が身を屈め、ユリの背中に身を貼り付けます。
 腰の動きは止めずに、ユリの耳元で何か呟いています。

 『そんな・・・ダメです。・・・あぁ・・・言えません。・・ゆるして。』

 ビシィ・・・バシィ・・・ヒュン・・ビシィぃ・・
 常務と息の有った、真由美の責めです。

 『ヒィィ・・言います。・・・言いますから。』
 『ご、ご主人様の・・・お子を・・み・・身籠りました。・・・今日、診断して頂きました。』

 真由美が降り下ろそうとした手を、慌てて止めます。
 常務はやはり。と言う顔で頷いています。

 ユリは自分では気付かないまま、憂いを含んだ顔で執務室に入って来たのです。常務は見逃しませんでした。
 ユリは、常務に知られて、この関係が終わった物と思いました。
 他人の妻を孕ませて、そのまま関係を続けられると思うことは、考えられませんでした。
 常務に堕胎を強要されるか、捨てられると思い込んでいます。
 ユリの両目から涙が溢れています。

 【おめでとう、ユリ。・・・元気な子を産んでくれ。私の子を生んでくれるね。】
 意外な常務の言葉です。

 ユリの顔がパッと明るくなりました。
 ユリの頭の中は、真一の事を完全に忘れています。
 この部屋を後にする頃には思い出して、罪悪感に苛まれる筈でしたが、今のユリにはそこまで思い至らなかったのです。

 『産んでイイの?・・産んでも良いのね?・・・ご主人様・・嬉しい。』



 【ユリねえ。・・・元気な子を・・・頼む。やっと授かった子供・・・。】
 店の倉庫の隅で、ユリの手作り弁当を食べながら真一が呟いています。一口一口噛みしめるように 顎を動かしています。
 最後の一粒の米を口に放り込むと、2人の家の方を眺めて言いました。

 【ユリ・・・愛しているよ。】

 呟きは、荷物の一杯詰まった倉庫に、虚しく響きました。


お詫び或いは言い訳 (^_^;)

 読者の皆様、作者のHIRO(S)です。
 いつもご愛読ありがとうございます。そして、申し訳御座いません。 m(__)m

 公?私?ともに、忙しく更新が遅れてしまいました。
 政権も変わった今日この頃、執筆に割く時間が中々取れません。
 と言っても、私は官僚じゃありませんので直接関わりが有る訳じゃないのですが(^_^;)
 何事にも波及効果っと言うモノが存在しますので、煽りを受けた。と言う事でゴザイマス。

 落ち着くまで今しばらくお待ちくださるよう、お願い申しあげます。
 
 その間に、可能な限りエロに磨きを掛ける所存です♪♪♫
 もし、女性読者の皆様の間で、 

 『しゃ~ないなぁ。。一肌脱ぐかぁ!!』

 と仰って頂ける方がおられましたら、作者に甘美な一夜をお与えください。(^_-)-☆
 私も精一杯(-_-)/~~~ピシー!ピシー!
 と、責めて差し上げますので。。

 あっ、何の話でしたっけ?
 
 そうそう、小説の続きでしたね。(^_^;)  

 頑張って書きますので、見捨てないでぇ~~~ 



PageTop

プロフィール

HIRO(S)

Author:HIRO(S)
HN:HIRO(S)
年齢:秘密
性別:秘密
地域:関東地方
動機:gooで削除されたので。
一応フィクションとしてますが、ナイショ
写真は・・・・いけないんだぁ

カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ブログランキング

投票してね。

FC2Blog Ranking

セレクト・ショップ

あみ・あみ

グッズ
ソフマップ

ラブ・アゲイン
私設私書箱センター
2Candys
最近のコメント

月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。