回想録 ~二人の玲子~ 21

『先生、私・・・離婚します。もう、あんな所見てしまったら・・・何より、相手が隣の綾子さんだなんて・・・・』
 情けなかった、あまりにも惨めで笑うしかなかった。
 笑いながら涙が毀れ頬を濡らす。
 でも・・・段々悔しさが募る。
 『先生・・・このままじゃ、私悔しい。・・主人に復讐できないかしら・・綾子にも償いをさせたい。』
 「常識的に考えて、慰謝料の請求だな。不倫の代償という事だね。」
 『お金なんて・・・要らない。もっと違う何か・・』
 「違う何か?どういう事かな。私には何も思いつかないが。」
 『・・・主人は私を不感症みたいに綾子に話していたわ。・・・主人に嫌われたくなくて、感じている所を見せたくないとずっと我慢していたら・・・この仕打ちなの。』
 (玲子は何が言いたいのだろう。それが悔しければ今からでも遅くない、営みを復活させ愛を再確認すれば良いのに・・・復讐よりも修復だろう。)
 『こうなったら、誰かに抱かれ感じている所を見せ付けてやるわ。綾子にはまだ思いつかないけど、別の方法で・・・』
 何とも物騒な言葉だ。 結局玲子も不倫したいのか?
 (勝手にやってくれ、夫婦喧嘩は犬も食わないって言うからな。)
 呆れ顔で玲子を見ていると、不意に怪訝な顔を私に向けた。
 『先生・・・私・・・今変なことを言ってませんでした?なんか、頭がボーっとして何かをしゃべっていたような気はするのですが・・・』
 突然変なことを話し始めた。
 (なんだ?自分で喋った内容を忘れたのかな?一種の健忘症?)
 『・・・先生・・・』
 「きっとショックで混乱しているんだ。きょうはもう休みなさい。今後のことは明日にしたら。相談には乗るから」
 と無理やり寝かしつけた。


セブン♪  セブン♪ セブン♪  セブン♪PageTop7年目の誘惑(29)

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://xhiro2007.blog21.fc2.com/tb.php/111-4c89b4af

プロフィール

HIRO(S)

Author:HIRO(S)
HN:HIRO(S)
年齢:秘密
性別:秘密
地域:関東地方
動機:gooで削除されたので。
一応フィクションとしてますが、ナイショ
写真は・・・・いけないんだぁ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログランキング

投票してね。

FC2Blog Ranking

セレクト・ショップ

あみ・あみ

グッズ
ソフマップ

ラブ・アゲイン
私設私書箱センター
2Candys
最近のコメント

月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター