回想録 ~二人の玲子~ 23

 『あぁん・・いい・・感じる・・・もっと舐めてぇ・・』
 『あっ・・ソコ・・・』
 「ぅいいぞ・・もっと奥までしゃぶってくれ・・」
 狭い浴室の中でお互いの性器を舐め合っていた。
 綾子のオマ○コはしとどに濡れ太股のほうまで蜜を漏らしている。田中はベットリ張り付いた陰毛を掻き分け淫裂を剥き出しにする。
 膣前庭に下を差し伸べ、膣口から舐めあげる。
 『あぁ・・いいわ・・・あなた・・気持ちいいっ・・』
 「綾子もパックリ銜えてイヤらしいなぁ・・おぅ・・裏筋から玉袋も舐めてくれよ。」
 『ふぅ~ん、美味しいわぁ・・・』
 「そうか・・もう俺のチ○ポ無しじゃ居られないか?」
 『・・あぁぁ・・・そうよ・・あなたのチ○ポじゃなければ・・・』
 「おし・・・そろそろ嵌めてやる・・・寝室へ行こうぜ。」
 『・・待って・・寝室は・・・』
 「さすがに、夫婦の寝室じゃ抱かれたくないのか?旦那を思い出すからか?」
 『一応ね、主人との思い出が有るもの・・・ソファーでいいでしょう。』
 「イヤだね、益々寝室でやりたくなった。旦那の匂いがするベッドで綾子を犯したい。」
 「綾子を俺の物にするんだ。その為には夫婦にとって神聖なベッドルームで、とことん犯し抜くのが一番だ。・・・もう旦那を思い出せなくしてやる。俺のチ○ポの虜にな。」
 『あぁあ、あなたって悪い人。』
 
 『ヒィ・・あたる・・・子宮が壊れちゃうぅ・・・』
 「どうだ、旦那と比べてどっちが良い?」
 『あぁあ・・・言えない・・・そんな事言えないっ。』
 「言わないなら、止めるぞ!」
 『イヤァ・・・止めないで・・・いうわ、言います。あなたよ!あなたの方がいいの。』
 「俺の何が良いんだ?言って見ろ。」
 『チ○ポよ!チ○ポ。・・・主人より太くて大きくて硬いの、もうコレ無しじゃ生きていけないの・・綾子・・田中さんのチ○ポの虜なの。』
 『綾子のオマ○コは田中さんのものよぉ・・もう主人にはさせないわ・・・あんな粗チンいらないの・・・あぁ・・ねえ・・田中さんの子種を頂戴。あなたの精液が欲しいの。あなたのザーメンをオマ○コとアナルとお口に下さい。綾子の穴は田中さんの物だから、中だししてぇ・・妊娠したら、生むからぁ・・・主人を騙して生みます。』
 途中から綾子は田中に言わされているのか自分の本心なのか判らなくなった。


回想録 ~二人の玲子~ 24PageTop7年目の誘惑(31)

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://xhiro2007.blog21.fc2.com/tb.php/113-27b32019

プロフィール

HIRO(S)

Author:HIRO(S)
HN:HIRO(S)
年齢:秘密
性別:秘密
地域:関東地方
動機:gooで削除されたので。
一応フィクションとしてますが、ナイショ
写真は・・・・いけないんだぁ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログランキング

投票してね。

FC2Blog Ranking

セレクト・ショップ

あみ・あみ

グッズ
ソフマップ

ラブ・アゲイン
私設私書箱センター
2Candys
最近のコメント

月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター