回想録 ~二人の玲子~ 34

 蝋を垂らす度に膣の締め付けがキツクなる。あまりの快感に堪えきれない。
 「おぉおお玲子・・・でるっ・・・出すぞ!」
 大量のザーメンを妻の膣の最深部・・・子宮口に浴びせ掛けた。
 『あぁぁぁぁあ・・あなた・・・いく・・イク・・逝きます。・・イクゥ!』
 子宮口に熱い迸りを受けた妻は四肢を吊るされたままアクメを迎えた。
 
そう・・・妻の名は玲子・・・
縄を解き床に妻のカラダを降ろす。
 ハァハァ・・・ハァハァ・・荒い息を吐き、床に臥せる玲子。
 背中が上下し、腰が蠢く。
 妻の股間から白濁液が滴り太股を床を、汚していく。
 妻の髪の毛を掴み顔を上向かせた。
 上目遣いの妻が何も言わなくても妻の愛液と精液で汚れた男根を口に銜え、舐めしゃぶる。
 亀頭のくびれの部分を舌先で清め、茎胴を口唇で締め付けながら舌を絡め綺麗にしていく。
 左手で男根を持ち上げ裏筋から玉袋も丁寧に舐め清めた。
 口の中に入った陰毛を取り払うと思いっきり喉奥まで男根を飲み込む。
 私はカラダを起こし立ち上がると、銜えた男根を離さないように妻もカラダを起こす。
 一歩後ろに下がる。
 妻のカラダが四つん這いになる。
 更に1歩、2歩下がり始めると、それにあわせ妻もハイハイをする。
 男根に繋がれた牝犬のような格好で部屋の中を歩き回る。
 床に垂れた涎で妻のひざが汚れた。
 そのままベッドの所まで下がり、腰を降ろす。
 股間に蹲った妻は頭を前後に振り始め、フェラチオをする。
 上気した顔に汗が浮かび一心にしゃぶる。
 回復してきた男根が妻の口一杯に膨れた。
 「もういい、横になれ。」
 新たな指示をだすと、妻はベッドに乗り仰向けになると、脚を大きく拡げ太股に手を掛け、拡げたまま固定した。
 「あなた・・・入れてください。」


別サイトで掲示板を開設しました。PageTop回想録 ~二人の玲子~ 33

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://xhiro2007.blog21.fc2.com/tb.php/137-02cca3d5

プロフィール

HIRO(S)

Author:HIRO(S)
HN:HIRO(S)
年齢:秘密
性別:秘密
地域:関東地方
動機:gooで削除されたので。
一応フィクションとしてますが、ナイショ
写真は・・・・いけないんだぁ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログランキング

投票してね。

FC2Blog Ranking

セレクト・ショップ

あみ・あみ

グッズ
ソフマップ

ラブ・アゲイン
私設私書箱センター
2Candys
最近のコメント

月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター