回想録 ~二人の玲子~ 37

 【・・・綾子・・・お前にも判るよな。・・この先生が・・辛い過去を話してくれた訳を。先生はお前を許してやれと仰ってくれたんだ。・・・責めても元へ戻らないものはどうしようもない。責めれば責めるほど追い詰めてしまう。綾子も同じ様にならないように、赦してやれと・・・】
 『あなた・・・ごめんなさい。・・・本当に・・ごめんなさい。・・・肉欲に負けて・・不貞を重ねた私を赦して下さい。・・・一生掛かってもあなたに償わせて下さい。ごめんなさい・・あなた。』
 綾子は目を真っ赤に腫らし、杉本に縋り付く。
 杉本は振り払うでもなく、抱きしめるでもなく、ただ抱き付かれるままになったいた。
 【・・・綾子・・・俺も赦してやりたいと思った、だけど一つだけ気になる事がある。それに答えてくれ、その答えで納得が出来るかどうかが決まりそうな気がする。】
 杉本がじっと綾子の目を見て言います。
 『・・・はい・・なんでも答えます。あなたに隠し事ばかりの私でしたが、今は何でも答えます。』
 【そうか・・・・綾子・・お前・・・田中の事を愛しているのか?・・俺をもう愛していないのか?怒らないから正直に答えてくれ。愛していないのなら、離婚したいのならそれでもしょうがないと思っている。】
 この答えによって、杉本は今後の自分の取る態度を決めようと思っています。
 それでも内心、ビクビクしながら聞いてるのだと、傍からも窺えます。
 『・・・田中さんを愛しています。』
 杉本は目の前が真っ暗になりました。昨夜、怒りに任せ妻を責めたのも自分に気持ちが残っているだろうと、何とか繋ぎ止めたくて、また嫉妬に駆られ責めたのに、それが無駄だったと思い知らされたのです。
 『愛していると思い込んでいました。・・・あなたへの罪悪感・・に押し潰されそうになった時、甘い言葉で巧みに再婚を示唆され、もう、私には後戻りの出来ない道しかないと思い込んでしまいました。あなたに告白すればきっと捨てられると思いました。・・・こんな汚れたカラダであなたに愛していると告げても、あなたにはかえって迷惑だと思ってしまいました。・・・罪深い事をした、なんて淫らな身体になってしまったと、思うたびに、逆に快感が増してしまうのです。背徳の快感が私をおかしくするのです。』
 『もう止めよう、これっきりにしようと、足掻いても結局身体の疼きに負けてしまう自分に嫌気がさして、こんな私はあなたに相応しくない、あなたに縋るには汚れきっている。あなたに愛される、あなたを愛する資格がないと諦めて、田中さんの言うとおりになるしかないと、思い定めていました。』
 『・・・あなたには黙っていようと思いましたが、あなたに何もかもお話します。』
 『あなたにばれる前に研修で伊豆に行った時です。・・・・二人で露天風呂に入り、そこで・・・・あなたを貶める、罵倒するような事を言ってしまいました。興奮し、快楽に負け、とんでもない事を口走ってしまいました。・・あなたが聞けば・・・決定的に嫌われることをです。』


回想録 ~二人の玲子~ 38PageTop回想録 ~二人の玲子~ 36

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://xhiro2007.blog21.fc2.com/tb.php/144-269f1820

プロフィール

HIRO(S)

Author:HIRO(S)
HN:HIRO(S)
年齢:秘密
性別:秘密
地域:関東地方
動機:gooで削除されたので。
一応フィクションとしてますが、ナイショ
写真は・・・・いけないんだぁ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログランキング

投票してね。

FC2Blog Ranking

セレクト・ショップ

あみ・あみ

グッズ
ソフマップ

ラブ・アゲイン
私設私書箱センター
2Candys
最近のコメント

月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター