【妻の秘密・義妹の秘密】(45)

 『んぅん・・・ハァッ・・』
 自分の指で股間を弄くり、自慰に耽る薫がいた。
 その横では、彩香が大きく脚を拡げられ、テーブルの脚に固定されている。
 手も。
 ダイニングテーブルの高さは、膝を着いた私の顔の位置に来る。
 眼に鮮やかな草叢・・その下に息づくクリトリス。パックリ割れた小陰唇・・狭間の洞窟からチロチロ愛液が噴出している。
 ふいごのように上下する腹・・・その動きに合わせ膣口が開く、ほんのちょっと。
 「印が欲しいか?」
 『あぁぁ・・はい。・・・』
 「他の男に見られないように・・してあげよう。」
 感の良い彩香、一言で理解する。
 『あぁっ・・・ご主人様・・・彩香・・・はい・・・綺麗にして下さい。あぁ』
 「薫!用意しろ。」
 妻に命令する。
 辛い命令だろう、愛する者が別の女を手に入れる手助けをしなければならない。男の独占欲の走狗として・・・
 洗面器と剃刀、シェービングクリーム・・
 用意される間、柔毛を弄んでいた。
 止め処なく愛液が毀れ、私の膝を汚す。
「クリームを塗れ。薫」
 妹の女に初めて手を伸ばすのだろうか?
 成人した女の印を奪う。
 その後の展開も判る。
 実妹を夫の奴隷に捧げる。クリームを塗りながら涙する。
 自分で巻いた種・・・愛しい妹が・・愛しい夫が・・・一つになるための儀式。
 夫はどう思っているのだろう。彩香は。
 彩香は嬉しいに決まっている。・・・・以前、姉が自慢だと言っていた。姉のような夫婦になりたいと。
 その姉に代わって・・・罪悪感と、ほんのちょっとの優越感。
 背中がゾクゾクする、喉がチリチリ焼ける。子宮が疼き、脳が沸騰する。
 いやだ・・いやだ・・・いやだ・・・
 ゆるして・・・赦して・・・許して・・・


回想録 ~二人の玲子~ 41PageTop【妻の秘密・義妹の秘密】(44)

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://xhiro2007.blog21.fc2.com/tb.php/151-15892bd7

プロフィール

HIRO(S)

Author:HIRO(S)
HN:HIRO(S)
年齢:秘密
性別:秘密
地域:関東地方
動機:gooで削除されたので。
一応フィクションとしてますが、ナイショ
写真は・・・・いけないんだぁ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログランキング

投票してね。

FC2Blog Ranking

セレクト・ショップ

あみ・あみ

グッズ
ソフマップ

ラブ・アゲイン
私設私書箱センター
2Candys
最近のコメント

月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター