【妻の秘密・義妹の秘密】(46)

 少しずつ、彩香が幼い少女のようになっていく。
 クリームが愛液で溶け出し、再度塗るように命令された。
 恥丘は比較的簡単に剃り落とせた。
 淫裂廻りの陰毛に手間取り、夫に叱られる。
 余計な刺激に彩香は悶え、益々剃り辛くなる。
 『彩香・・・お願い、じっとしていて。』
 『ぁん・・・お姉ちゃん・・触らないで・・感じちゃうぅぅ。』
 姉の指が陰唇を引っ張り、剃り易くしようとしている。
 『・・・・出来ました。』
 薫が作業の終了を告げる。
 確認した夫はいきなり頬を打つ。
 「尻穴の近くに剃り残しがある。きちんと剃る事もできないのか?」
 夫の軽蔑したような眼・・・いや・・・違う。
 言葉は見下した言い方だが、そっと覗き込んだ夫の目は、哀しみの色が滲んでいた。
 こんな事を妻に命じる哀しみ、なぜ?今も夫の心には何故の文字が浮かんでいるのだろう。
 なぜ?妻に裏切られた。なぜ?何もかも話さなかった?なぜ?それでも愛していると言えるのか?なぜ?妹を捧げる儀式に従うのか?
 
いっそ軽蔑した眼差しで見られた方が楽だと薫は想った。
 嫌われた方が心に負担が掛からない。
 今の境遇から逃れられるなら、夫に離婚された方がスッキリするのだろうか?
 夫と別れてどうするのか? 夫と別れ娘と二度と会えない生活・・
 (それほどの事を私はしたんだ・・・・女同士の性交・・・あの頃はそれが普通だった。それが自然な事だと感じていた。・・彩が生まれるまで・・夫に対する罪悪感も殆ど感じなかった。・・・女子高育ちの女の子には良くある擬似恋愛行為・・・そう思っていた。)
 
 (それが間違いだと気付いて、夫との愛の結晶・・・彩に心血を注いだ。それは夫に対する贖罪だと思っていた。でも、実際には夫からの逃避だった。ずっと、負い目を感じ夫と正面から向き合えない私が取った逃避。)

 (真樹さんとのことは終わった事だ。夫に知られ心の重荷が降りたはずだった。だから、夫が直ぐに赦してくれない事が不満だった。男がいた訳じゃない。身は汚されていない。擬似男根は玩具だ、オナニーの延長と思ってくれば良いのに・・そうも思った。)

 (夫は・・・カラダの事は何も言わない。それで察しなければならなかったのに、私は事象に囚われ心の問題からまた逃避していた。夫は私の心が夫に有るのではなく、真樹の方に有ると思っている。愛していると告げても、その思いは伝わらない。どうして?あなた、解ってくれないの?)
 (でも・・・彩香の女に触れたとき・・・私の心の隅に・・真樹がいた。)
 (夫は敏感に感じ取り、哀しみの目を私に向けるのだ。)
そう、いまだに真樹に心を残している私に向けた罰・・・実妹に夫を寝取られること、目の前で見せられる事、残酷な罰


よかった~^♪PageTop回想録 ~二人の玲子~ 41

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://xhiro2007.blog21.fc2.com/tb.php/153-fca20577

プロフィール

HIRO(S)

Author:HIRO(S)
HN:HIRO(S)
年齢:秘密
性別:秘密
地域:関東地方
動機:gooで削除されたので。
一応フィクションとしてますが、ナイショ
写真は・・・・いけないんだぁ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログランキング

投票してね。

FC2Blog Ranking

セレクト・ショップ

あみ・あみ

グッズ
ソフマップ

ラブ・アゲイン
私設私書箱センター
2Candys
最近のコメント

月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター