クロウエア・エクサラダ【4】

 乗せた枕から一郎さんの匂いがする。
 爽やかな匂いとタバコの匂い。
 1枚1枚脱がされる度に、あの日に還るような気がする。
 獣になったあの日・・私は自分の中に眠る女に目覚めた。
 健一とでは知り得なかった禁断の果実
 ひとくち口にして堕ちた。
 纏った服が葉っぱだと知ってしまったのは、この人のせい。
 この指が、この胸が、この脚が私を狂わせた。
 また、胸を弄られた。
 乳首が痛いほど硬くなる。ピンク色なら良いのに赤茶けた乳輪
 首筋から乳房へ舌が走る。
 唇に指が挿し入れられ舐めさせられる。
 タバコ臭い指が美味しい。
 夫はタバコを吸わない。
 匂いが染み付くかしら?ふとそう思い、クスッとしてしまう。
 それがどうしたの?・・・
 乳首がジンジンする。一郎さんが噛んでいる。痛いよりイタ気持ち良い。
 反対の乳房を荒々しく揉まれる。前のときは優しかったのに・・でも、この方が感じるかも・・・
 あぁ・・やっと・・・ショーツ越しにアソコが触られる。
 縦筋に沿って上下に摺られる。
 ちょっとの間に滑りが鈍くなってしまう。
 ショーツが濡れているからだ。
 指が少し食い込む・・淫裂が綻んで来たから。
 お腹からショーツのゴムを押し上げ一郎の手が入ってくる。
 陰毛がサワサワと触られる感覚がくすぐったい。
 『イッ・・いたい!』
 毟られた。・・ひどい・・・抜け跡がジンジンする・・・ねぇ・・もう一回しても良いよ。
 『ヒッ・・』
 本当にされた・・・
 あっ・・ショーツが降ろされていく。
 いやだ・・捲くれ上がって裏返しになってしまう。
 そ、そんな恥ずかしいこと言わないで・・
 『あぁん・・・見ないで・・汚れてるの・・・』
 一郎さんが裏返ししたショーツを見ている。
 キラキラ光っている・・ちがう・・それ・・恥ずかしい・・やだっ・・匂いまで嗅ぐの?
 あっ・・舐めた・・汚いのに・・・でも・・なんか嬉しい・・・
 あぁ・・やっと・・・やっと・・直接触ってくれた・・
 ああん・・ピチャピチャ音立てないで・・・
 ねえ・・舐めてくださいますか?・・・・うん・・私も・・・舐めたい。
 ジュル・・イヤらしい音・・立てちゃった、だって、美味しいんだもん。
 硬くて熱い・・・わたし・・これ好き・・ちがうよ・・一郎さんのだから・・
 ううん・・そんなことしない・・・健一と比べたりしない・・別だもの。
 一郎さんこそ・・早智子さんと比べたりしない?
 え~酷い・・・私の方がしょっぱいって・・やだ・・ばかぁ・・
 うっ・・指が・・そう・・そこ・・もっと・・ふうん・・・声が出ちゃう。
 『あぁあ・・イイ・・もっと・・触って・・グリグリして・・』
 はしたない声・・発情期の犬か猫?
 あん・・・一杯でちゃうよぉ・・・
 あの日初めて教えられた・・潮吹き・・あれから・・ずっとしたかった。
 健一では出なかったの・・なぜ?
 いじわる・・・不倫だから感じるなんて・・・夫じゃないからって言わないで・・
 『ねえ・・欲しいの・・・一郎さんの・・イイ?』
 お口が痺れる・・・ねえ・・気持ちイイ?・・香織は気持ちイイですか?
 一杯いっぱい・・・頂戴・・いいの・・お口に出しても・・・
 『飲みたいの・・一郎さんの・・・出して・・』
 うっ・・・苦しい・・こんなに沢山・・・苦しかったでしょう・・こんなに・・
 もう大丈夫・・・これから毎日飲んであげる・・え?ば・・かぁ
 香織の中がイイの?・・・本当?・・・香織望んでもイイの?
 嬉しい・・・でも、一郎さんに迷惑かけちゃう・・だから我慢する。
 うん、でも・・明日病院に行く。ピル貰ってくるからね。
 はい・・・もうおしゃべりは止めます。一杯愛して・・


回想録 ~二人の玲子~ 46PageTop言い訳

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://xhiro2007.blog21.fc2.com/tb.php/166-df094f7e

プロフィール

HIRO(S)

Author:HIRO(S)
HN:HIRO(S)
年齢:秘密
性別:秘密
地域:関東地方
動機:gooで削除されたので。
一応フィクションとしてますが、ナイショ
写真は・・・・いけないんだぁ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログランキング

投票してね。

FC2Blog Ranking

セレクト・ショップ

あみ・あみ

グッズ
ソフマップ

ラブ・アゲイン
私設私書箱センター
2Candys
最近のコメント

月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター