クロウエア・エクサラダ【8】

 食事が終わったところだから、言われたとおり帰ることにし、10階の部屋にもどった。
 シャワーを浴び、ビールを1缶飲んだ時、チャイムが鳴る。
 ドアを開けると香織が立っていた。
 『中に入れて。』
 廊下で立ち話をする訳にも行かないので、黙って隙間を空けた。
 無言でリビングに入っていく香織。
 玄関の靴を揃えてから部屋に入っていった。
 香織がぶつかるように抱きついてきた。
 両手で拳を作り、私の胸を何度も叩く。
 決して強くは無い、ただ無言で叩く。
 もうそろそろいいかな?と思った私は香織の両手を手に取り止めた。
 『ばか、ばか,馬鹿。・・・どうして怒らないの?・・憎まれ口きいた香織を叱らないの?私に飽きたの?嫌いになったの?』
 頭を私の胸に預けて泣いている。
 裸の胸に涙が伝う。
 『解っているのよ。こんなこと続けられないのは。でも、ダメなの。毎日きょうは止めよう、今日こそは止めよう。そう思うのに、あなたの事を想うと苦しくなるの。』
 『夫の事は愛しているわ。でも、あなたの事も愛してしまった。身体が疼くのも本当のことなの。遠くの夫より近くのあなた。抱いて欲しいのはあなたなの、健一じゃないの。
 このままじゃ、心と身体がバラバラになる。・・・ねえ、あなた・・・強く抱きしめて。抱きしめてくれるだけで良いの。』
 抱き寄せるとギュッとしがみ付く。迷子にならないように必死で縋る幼子のように。
 『ねえ、あなた私を滅茶苦茶にして。あなたを嫌いになるほど、私を堕として。』
 香織に全裸になるよう命令し玄関先に連れて行った。
 『こんな所で・・はい、脱ぎます。』
 全裸になった香織に囁いた。
 「外で5分そのままで居るんだ。」
 『な、出来ません。誰かに見られる。』
 「堕ちたいんだろう。露出狂の噂を立てられる様に協力してやるんだ、嬉しいだろう。」
 『そんな・・・唐突過ぎだわ。出来ません』
 私は香織の脱いだ服を手に取り、玄関の靴入れから、荷解き用に置いておいたカッターナイフで引き裂き始めた。
 『やめて!ひどい!』
 「ほら、これで自分の部屋に帰るのも裸で行くしかない。覚悟を決めろ。」
 無理やり、香織をドアから押し出し、鍵を閉めてしまった。
 ドアを叩く音がするが、大きな音はさせてない。
 隣に聞かれたら・・恐怖の方が大きいのだろう私にだけ聞こえるようにしていた。
 のぞき窓から見ると、香織の顔は蒼ざめ恐怖に引き攣っていた。
 廊下の外から覘かれないように中腰で、キョロキョロ辺りを見廻す。
 1分・・・2分。と、エレベーターの表示がのぞき窓から見える。上昇を示している。
 香織も気がついたのか、眼を大きく開け表示を見ている。
 5階を通り過ぎ7階で止まった。
 ホッと息を吐く香織、途中で息が止まった。
 表示は更に8階を示している。後2階分だ。


クロウエア・エクサラダ【9】PageTopクロウエア・エクサラダ【7】

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://xhiro2007.blog21.fc2.com/tb.php/172-9478d237

プロフィール

HIRO(S)

Author:HIRO(S)
HN:HIRO(S)
年齢:秘密
性別:秘密
地域:関東地方
動機:gooで削除されたので。
一応フィクションとしてますが、ナイショ
写真は・・・・いけないんだぁ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログランキング

投票してね。

FC2Blog Ranking

セレクト・ショップ

あみ・あみ

グッズ
ソフマップ

ラブ・アゲイン
私設私書箱センター
2Candys
最近のコメント

月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター