クロウエア・エクサラダ【11】

 夜とは言えベランダに全裸で居る事の不安は、香織に恐怖と同等の妖しい感覚を起こさせた。
 世間的に露出趣味の女性が居ても数は少ないものと思われがちだが、別の面から見ると、女性の殆どは「見られる。」事を常に意識している。
 例えば化粧・・例えば服装・・よほどの無頓着な女性で無い限り、外出時には濃い・薄いに係らず化粧を施し、洋服を選ぶ。
 誰に見せるつもりなのか?意識している時もあれば無意識に着替えている時もあるが、「見られている。」事を潜在意識に焼き付かせている。
 まして、何もなければ見せる必要の無い「下着」も凝る女性が多い。
 彼や夫に見せる機会が無い女性が下着に凝る。勿論可愛いからだとか、デザインが良いとか主張するのだろうが、汗を吸収するのなら『綿』の方が実用的で、また、吸収面の広い下着が実用的なのに、ハイレッグな下着を穿く。
 かほど女性は『外見』に拘り『見られる。』事を意識している。子供から大人まで。
 見られる事を意識するなら、見られる事に何らかの感覚が生じているのであり、露出趣味といわなくても、見せたがりと言えるかもしれない。
 ローライズジーンズもその範疇であろうし、女子高生の制服のスカート、キャミソールなど数え上げればキリが無いほど、肌を露出する服が着られている。
 見られる事を前提に身に着けているのに、いざ見られたときには大騒ぎを起こし、痴漢呼ばわりされるなど、男の立場を無視した・・見たくも無いのに見せられた時など・・ふざけるな!見たくて見た訳じゃない、お前が見せたんだろうが!・・と叫びたいのに我慢しているのが現実だ。
 余談はこれくらいにして。

 香織に起こった変化は私に新たなネタを提供した。
 さっき帰宅した隣人との間仕切りに香織を押し付け、尻を突き出させた格好で交わる。
 抗議の言葉も、隣に聴かれる恐れがあり小さい。
 構わずバックから挿入し、抽送を始める。
 腰をしっかり掴み、力強く叩きつける。
 香織の尻の弾力を楽しみながら打ち付ける腰の角度を変え、気を遣らせようと動く。
 大きな音を立てられない状況が、香織の心を蝕み、妖しい感覚が徐々に支配していった。
 声が漏れそうになり、右手を口に宛がう。
 覆っただけでは防げない。
 『あぁう・・ぅあああ・・』
 呻き声が静かな夜に意外なほど大きく響く。
 「ガラガラ・・」
 突然、隣の部屋からベランダに出る人の気配がした。
 取り込みを忘れた洗濯物を片付ける隣人。
 いぶかしげな顔でこちらを見ていた。
 パンパンパンと肉を打つ音が不振を招いたに違いない。


クロウエア・エクサラダ【12】PageTop【妻の秘密・義妹の秘密2】(3)

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://xhiro2007.blog21.fc2.com/tb.php/181-66ab3c7c

プロフィール

HIRO(S)

Author:HIRO(S)
HN:HIRO(S)
年齢:秘密
性別:秘密
地域:関東地方
動機:gooで削除されたので。
一応フィクションとしてますが、ナイショ
写真は・・・・いけないんだぁ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログランキング

投票してね。

FC2Blog Ranking

セレクト・ショップ

あみ・あみ

グッズ
ソフマップ

ラブ・アゲイン
私設私書箱センター
2Candys
最近のコメント

月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター