クロウエア・エクサラダ【13】

 『そ、そんな勝手な、・・・あぅん・・ああぃや、そこ・・弄くらないでぇ・・』
 香織は股間から来る快感につい負けそうになる心を叱咤しながら一郎に話す。
 『い、一郎さん。・・健一との仲を裂いてまで私が欲しいの?』
 『ああぃい・・だめ・・そこっ・・汚いっ。』
 一郎の指の腹が肛門を揉み解そうとグリグリされる。
 乳房、クリトリス、膣口、肛門と指やおちん○んを使い責められる。
 『はっあああ・・だめっ・・』
 「裂きたくは無い、健一君も知らない仲じゃない。・・・たった1回だけど中身の濃い関係になったからな。」
 話しながらも動きは止めない。
 香織のカラダが更なる快感を求めて蠢いている。腰が振られ尻を押し付けるような動きをする。
 「でもね・・香織と交わり香織を知ると、もっともっと性を探求したくなる。普通のセックスじゃ満足できない。もっとイヤらしい事をさせたい。もっと淫乱にしたい。健一君にも見せない貌を見たい。」
 散々焦らしていた。
 太股を伝い流れる愛液を掬いペニスに塗る。
 両手で香織の腰をガッシリ掴み、狙いを定める。
 2度3度、膣口を探る動きをし、亀頭の先を少し嵌め込む。
 「香織が欲しい。香織を私のモノにしたい。誰にも渡したくない。例え健一にでも。」
 一気に奥まで挿入した。
 どこまでも柔らかい感触のなかで、そこだけ少し硬い部分に当たる。
 『本気なの・・・私が欲しいの?・・ただ身体だけじゃないの。』
 『あっあ・・ぁぁ。・・・だめ・・気持ちよくて・・・何も・・考えられない。・・あうぅう』
 「身体だけなら、不倫で充分だ。。」
 ポツリと呟いて、ゆっくりとした動きで抽送する。
 『あぁあ、もっと・・動いて。・・お願い。』
 「ほら、どうだ。」
 スピードを徐々に速め、挿入をより深くした。
 『ぅああ、深いっ・・・・あたる・・当たるのぉ・・』
 『あっあっあっ・・・あああぁ・・・もっと・・強く・・激しくしてぇ・・』
 香織は箍が外れたように喘ぐ。
 もう自分が何を口走っているか判らない。
 一郎の腰の動きが大きなストロークから小刻みに変わり、腰と尻が密着し、下から突き上げられた香織の身体が上下に激しく振られる。
 乳首は指で潰され乳房にめり込んでいる。
 肉のぶつかる音がベランダに響く。
 『アァッ・・イイ・・イイ・・いいのぉ・・感じる・・感じちゃう・・あっぁ。』
 『ひぃっ・・ぁああ・・・あぅ・・きちゃう・・・くるのぉ・・きちゃう・・ぁああ』
 『ハッハッハッ・・ぁああ・・いく・・・いっちゃう・・だめ・・いっちゃう・・』
 一郎は渾身の力を込め腰を打ちつけ、亀頭で子宮を突きあげる。
 ムズムズした射精感がペニスの根元に沸き起こる。
 あと幾らも持たない。
 香織の暖かい膣中の感触と時折浴びせられるような淫液にペニスは悦び、ヒクツく。
 「香織・・・もう駄目だっ・・・もう出すぞ・・」
 『ああぁ、イって・・・いっしょよ・・・いっしょに・・』
 「いいのか、中で・・・」
 『ぅうう・・いく・・いっちゃう・・いい・・・なか・・いいよぉ・・いく』
 『ぅうああああああいく・・イクゥ・・・逝くうぅうううう。』
 「だすぞ・・だすぞ・・・・・うぉぉぉぉお・」
 一郎のペニスが膣中で膨れ上がり、一瞬の間を置いて精液が噴出した。
 子宮に精液を浴びた香織は、一度逝った身体を震わせ二度目のアクメを迎える。
 『あぁあああ・・・いくぅう・・いくうう。』
 2度3度と一郎から出た精液が膣奥を満たす。
 「ハァハァハァ・・・かおりぃ・・はぁはぁはぁ・・」
 激しい動きに息が上がり香織と繋がったままベランダに崩れ落ちてしまった。
 『ハァハァハァ』
 「ハァハァハァ」
香織も荒い息が整うまで胡坐になった私の中で座り込み、背中を私の胸に預ける。
 全裸の二人に心地良い風がベランダを通り抜ける。
 密着した肌以外が乾いていく。
 力なくうな垂れたペニスが香織の中から抜け出てくる。
 混じり合った愛液と精液がベランダの床面に小さなシミを作る。
 「中へ入ろうか。」
 香織は名残惜しそうに胸から身体を剥がし起き上がる。
 縛った縄を解きそのままベランダに放置した。
 痺れた腕を擦りながら浴室に向かわせた。
 フローリングの床に滴るのも構わず先を促す。
 ぬるめのお湯を全開にして、香織にシャワーの湯を頭からかけた。
 ボディーソープのポンプを押し手に掬う。
 香織の全身に手で拡げていく。
 浴室はマンションの売りで畳2畳分の広さがある。浴槽が1畳洗い場が1畳という贅沢な造りだった。
 その洗い場に横になるには流石に窮屈だったが、私を下に香織が泡立った身体をスポンジ代わりに擦り付けてきた。
 ソープランドで言うマット洗いの変形だ。
 私の腕を掴むと股間に挟み前後に腰を振る、泡で滑りのよくなった陰毛を上手に使い私の腕を洗っていく。
 「どこで憶えたんだ、タワシ洗い?」
 『え?タワシ洗いって?』
 「今やっている事だよ、陰毛で洗う事さ。ソープランドのお姉さんがやるプロの技だぜ。」
 『知らない!・・・健一に教わったの。』
 一通り洗い終わったのでシャワーを浴び泡を落とす。
 濡れた髪を拭きながらソファーに座る。
 香織がビールの缶を差し出している。受け取り一気に半分近く飲み干す。
 思ったよりも喉が渇いていたらしい。
 「香織・・・暫く逢うのよそう。」
 そう切り出した。
 『・・一郎さんどうしてなの?』
 「・・・言ったろう、このまま深みに嵌ると大変な事になる。君にもよく考えて欲しい。」
 『・・・・』
 香織は湯上りで桜色に染まった肌にバスタオルを巻いたままだったが、立ち上がると、
 『何か着る物を貸して・・・それに着替えたら帰ります。』
 
 それから、ひと月が瞬く間に過ぎた。
 久しぶりに香織とすれ違う。
 『明日から健一が来るの。』
 「そう・・逢わないように気を付けるよ。」


【妻の秘密・義妹の秘密2】(6)PageTop【妻の秘密・義妹の秘密2】(5)

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://xhiro2007.blog21.fc2.com/tb.php/188-17378f6c

プロフィール

HIRO(S)

Author:HIRO(S)
HN:HIRO(S)
年齢:秘密
性別:秘密
地域:関東地方
動機:gooで削除されたので。
一応フィクションとしてますが、ナイショ
写真は・・・・いけないんだぁ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログランキング

投票してね。

FC2Blog Ranking

セレクト・ショップ

あみ・あみ

グッズ
ソフマップ

ラブ・アゲイン
私設私書箱センター
2Candys
最近のコメント

月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター