【妻の秘密・義妹の秘密】(19)

 私は怒張を右手で握り、妻の秘唇を寛げるように⒉,3度擦り一気に挿入していきました。
 「ああああ、いい。もっと、くださいぃ・・・ああ、入ってくる、くるぅ」
 待ちかねたのか、凄い乱れようです。
 「おくに・・・奥に当たってるぅ・・・当たる、うう、いいのぉ」
   私は怒張を右手で握り、妻の秘唇を寛げるように⒉,3度擦り一気に挿入していきました。
 「ああああ、いい。もっと、くださいぃ・・・ああ、入ってくる、くるぅ」
 待ちかねたのか、凄い乱れようです。
 「おくに・・・奥に当たってるぅ・・・当たる、うう、いいのぉ」
 子宮口に当たっている亀頭をグリグリさせ、膣口まで引き戻します。そしてまた奥まで深く挿しいれ、膣壁全体を刺激するように抽送を繰り返します。
 数度繰り返すと、膣の中の襞がザワザワ蠢き肉棒を締め付けるように、きゅっと締まります。私も思わず、
 「う、いいぞ薫。オマ○コ締まってくる、いいマ○コだ」
と耳元で囁きました。
 「ああいやっ、言わないでぇ、恥ずかしい。」
 私は後ろでに縛っていたネクタイを外し、妻を背面座位の格好にすると、下から突き上げ始めました。
 「あう、いいの、イイっ。・・さっきと・・・ちがう・・擦れてイイっ。」
体を支えきれない妻は両手を前に突き出し、私のひざに手を掛け倒れるのを防いでいます。
 突き上げるたびに、体が上下に揺れ、背中一面にかいた汗を撒き散らしながら啜り啼いています。
 「ああ、ああいい、ううっ、はあああ・」
 言葉にならない呻き声だけが部屋中に響きます。
 私の股間に妻の尻がタプッタプッと音を立て当たり、イヤラシイ音を響かせます。その音に混じ利、。ヌチャヌチャっと濡れたマ○コの音も聞こえてきます。
 「イヤラシイ音だな。どこから聞こえてくるのかな?」
 「ヒィ、恥ずかしい。許して、言わないで!」
 顔を真っ赤に染めて妻が叫びます。
 右手で妻の乳房を揉みしだき、左手を股間に伸ばします。
 私の意図を悟った妻が言います。
 「ひい、いやぁ!触らないで。お願い!」
 「ああ、感じちゃうっ、感じます、・・・おま○こいい、気持ちいいのぉ!」
 親指でクリトリスの包皮を剥き上げ、ぷっくりと膨れ上がった、真珠色の陰核を空気に触れさせますと、わずかに慄いたように震えました。
 「ギャッ」
 妻が悲鳴を上げます。
 剥きあげたクリトリスを思いっきり捻り潰したのです。
 ジンジン痺れるクリトリスからの刺激と、おま○こに与えられる肉棒の刺激で妻は息も絶え絶えになって喘ぐばかりでした。
 「ヒイヒイ、あう、おおっ、くる、来ちゃう!きちゃうううう。」
 「アヒィ、もうだめ、ゆるして、ゆるして、いやあぁ!許して!」
 「ああ、もう。・・・もう、ダメェ!・・ああ、いくううう、いく、いくうううう・」
 背中を弓なりに反らせ痙攣した身体を私に預け、気を遣ってしまいました。
 弛緩した身体をそっとベッドに横たえ、蜜壷から肉棒を引き抜いた私は、妻の顔をまたぐようにして、ペニスを口に持っていきました。
 妻は朦朧とした意識のまま、唇に擦り付けられた亀頭を口に含み、チュパチュパ舐めはじめます。
 カリ首を舌でチロチロとしたかと思うと、胴の部分に舌を移動させ、裏筋に沿って舌を動かします。
 手のひらで亀頭を包みやんわりと包み込み刺激してきました。
 裏筋から玉袋へクナクナと舌を動かし、唇で挟んだ皮を引っ張り大きく開けた口に玉を飲みこんだりしながら涎でべとべとになるまで嘗め回す。
 「はぁ、おいしい。美味しいです。」
 トロンとした眼で見上げながら言う。
 「ください・・・・もっと、下さい。」
 私はその言葉を聴くと、妻の身体を抱きかかえ体面座位にし、そっと唇を重ねていきました。
 熱く濡れた唇を貪りながら、舌を挿し入れると直ぐに妻も舌を絡め口腔内の隅々まで舐めまくります。
 しばらく貪っていると、合わせていた乳首が硬くしこりその存在を主張します。
 私は妻の身体を左手で支えながら、右の乳房に手をおき下から押し上げるようにして絞りこみました。
 「ハアァ、イイ。乳首がジンジンします。」
 唇を離し熱い息を吐く妻。結合部からは止めどなく蜜液が流れ、太股を濡らします。
 緩やかに上下運動を繰り返し徐々に追い込んでゆきます。
 「ふうん、うんイイ。もつと、強くおねがい。うごいてぇ。」
 緩急をつけながら腰を突き上げると、動きに合わせ乳房が揺れ私の肩を打ちました。
 「ああ、イイ、もっと、もっと、いっぱい下さい。薫のおま○こ、めちゃくちゃにしてっ、擦って、挿して、壊してっ!」
 妻の貪欲な求めを聞き、更に肉棒に力が漲るような感覚を覚え抜き差しを速めて行きます。
 妻の首は振り子のように揺れ定まりません。
 胸の谷間の汗が飛び私の顔に飛び散ります。塩気のある汗を舌で拭い、より一層の結合を果たそうと、一度抜き取り正上位に体勢を整えようとすると。
 「ああいやっ、抜かないでっ、もう少しなの!ぬいちゃいやあああああ!」
 と叫びしがみ付きます。
 妻を無理やり引き剥がすと、足を肩に乗せ、妻の頭の方へ折り曲げて行き、身体を二つ折りの状態にして、上から串刺しのような格好で再度挿入しました。
 「く、苦しい。・・・でもイイの、奥にあたってるっ、ああ、ダメェ、子宮が壊れちゃう、深いのぉ、深い。」
 上から叩き付けるように抜き差しするとおま○こからヌチャヌチャといやらしい音が聞こえます。
 「聞こえたよな。・・・薫のおま○こはスケベな声で鳴くね。君は本当は淫乱じゃないのか?今まで猫を被っていたんだろ?」
 「ああ、いやっ。ちがうわ、違います。薫淫乱じゃない・・・」
 「ふ~ん。じゃ、やめようか?」
 そう言うと、首を左右に振り
 「いや、やめちゃいや。すぐなの、いかせて、おねがいよぉ。いかせて!」
 と発します。
 「逝かせてもいいが、私ももう限界だ。このまま中に出してもいいか?」
 二人目はまだ欲しくないと言っていた妻は。
 「だめぇ、中はだめなの。お願い。」
 「じゃあ、やめてもいいんだね。」
 「だめぇ、やめちゃだめっ。中は駄目、うううやめないで。」
 「・・・・・・」
 乳首を摘みクリトリスを押しつぶして別の刺激を与えると。
 「はう。・・ねえ、ねえ、おまんこしてぇ。おま○こ、おま○こ。」 
 妻は飢餓状態で求めます。乳首とクリトリスの刺激ではやはり我慢できないのでしょう。
 「中だし、するよ。」
 妻がこっくり頷きます。
 それを見定めて、スパートをかけました、私も我慢の限界を超えていました。
 抽送を再開すると直ぐに、膣中でざわめきが起こり、熱い淫液を噴きかけてきました。
 きざしきった声で妻が叫びます。
 「あ、あ、あっ、あっ、いく、いっちゃう、いく、いくのぉ、いっちゃうっ」
 「おぉおぉお~、出すぞ、直ぐだ、出すぞ~」
 「だめ、駄目、中はだめぇ~・・・」
 「うおおおお、でるっ。」 
 「いくっ、イク、イグっ、いくっうううううううううううう。」
 二人は同時に果て、私は妻を潰さないようにしながらも、体重を預けてしまいました。
 「はあ、はあ、はあ、はあ、はあ」「はあ、はあ、はあ、はあ、はあ」
 荒い息の中で妻を抱きしめると、妻もギュッと私を抱きしめてきます。
 少し経って、妻の乱れた髪をなで整えながら私は言いました。
 「・・・怒っているのか?」
 中出しのことです。多分危険日ではないと思うのですが、こればっかりは男の私では事前に妻に聞いていなければ判らないことです。
 「あああ、駄目って言ったのに・・・」
 「危険日・・・なのか?」
 「・・・・・・・」
 「危険日なんだな。・・・産めよ。・・・元気な赤ちゃんを。」
 「・・・クスッ・・・あなた・・さっきのご主人さまは何処へ行ったの?」
 「え?」
 「あなたはやさしい人ね。なかなか一人前のご主人様になれないわね。・・・・でも、そう言うあなたが好き。愛してるわ、あなた」
 妊娠の可能性についての答えはありませんでしたが、多分大丈夫だったのでしょう。
 それにしても、その日2回目の射精は睦事で終わりました。

【妻の秘密・義妹の秘密】(20)PageTop【妻の秘密・義妹の秘密】(18)

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://xhiro2007.blog21.fc2.com/tb.php/20-21dde869

ええっ!そうなの!!危険日ってそうだったんだ!

今日も元気にブログ更新しますよ。本日の更新もお楽しみに!今日は危険日に関するもの...

プロフィール

HIRO(S)

Author:HIRO(S)
HN:HIRO(S)
年齢:秘密
性別:秘密
地域:関東地方
動機:gooで削除されたので。
一応フィクションとしてますが、ナイショ
写真は・・・・いけないんだぁ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログランキング

投票してね。

FC2Blog Ranking

セレクト・ショップ

あみ・あみ

グッズ
ソフマップ

ラブ・アゲイン
私設私書箱センター
2Candys
最近のコメント

月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター