クロウエア・エクサラダ【19

 一郎の手が香織の腰を掴み引き寄せる。
 スルッと抵抗無く一郎のペニスが香織のオマ○コに飲み込まれて行く。
 『あぁあ』
 スッポリ嵌め込まれ亀頭の先端が、子宮口に当たった。
 香織は一声啼いて、上体をクネクネと折り手摺に凭れた。
 「ほら、シャンとしなさい。」
 一郎の掌が香織の尻を叩く。
 一郎は腰を振り突き込みながら、2度3度と香織のお尻を左右交互に叩いた。
 叩かれる度に香織の膣が一郎のペニスをキュッキュッと締め付ける。締め付けと同時に熱い液を亀頭に噴き溢す。
 その何とも言えない感触を味わいながら、一郎は奥へ奥へとペニスを突き入れ、子宮を抉る。
 柔らかい膣肉の、そこだけ硬い子宮口・・亀頭が壁に突き当たる。
 その壁を突き崩す勢いで激しく抽送をする。一郎の年の割には出ていない下腹部と香織の大きな尻が当たり、肉のぶつかる音が踊り場に響き渡る。
 押し付けられ乳房が手摺と摩擦する。香織は声を上げっぱなしになる。
 『あぅう、あぁん、アッアッ、ヒィ、あぅう、あぁん、ヒッぁあ、』
 グチュグチュブブブッと香織のオマ○コから、時折恥ずかしい、空気の漏れる音と共に淫液が滴り落ちる。一郎が挿入の角度を変えると恥ずかしい音が一層多くなる。。
 『あぁ、恥ずかしい・・聞かないで・・一郎さんやめて・・、恥ずかしい。』
 一郎の指が香織の背骨に沿って首から腰へと撫で擦る。
 激しい抽送のなかでもその擽ったさは意識の上に昇った。
 ソフトな刺激だが全身が紅潮し敏感になっている香織の肌には羽箒で擽られるように感じた。
 『はぁん・・イイ・・』
 香織は手摺を掴んだ手をギュッと握り締め、その刺激に耐える。
 『パン、パン、パン、パ・パパン、パ・パパン』
 一郎の抽送が、浅く1回、深く2回の1浅2深のリズムに変り、香織を追い込んで行く。
『あぁ・・あぁ・・あぁぁ』
 香織の息遣いも、 『ハァ、ハァ、ハァ』
 から、
『ハッ、ハッ、ハッ』と変り、あえぎ声も
『アッ、アッ、アッ』 と変って来ていた。
 一郎も腰に痺れを感じ睾丸も縮み上がって来ていた。
 射精が近い事を感じた一郎が香織に聞く。
 「どこに欲しい?」
 一郎は香織の意図を知らずに居た。膣内射精の要求も、興奮の余り口走ったに過ぎず本気だとは考えていなかった。いや中出ししても安全日だから要求したと思い込んでいた。
 その為、強烈な征服感、種の保存欲求が一郎を突き動かしていた、しかし最後の理性の欠片で再確認を行った。
 その確認は香織に一郎の思いやりを印象付けた。
 ここまで興奮した状態でも、自分の立場を気遣ってくれる。人妻への膣内射精を勝手にしない優しさを感じ幸福感に包まれた。
 『なかに・・あぁ・・だいじょうぶです・・なかに・・』
 小さな声の呟き・・しっかり一郎には聞こえた。
 一郎は無意識に尻の穴を締めた。縮み上がった睾丸から、尿道を奔り鈴口を飛び出す熱い滾りを、開放感と痺れるような快感と共に感じた。
 ドクッ、ドクッ、ドクッと言う音が聞こえた気がする、実際には3度に渡り軽い痙攣を伴う射精だった。
 『あっ、ぁぁ』」
 香織は子宮に一郎の熱い迸りを感じ一声だけ啼いた。
 間を置いて2度3度と浴びせられた一郎の精液を子宮で感じた時には、ポロポロ涙を流すだけだった。
 その涙に気付いた一郎は、香織の涙が愛した男のモノになった悦びの涙なのか、愛する夫を裏切った後悔の涙なのか、判断付かず、ただ一度だけギュッと抱きしめて、そっと、香織のカラダを横たえるだけだった。
 香織は一郎が一言も話さないことに感謝していた。
 ドラマなどで、女性に「すまない。」とか「ゴメン」とか「有難う」と、男が声をかけるシーンがあるが、人妻の自分にとって、自分で決めた事とは言え、現実に起こった問題で、
 瞬間頭の中が真っ白になり、そして混乱が襲い掛かっていたのだった。
 本能が感じる部分では現実を受け入れ、悦びに震える自分が居た。しかし、理性の部分では、強烈な罪悪感に押し潰されまいと「これは夢なの」、と、思いたがる自分が居た。
 こんな混乱した時に男に声を掛けられても煩わしいだけで、一人にして欲しいと思うのに、ドラマは所詮作り物ね。なぜかそんなくだらない思いも頭に浮かぶ。
 『あっ』
 膣から毀れる一郎の精液を内股に感じた。
 香織はゆっくりとカラダを起こし、バックから新しいショーツとティシュペーパーを取り出し、ショーツのクロッチ部分に折り畳んだペーパーを重ね穿いた。
 身繕いを済ませ、一郎の方を振り向く。

 一郎に近づき、背の高い一郎の首に手を掛け、下から唇に軽くキスし離れた。
 『おやすみなさい』
 香織はそのまま踊り場の階段を降りていった。
 香織は一刻も早く自分の部屋に戻りたかった。
 軽くシャワーを浴びただけで、ベッドに横になった。
 
 翌朝、昼近くに起きだした香織は、グランドハイアット福岡にあるペストリーブティックで昨日買って置いたキッシュを温め、カフェオレを飲みキッシュを食べ簡単に朝食を済ませた。
 部屋の掃除に取り掛かる、昨夜脱ぎ散らかした服をハンガーに掛けブラシする、一郎が訪れなかった部屋は一人暮らしの気安さか、幾分散らかっている。
 雑誌を片付け、掃除機を掛けた。
 ベランダから一郎にプレゼントされた鉢植えを持って中に入り、水をやった後、そのまま日当たりの良い場所に置いた。
 『あっ』
 昨夜のな残り・・一郎の精液がドロッと溢れ、あてていたナプキンを汚したのだった。
 夕べ直ぐに横になったのは、一郎の種をなるべく長くカラダに留めたかったからだ。
 あの時流れ出た精液を、無くしたくなくてそそくさと身繕いし別れた。
 流れ出る前の混乱していた頭に、冷や水を浴びせたほどの衝撃だった。
 一郎さんの貴重な精液・・・そう思ってしまい、とっさに取った行動だった。
 今も、良かったのか悪かったのか考えている。気持ちが定まらないまま、部屋の掃除をしていた。
 ナプキンを取替え、ビニールに入れ、ゴミ箱ではなくごみ袋に捨てた、
 ビニールに入れる時、独特な匂いが鼻腔を衝く。栗の花の匂いと雑誌に書いてあったりするが、香織は栗の花そのものの匂いを嗅いだことが無かったので、これが一郎の匂いだと思っていた。
 顔に掛けられたり、飲まされもしたが、今日の匂いはちょっぴり違うと感じた。
かすかに、ほんの微かに自分の匂いがした。
 それがまた、自分の膣中に有った事を実感させる。気が付いたらビニールを抱き締めていた。誰も見ていないのに恥ずかしくなり、ゴミ袋の底に捨てた。
 夫の健一は全然気付かないだろう。ゴミ箱は気にしても、ゴミ袋まで気にするとは思えない。余程疑っていなければ、男なんてそんな物だと思う。
 ヘアーサロンから帰ってきても、買った洋服をその場で取替えて帰っても健一は気付かなかった事がある。
 これが夫婦なのだろう・・・夫のために・・言い過ぎかもしれないが・・綺麗になろうと努力しても健一は気付かない。
 多分夫はもう何があっても私を自分の物だと思い、独身の頃のような関心を持っていないのだ。
 だからと言って健一が私を愛していないとは言えない、結婚して何年も経つと、妻は家族になるのだろう、女ではなく妻・・家族として愛してくれる。
 そして時折、女として見た時に抱く。そう言う事なのだ。
 だから、女として見てくれる一郎に惹かれ、愛したのだと思った。
 一郎も自分と結婚したら健一のようになるのだろう。
 だったら・・・何時までも愛して欲しいから、今の関係を続けたい。
 一郎の子が欲しいと思ったのは一時の気の迷いじゃない。やっぱり愛した人の子が欲しいのだ、同時に夫も変らずに愛している。
 一郎の子を産んでも夫とは別れたくない、添い遂げる積もり・・・一生掛けて夫には償う、生活を共にするのは夫しか考えられない、でも、恋人は一郎だけ。
 これが不倫という物なのかしら。同時に二人の男を愛した人妻・・夫の前では清楚で貞淑な妻でいる。彼の前でだけ思いっきり乱れる・・・不倫している妻たちは、皆そうなのかもしれない。
 決めると女はキッパリ行動出来る。
 3時になり、お風呂を沸かし、体を清める。カラダから一郎の匂いを消し、全身を鏡に写してチェックする。
 キスマーク・・無し・・・手の跡・・無し・・お尻・・少し赤い・・これ位なら大丈夫・・最後にもう一度入念に膣の中を洗浄する。・・ちょっと残念だけど仕方がない。
 半日以上子宮に留まっていたから充分だろう。
 お気に入りの服に着替え部屋を後にした。
 タクシーで福岡空港に向かう。到着ゲートで健一が出て来るのを待つ。


眼の経過報告などPageTopご無理なさらずにm(_ _)m

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://xhiro2007.blog21.fc2.com/tb.php/211-918bd2e7

プロフィール

HIRO(S)

Author:HIRO(S)
HN:HIRO(S)
年齢:秘密
性別:秘密
地域:関東地方
動機:gooで削除されたので。
一応フィクションとしてますが、ナイショ
写真は・・・・いけないんだぁ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログランキング

投票してね。

FC2Blog Ranking

セレクト・ショップ

あみ・あみ

グッズ
ソフマップ

ラブ・アゲイン
私設私書箱センター
2Candys
最近のコメント

月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター