【プリムローズ】(1)

 朝は嫌い。
 夕べのお酒が抜け切らないから?ううん、もぬけの殻のシーツが冷たいから。
 週末は嫌い。
 引き篭もりになっちゃうから。
 
 月曜日の朝、出勤前の儀式。
 近所の公園をお散歩する。決まって5時10分。いつものようにいつもの挨拶を交わす。
 5時30分耐え切れないほどの温水、縮こまるほどの冷水。
 わたしは漸く目が覚める。
 セットしておいたコーヒーサーバーから鼻腔を擽る香り。
 トースターから香ばしい香り。
 判で押したような毎日。
 鏡台の上の魔法のコスメ達・・シンデレラの魔法を今朝もわたしに掛けてくれる。
 6時50分、慌てて鍵を閉める。
 7時35分いつものホーム、前から3両目定位置。
 8時20分、認証システム通過・・・
 
 わたし、詩織。佐倉詩織27歳独身OL。
 更衣室が賑やかになる。8時40分。先輩達の出社。
 わたしは今日の仕事場所を探す。狙いは窓際の席。あった!ラッキー!
 私の会社は決まった部署・・机がない。ノーパソと携帯があれば全ての仕事が進む。
 隣同士がまったく知らない仕事をこなしている。
 希薄な人間関係・・昔のオフィスの飲み会・・今なら忘年会?・・そんな無駄な事まったくない・誘いが来てもノーサンキュー!
 そこが良くて転職した。
 前は・・お堅い国家公務員、今は某キャリア。
 同じキャリアでも大違い。前例、善処、検討、前向き、な言い訳。歓送迎会、花見、暑気払い、忘年会、新年会。
 おじさん達のアイドル・・・酒のお酌係。コピー係、ていの良い家政婦か?わたしは・・
 ゴリ押しの議員、そこでだけ低姿勢の社長・会長、変らない国会答弁書、タクシー券の乱舞、若造たちへの接待攻勢。
 そんな世界に未練はない。わたしはもっと、やり甲斐のある仕事がしたいの。飛び出したのが2年前。
 今は・・・私は子供だった。
 男社会の壁・・・もがき疲れ、月曜の朝が嫌い。週末の朝はもっと嫌い。
 ぼんやり考えていると、目が追っている。
 今朝のこの場所は、特等席。
 深夜12時を過ぎると消えてなくなる人。
 あーあ、どうしてこんな女になったんだろう?
 プリムラ・・花言葉は「永続する愛情」・・只のあだ名。苗字が佐倉「サクラ」だから付けられた。サクラソウ、英名はプリムローズ。他にもある花言葉『富貴、神秘な心、運命を開く、可憐、うぬぼれ』
 メアドも『primrose』
 そう・・2年前うぬぼれていた。
 元国家公務員上級職・・キャリア組・・・元ミスキャンパス。元読者モデル。
 絵に描いたような人生・・それが・・

 特等席から見る。廻りはラフな格好の若者と、きちんとしたブランドの背広・・そこだけ違和感のある服装。ベージュ色の作業服・・
 私の目が追うのは、作業服。
 年の頃50かしら?・・大方4年前にリストラされての再就職。子供二人。
 多分奥さんとは学生時代から付き合い結婚。子供は両親の手を離れる年代、でも、ニートが一人。
 昼食は愛妻弁当、公園のベンチがテーブル。
 目尻に刻まれた皺、モミアゲに白い物。無骨な指、年の割にはスマートなお腹。パンツはトランクス派、薄い拗ね毛。下唇が厚い。細く冷たい眼差し。
 どこから見ても中年男性、負け組、冴えない風貌、暖かい志。

 ジィーと見ていたら目が合う。唇の端が幾分持ち上がる。
 わたしは、誰にも見られないように舌で唇を舐めた。
 照れたように顔を背ける・・オジサン。
 
 4年前新卒のキャリア組として、中央官庁を颯爽と歩いていたわたし。
 ある日、食べ損ねた昼食の変わりにマックをほおばっていた。
 マックもピクルスが啼ければ美味しいのに。そう毒づくわたしの隣でクスッと笑う、失礼なオジサンがいた。
 背広姿でお弁当を食べていたオジサン。中身を覘くと美味しそうなキンピラゴボウが見えた。
 視線に気が付いたオジサンがわたしに勧めてくれる。
 故郷のお母さんの味に似ていて美味しかった。
 オジサンは、食事が終わると、トボトボ公園を奥へと歩いて行く。
 翌日、栄養ドリンクを片手にオジサンを探す。
 昨日と同じ場所、栄養ドリンクを差し出す。ビックリ眼のオジサン。
 こうして、昼食仲間が出来た。
 『本当、困るのよネェ・・』
 わたしが吐いた愚痴。
 『それは、現場を知らない、あなた達の論理だね。机の上で仕事が出来る。あなた達はお目出たい人種なんだね。』
 何時になく辛らつなオジサン。
 翌日からオジサンはわたしの相談役になった。
 経済、福祉、都市計画、教育、あらゆることが議論の対象になった。
 恋に破れたのもその時期。
 オジサンは、私が抱きついて泣くと、困った顔で遠慮がちに頭を撫でてくれた。
 故郷の父、小さい頃に亡くなった父の匂いがした。
 お昼を過ぎるとオジサンは公園の奥に消える、わたしは今日探偵になった。
 トボトボ背中を丸め歩いて行くオジサン。
 公園の奥のブランコ・・今時ベタなシュチエーション。
 ポコなら、『やっちまったな、オジサン』と声を上げるだろう。
 ブランコを揺らすオジサン。刻み込まれた皺が伸びたり縮んだり。
 地面に写る影も伸びたり縮んだり、そしてその影が二つになった。
 交互に揺れるわたしとオジサン。
 オジサンは何も言わない。わたしも尋ねない。
 わたしは小学生のようにブランコから飛んだ。
 慌てたオジサンが駆け寄り抱きかかえる。
 ポツリ、ポツリ、離し始めるオジサン。働き盛りの40代、妻子有り。持ち家、東京郊外、元・・・それはどうでもいい。
 リストラされたことを奥様に言えず、愛妻弁当を持って毎日就職先を探しに来る。
 探偵の報告書にはあらかた記録された。
 オジサンははにかみながら家路に付いた。
 さっきより、後姿が切ない。
 想像の中の父の姿がダブる。

 その夜、赤坂の料亭にわたしは居た。某陣笠代議士と通産官僚、大蔵官僚、建設官僚のトリオ。
 脂ぎった、赤ら顔。お酌の要求が段々酷くなる。
 イヤらしい顔、オジサンと対比する。こいつらの下半身には人格がない。
 芸妓のお姉さん達も持て余している。狡猾な瞳に怖気を震う。
 逃げるように料亭を出る。・・・陣笠代議士が近寄ってくる。無視も出来ずに適当にあしらう。
 突然腕を掴まれる。
 『何をするんですか?』睨みつける。
 陣笠は意に介さず、わたしを力任せに引っ張る。
 頬を叩いた。走り出す。
 私設秘書が追いかけて来る。路地に逃げ込む。出口に別の秘書が立ちはだかっている。
 法治国家のこの国で、政府の役人のわたしが路上で襲われているのに、道行く人は知らぬ振りをする。
 更に細い路地へ、いつの間にかピンクゾーンに入り込んでしまっていた。
 相変わらず、後ろから陣笠と秘書、新たに前の方に官僚トリオ。
 これがこの国の実態なのか。わたしは絶望に襲われ思わず立ち竦む。
 不意に横手から掌が口を覆う。悲鳴を上げる暇もなかった。
  「シィー!」
 え?だれ?・・・オジサン?
 まずい。あいつらに気付かれているわ。
 辺りを見廻す。毒々しいネオン・・今はここしかない。
 わたしはオジサンの手を引いた。隠れる場所は此処しかない。一人では不審がられる場所。

 さっきから、オジサンが困った顔をわたしに見せる。
 部屋に入った時から、落ち着かない様子。キョロキョロ部屋の中を見ている。
 オジサン・・ラブホ、入った事ないの?・・聞こうとしたが聞かなくても判る。
 あ、だめ!そのボタンは・・。
 ベッドに腰掛けていたオジサンが転げた。
 ウォーターベットのフワフワ感に驚いた様子、しかも回転ボタンまで。
 慌てて、枕の上の固定部分に掴まる。オジサンがビックリして手を振り払う。
 宙を飛んだそれは、3個綴りのアレ。・・そんなに驚かなくても・・
 顔を真っ赤にして俯いちゃった。
 オジサン初心なのね。なんだか可愛い。
 「こ、こんな所早く出ようよ。」
 『ダメ。あいつら、まだ探している。このまま朝までお願い。』
 小首を傾げて上目遣いでオジサンを見上げる。
 オジサンはそっとベッドから離れ、玄関近くに腰を降ろす。
 気を使ってくれているのは判るけど、それじゃ、わたしが何かオジサンにするみたいに思われてるの?
 あ~走ったせいで汗かいたなぁ。
 『オジサン。お風呂先に入ってくるね。』


はじめまして匿名様ぁ。PageTop新作の反応は如何に?

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://xhiro2007.blog21.fc2.com/tb.php/217-44202dad

プロフィール

HIRO(S)

Author:HIRO(S)
HN:HIRO(S)
年齢:秘密
性別:秘密
地域:関東地方
動機:gooで削除されたので。
一応フィクションとしてますが、ナイショ
写真は・・・・いけないんだぁ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログランキング

投票してね。

FC2Blog Ranking

セレクト・ショップ

あみ・あみ

グッズ
ソフマップ

ラブ・アゲイン
私設私書箱センター
2Candys
最近のコメント

月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター