疑問難問(>_<)

 今晩は音楽家様。お久しぶりです。

 【クロウェア~】をモーッアルトの歌劇【コシ・ファン・トゥッテ】に準えて下さいまして
有難うございます。
 『寝取られ』と言う言葉が有ります。そう言うサイトも有ります。しかしその根底に
有るものは、もともとは相手への「愛情」でした。
 歪んだ愛情かも知れません。告白体験等を読みますと、私には到底理解出来ない
世界です。
 でも、それを否定したり、批判したりは出来ないのです。男と女、彼氏と彼女、妻と夫
その間に流れるモノは他人には窺い知れないものです。
 私がこれを書いた時、想像した或いは創造しようとしたのは、掛け違えたボタンでも
やり直せば元に戻る。では男と女の間の掛け違えは? 積み上げて来たものは砂の城の
様に脆いのか? (相手を)赦す事から始まる絆が有るのか?
 という疑問から私なりの答えを出そうと思いました。
 動物の世界では強いオスがメスを独占し子孫を残そうと戦います。例外は有りますが
少数です。
 そして人は、強いオスからメスを守ろうと、一つのルールを作り規範としました。
 そう『結婚』です。人はそのルールに守られ子を産み育て繁栄してきました。
 だが時々ルールを逸脱する事が有ります。それが浮気であり不倫です。
 ルールには安心と重い責任が伴い、それが維持できないとき、「離婚」というやり直し
機能が、申し訳程度に備わっています。が、やり直しには互いが深く傷つくことがしばしば。
 こうして色々考えて行くと男と女について歌劇では【女とはそうしたもの】と何やらみんなで
納得してハッピーエンドになるそうですが。これは男視線の歌劇ではないでしょうか?
 それならば、女視線で書けないものか?男とは【どうしようもない子供よ」となるかも知れないし
【男とは馬鹿よ】になるかも知れないし、【理屈ではなく愛している。】で終わるかも知れない。
永遠の謎で答えの出ないまま、無理やりハッピーエンドにするかも知れない、実に私に取って
困った作品と登場人物になってしまっているのが、現状です。
 これで、音楽家様の疑問コメントの答えになっていますか?

 意外と作者・・ない頭絞って書いてるのね、w  と思ってくれたらしめたもの・・

 もしかしたら、音楽家様私に惹かれてくれるかも

 最後の審判の日が迫ってきています、しかし、【It wishes that the day of the revival visit. 】





 

ご心配掛けました。m( _ _ )mPageTopクロウエア・エクサラダ【25】

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://xhiro2007.blog21.fc2.com/tb.php/246-632847d3

プロフィール

HIRO(S)

Author:HIRO(S)
HN:HIRO(S)
年齢:秘密
性別:秘密
地域:関東地方
動機:gooで削除されたので。
一応フィクションとしてますが、ナイショ
写真は・・・・いけないんだぁ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログランキング

投票してね。

FC2Blog Ranking

セレクト・ショップ

あみ・あみ

グッズ
ソフマップ

ラブ・アゲイン
私設私書箱センター
2Candys
最近のコメント

月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター