【ドルチェ・アマービレ】(9)

夕食は簡単にカレーライスを作り、みんなに提供した。
 「綾歌くん。林間学校のつもり?」と千夏先輩。
 『甘口なんて、お子様ね綾歌!』これは玲子さんだ。
 【美味しいよ綾歌君。でもこの次は焦がさないようにしたまえ。】教授ぅ・・
 3者3様で批評されてしまった。こんな事ならお母さんにもっと教わって置けばよかった。
 【でも大した物です、この玲子君はカレーを炭に変える錬金術師だし、千夏君はお米を洗剤で洗う天才です。
いやぁ、本当にこの合宿は綾歌君のお陰でまともな物が食べられそうで嬉しいですよ。】
 玲子さんと千夏先輩は教授を睨みつけていたが、教授は平然とカレーを掬い口に運んでいる。

 『千夏・・覘きに来るなよ。綾歌行こう。』
 玲子さんに誘われ、温泉に入りに行く。母屋から少し離れた場所に温泉があった。廻りを板塀で囲まれ、総桧造りの天然温泉。透明なお湯に月明かりが差し込んでいる。
 「チャポーン!」
 隅で音が反響する。
 『あ・・・れ、玲子さん。きょ。教授が先に・・・』
 あとが続かなかったが、教授が先に温泉に浸かっていたのに気が付かなかったのだ。
 『キャァ・・』思わず悲鳴を上げた。
 しかし教授は不思議そうに私達を見ただけでそのまま動かない。
 慌てて出ようとする私の手を掴み、玲子さんが湯船に引き摺っていく。
 『綾歌・・どうしたの?さあ、入ろう。』
 「れ、玲子さん。平気なんですか?あぁ・・恥ずかしい。」
 『しっかりしなさい。あなたも特別レッスンを受けている身でしょう。これくらいで恥ずかしがるなんて・・・あぁ・・出来る事なら、あなたと代わりたいわ。もう一度教授に教えて頂きたいわよ。』
 【玲子君、君はもう私の手を必要としない。立派に羽を広げて飛んで行った。もう私という、止り木は余計な物でしかない。】
 『そんな事仰らないで・・・あの時約束しました。それを忘れろと、仰るんですか?あの日の事は私の大切な思い出です。教授・・・どうして・・私を・・愛してくれないのです?どうして・・連絡もしてくださらないの?』
 呆気に取られた私の目の前で、繰り広げられる愁嘆場。
 全裸の玲子さんが教授に抱きつき、顔中にキスの嵐を振りまいている。教授が立ち上がり・・・キャァァ・・教授のおちん○んが・・・見えちゃった。・・温泉を出ようとすると、玲子さんが脚にしがみ付き、教授の腰に手を廻し・・
 うっそぉ・・・玲子さんが・・・玲子さんが・・・
 ダメだ私の口から言えない淫らな事をしている。

 『教授・・あぁ・・欲しかったんです。教授にもっと抱かれたくて頑張ったんです。ご褒美を下さい。』
 玲子は口を大きく開け、教授の男を飲み込む。根元まで飲み込み、喉の奥に当たっても構わずに深くより深く銜えようと顔を寄せていく。
 1度口の端まで戻し再度飲み込む。頭を前後に動かす動きが早まり、唇を窄め、舌先で肉茎を舐めあげ、チュパ、チュパ音を立てて吸い上げる。
 同時に、豊かな乳房を太股に押し付け、硬くなった乳首で教授を刺激する。

 一連の動きは全て見ていたが、最初のショックで記憶が飛んでいて、気が付いたらベッドに寝かされていた。
 隣のベッドはもぬけの殻で、時計を見るともう夜中の2時を過ぎていた。あれから、6時間経っている。
 ドアがそっと開きグリーンティの香りが流れ込んでくる。その中に栗の花の匂いを嗅ぎ綾歌は首を傾げる、
 『あっ・・綾歌。気が付いたの・・大丈夫?』
 玲子さんが心なしか上気しトロンとした目を私に向ける。
 『綾歌・・・ごめんね。吃驚させてしまって。・・でも判って・・4年ぶりなの・・教授にお逢いしたのは・・今判らなくても、いつかあなたにも判る。あのレッスンを受けた者なら・・きっと、理解してくれる。』
 『玲子さん・・私初めてで・・そのビックリして・・』
 『そうよね。。綾歌はヴァージンでしょう?・・私も・・6年前は・・あなたと同じ。ねえ、軽蔑した?』
 玲子さんの顔には、別になにを言われても構わない。自分の思うとおりにしたのだから。とでも言うような自信に溢れ、輝いていた。
 『綾歌・・あなた・・教授を信じて・・でも・・独占しないで、・・私にも・・教授の時間を頂戴お願いよ。』
 玲子さんは教授のことが好きで好きで堪らないのね。
 『玲子さん・・教授は・・玲子さんにとって教授は・・?』
 『教授は・・翼なの。・・空を飛ぶ翼・・教授がいないと私、空を翔べないの・』
 言っている意味は判らなかったが、玲子さんが教授に頼り切っているのが感じられた。
 依存と言うより・・そう・・隷属・・あら?何でこの言葉を・・


【ドルチェ・アマービレ】(10)PageTop【ドルチェ・アマービレ】(8)

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://xhiro2007.blog21.fc2.com/tb.php/259-9642cec3

プロフィール

HIRO(S)

Author:HIRO(S)
HN:HIRO(S)
年齢:秘密
性別:秘密
地域:関東地方
動機:gooで削除されたので。
一応フィクションとしてますが、ナイショ
写真は・・・・いけないんだぁ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログランキング

投票してね。

FC2Blog Ranking

セレクト・ショップ

あみ・あみ

グッズ
ソフマップ

ラブ・アゲイン
私設私書箱センター
2Candys
最近のコメント

月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター