【ドルチェ・アマービレ】(13)

 教授の指が、わたしの花弁を左右に開いている。
 ピンク色をした複雑な柔肉の襞、亀裂の最下部にまだ口を開いていない入口が見られている。
 意識しだすと、無意識に入口がヒクッと動いてしまう。教授はその上の小さな穴・・尿道口も開いて見ている。そして・・それらを上から見下ろしているかのように突き出た陰核の包皮をそっと捲る。
 包皮は抵抗を示し教授の指に逆らう。
 教授は舌先を尖らせ陰核の表面を唾液で満遍なく湿らす。
 『はぁあっぅう。・・・教授ぅ・・・』
 剥き出しになった真珠色の小豆大のクリトリス。そこには白いカスがこびりついていた。
 処女の証し。・・・まだ良く洗う事が出来ず手入れされていないクリトリスを教授は口に含み綺麗にしていく。
 『ふぅん、はぁん。イイ・・気持ちイイの。あん、あん。あぁ、あん。』
 鼻に掛かった綾歌の嬌声が教授の耳に心地よい。
 【綾歌君。これからは、もう少し、自分の女自身・・ヴァギナに気を使いなさい。清潔にするのは自分の為ですが、あなたを愛して舐めてくれる人の事も考えるのですよ。いやらしいと思わずに大人の女性の嗜みだと思って下さい。】
 教授はあくまでも冷静に綾歌を諭す。
 『はぁん、教授ぅ・・大人の女性って、玲子さんの事ですか?・・・教授ぅ・・わたし・・私も玲子さんのようになりたいの。あの、その、玲子さんの様にアソコ綺麗にしてくれませんか?』
 綾歌は恥かしさを堪え玲子に負けたくない一心で、とんでもない事を口走る。
 【綾歌君、言っている意味が判っているのですか?女性がアソコの毛を剃毛するのは、特定の人に身を委ねる事なのですよ。】
 『あぁん、だからです。玲子さんは教授に身を捧げたのでしょう?わたし・・私も教授に捧げたいのです。この合宿中、教授と玲子さんが・・一緒のお部屋で・・考えると、ダメなんです。すごく悲しくて切なくて・・・教授は・・私を大切だと仰って下さいました。でも、信じられません。大切ならどうしてスグに教授の女にして下さらないの?私・・私教授にならヴァージンを捧げたいと想って、教授の恥ずかしいレッスンを悦んで受けています。どうしてその気持ちを受け取って下さらないの?』
 『教授の事が好きなんです。大好きなんです。』
 綾歌は抑えきれぬ思いを一気に喋り終え、ホッとしたような、不安が増したような気分を味わった。
 【綾歌君、気持ちはとても嬉しいですよ。でも前に言ったと思いますが、私は子供は相手にしません、綾歌君はカラダは確かに大人になりました、が、心がまだ大人に成りきれていない、もう少し成長してから、ではダメですか?】
 『どうしてダメなの?好きだから好きと言っているのに。嫌いなら嫌いとはっきり言って下さい。綾歌を抱きたくないのならそう言って下さい教授。・・もう嫌ぁ・・こんな中途半端な気持ちでいるの嫌なの。何にも考えられない、何も手が付けられない、どうしようもなく苦しいの、ねえ教授・・・助けて、助けて下さい。』
 綾歌が心の底から絞り出した本音は、シュトレーゼマンが危惧していた方向に進んでしまっていた。
 恋愛に苦しみ、全てがそこで停止してしまう。これが才能ある女性に起こるとそれまで成功していた事も奈落に陥ってしまう。
 今の綾歌は、心の強化、肉欲への耐性が出来ていない。
 6年前の玲子も、同じ道を歩んでしまっていた。そこでシュトレーゼマンがある事を玲子に行い、軌道修正したのだった。
 あの時の玲子はヴァージンには違いなかったが、今の綾歌より大人だった。そこでシュトレーゼマンは、玲子のロスト・ヴァージンを奇禍とし軌道修正を行った、この山荘で。
 だが、綾歌はもちろん玲子とは異なる人格を持った女性だ。これまでの特別レッスンでは起こり得なかった、誤算・・・シュトレーゼマン自身が・・・。
あの時とは違い、シュトレーゼマン自身が綾歌を愛し始めていた。年の離れた綾歌に惹かれて行く自分に戸惑い、自己防衛のため玲子を呼んだ。
自身が綾歌に溺れてしまわないように、綾歌にわざと玲子の存在を意識させ、シュトレーゼマンが別の女性とセックスするただの中年男性でしかない事を、自分に幻想を抱かないように綾歌を誘導しようとした。
だが、かえって綾歌の心に火を付けてしまった。
 それなら・・・そうするのが・・・
 【綾歌君。私も正直に申しましょう。私は、綾歌君の事を愛し始めています。綾歌君の事が好きです。これまで、学生に恋愛感情を抱いた事は有りませんでした。あなたが初めてです。自分でも可笑しいと思うほど、綾歌君の事が好きです。だが、その感情をストレートに出してはいけないのです。あなたとこのまま何処までも進んでしまう事は、私が最も危惧していた、綾歌君の才能を潰してしまう事になります。私は綾歌君に世界を見せてやりたい。綾歌君が世界に羽ばたく羽根を付けてあげたい。それが私の願いであり、私の愛した者への希望なのです。
 世界で活躍している綾歌君と、対等の立場で愛し合いたい。その時の綾歌君が私を好きでいてくれる保証も有りません。が、愛する者の成功を自分の恋愛よりも優先したい。これが私の愛し方なのです。今、綾歌君の事を抱く訳には行かないのです。綾歌君が私の綾歌君への愛を信用できない。何か証が欲しいと言うのであれば、綾歌君のロスト・ヴァージン以外でも証明できるでしょう。私の言葉では不足ですか?】
 綾歌は予想外の教授の言葉に驚き、そして言葉が心に沁みて来るに従い、悦びが沸き起こって来た。だが、綾歌はまだ不安だった。
 『教授本当ですか?教授が私の事好きなの本当ですか?宥めるための嘘じゃないですよね?信じていいんですね。教授を愛して良いんですね。だったら、証しを下さい。綾歌はまだまだ子供です、不安なんです。こんな子供の私・・教授に愛想尽かされるかもしれない。そう思うと切ないんです。綾歌が教授のものだと、カラダに証が欲しいんです。玲子さんと同じ様にアソコの毛を教授に捧げたいんです。そうすれば教授は私のこと気にかけてくれる、そう思うんです。』
 【はぁ~、困った子ですね。まだ私の言ったことが判らないのですか?しかたがありません、綾歌君に罰を与えねばなりません。それも思いっきり恥ずかしい罰を・・今から浴室に行きましょう。・・・綾歌君のオマ○コの毛を剃ってしまいます、良いですね。】
 教授は、ニヤリとウインクを私に送り、歩きだした。
 私は嬉しくて、いそいそと教授の後に従い浴室に向かった。
 【さあ綾歌君、足をM字に開いて、剃り易くして下さい。・・・ほら、躊躇ってはいけませんよ、あなたが望んだ罰です。まったく、ヴァージンの女の子がする事ですか?なんていやらしい子なんです。】
 『あぁ・・教授ぅ・・・綾歌は・・悪い子です。・・お仕置きして下さい。』
 【ほら、まずは長い陰毛をハサミで整えます。動くと危ないですよ。】
 私の陰毛がジョキジョキ切られている。まだ綻んで居ない花弁を指で摘まれ、隠れている陰毛を切られた。
 シェービングクリームの泡が股間に塗されていく。白い泡がそれまでパックリ曝されていたオマ○コを隠しててれる。
 【おや、綾歌君。困りますね、折角塗った泡が、流されています。お汁を流す程感じてしまったのですか。】
 『あぁ・・恥ずかしい。言わないで・・教授ぅ・・綾歌・・恥ずかしい。』
 【どんどん溢れて来ますよ、綾歌君は、恥ずかしい事をされると感じるいやらしい女性なのですね。
 教授が剃刀を手にして、またニヤリと笑う。
 その時教授の背中に、はっきりと黒い翼が見えた。
 (あぁ・・教授は、こんな事が好きなんだ。女のアソコの毛を剃るのが好きなのね。そして言葉で苛めるのも好きなのね。・・・教授は・・・サディストなんだわ。薄々感じていたけど・・・私・・・そんな教授でも好き。いいえ、そんな教授だから好きなのかも。・・教授に苛められるのも好き・・・やだぁ!私・・・Mなの? うっそぉ!知らなかったわ。う~ん、でも・・・見られると感じるのは本当だし・・・違うわ・・Mじゃなよぉ。綾歌そんな女の子じゃないもん。・・・自信ないけど・・・)
 剃刀の角度が変わり、少しずつ陰毛が薄くなって行く。土手の部分はあらかた綺麗に剃られた。今は複雑な亀裂に沿った場所を剃られている。段々少女のようになって行くアソコを見ると、恥かしいのに、なぜか悦びが起こる。段々教授の女に変わっていくような気がして。
 すべてが綺麗になった。お湯を掛けられ、アソコが露わになる。
 【綾歌君、罰は終わりですよ、鏡に映して確認してみなさい。】
 教授がまた意地悪を言う。でも逆らえない、恐る恐る鏡の中の綾歌を見る。
 『あぁいや。恥ずかしい。見せないで、見せないで下さい。
 鏡ん中の綾歌は、アソコから恥かしい汁を一杯流し、トロンとした目で私を見ている。その驚くほど色っぽい綾歌を見て、これが自分とは信じられなかった。
 鏡に中の綾歌が言う。
 (綾歌・・良かったね。教授が証しをくれて。それに綾歌も自分がMだと自覚したみたいだし、これからが楽しみね。教授は何をしてくれるのかしら。考えただけでもう一杯恥ずかしい液を出しているのね。教授が愛していると言ってくれておめでとう。綾歌)
 【綾歌君、これで良いですね。明日から勉強も頑張るのですよ。私が愛した女性がオーディションに落ちて、定期演奏会に出られないなんて恥ずかしくて困りますからね。】
 それまでの甘い気持ちがハッと冷めた。
 そうだ、教授に愛されるには、期待を裏切る事は出来ない。
 身が引き締まると同時に、アソコが収縮し、中から愛液がトロッと絞り出て来た。


【ドルチェ・アマービレ】(14)PageTop【妻の秘密・義妹の秘密3】(2)

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://xhiro2007.blog21.fc2.com/tb.php/270-a6e59af8

プロフィール

HIRO(S)

Author:HIRO(S)
HN:HIRO(S)
年齢:秘密
性別:秘密
地域:関東地方
動機:gooで削除されたので。
一応フィクションとしてますが、ナイショ
写真は・・・・いけないんだぁ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログランキング

投票してね。

FC2Blog Ranking

セレクト・ショップ

あみ・あみ

グッズ
ソフマップ

ラブ・アゲイン
私設私書箱センター
2Candys
最近のコメント

月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター