【プリムローズ】(8)

 ブチュ、グチュゥ、ジュプ、ジュプ、詩織のおま〇こから恥かしい音が洩れる。
 零二の抽送が大きくなるとそれに合わせるかのように破裂音が詩織のおま〇こから響いたのだ。
 詩織は膣壁を押し拡げる感覚と擦られる感覚に我を忘れて叫んでいた。
 『おじさんイイ・・おま〇こ気持ちイイ。』
 詩織の足が零二の腰を挟み締め付ける。両手はずっと背中にしがみ付いている。
 零二の腰の動きが直線からローリングを交えたものに変わると、詩織も自然と腰を廻し、より深い挿入を求め蠢く。
 零二の手が詩織の乳房を握り締め、揉みしだくと背中でしがみ付いていた手が離れ零二の手の上に置かれ動きを止めようとする。
 しかし零二の手は微動だにせず、詩織の乳房を揉む。指が柔肉に食い込み指と指の間から白い肉がはみだす。
 零二の掌に当たる蕾が硬く存在を主張する。零二は蕾の声なき欲求に応え爪で軽い刺激を与えた。
 触るか触らないかの微妙な刺激。
 蕾が期待に震え持主は身を捩る。カラダの中心を硬いもので貫かれたうえ圧し掛かられ詩織は、圧迫感を強烈に感じる。
 嫌ではなかった。むしろ心地良い。自分はこの人に好きにされる、何時もの自分なら、男に主導権を渡さないのに、今日は主導権が取れない。切っ掛けさえ掴めない。
 逆らう事を諦めるとその先には思っても居ない世界が広がっていた。
 『はぁん。強く・・・強く弄って。・・・』
 乳首への刺激を求めた。
 与えられたのは、太股の痛み。内股が抓られ赤く染まる。
 ビクン、ビクン。膣の中でペニスが跳ねる。膣口まで引かれる。戻って来ない。
 『いやぁ・・・奥に・・・・奥に頂戴。』
 くれたのは首筋へのキスのみ。
 『いやよ、そんなんじゃいやぁ。焦らさないで。お願いオジサン・・・ゼロ・・さん。』
 首筋への口付けも止められた。気が狂いそうなほど、昂ったカラダを持て余す。
 『ゼロ・・して・・・お、・・おま〇こして。入れて、硬いの欲しいの。おちん○ん下さい。』
 オジサンはこれが目的なんだ。恥ずかしい言葉を言わせる。
 一度口に出すと、躊躇いはなくなる。
 『ねえ、おちん○んで刺して、嵌めて、動いて。詩織を逝かせて。』
 『意地悪しないで。私を好きにして良いから頂戴。』
 我慢しきれず、膣口がヒクつき亀頭を締める。自分から腰を押し付けた。
 ゼロは動かない。私はもう我慢出来なくて腰を前後に動かし、自分の感じる所に導いた。
変則的な女性上位、腕を伸ばしゼロの腰を引く。
 クリトリスに当たる。完全に自分で自分を刺激する。オジサンのカラダを借りたオナニー。惨めで、気持ちが良くて堪らない。今までどんな男も与えてくれなかった屈辱。
 オジサンが口を開く。
 【して欲しいのか?】
 当たり前でしょう。その言葉を飲み込み媚びる。
 『動いて下さい。』
 【よし、契約成立だね。君達の企みに乗った。】
 それは調印式だったの?一連の苛めはこれからの私の立場を象徴するものになった。
 ミストレスではあるが、同時にオジサンの玩具。
 逢うのは私の都合で、愛し方はオジサンの気分で。
 面白い。私がオジサンに溺れるか、オジサンが私に本気になるか?カラダでする勝負。
 『そう、契約成立よ。・・・だからして!』
 オジサンは私の肩に手を掛け自分の方へ引き寄せる。
 深く穿ち始める。長くゆっくりとしたストローク。亀頭が膣を押し拡げカリが外へ掻き出そうとする。 気持ちイイ。これは真剣勝負。


【ドルチェ・アマービレ】(22)PageTop【疑惑のテンポラリーファイル】(1)

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://xhiro2007.blog21.fc2.com/tb.php/283-39dedd71

プロフィール

HIRO(S)

Author:HIRO(S)
HN:HIRO(S)
年齢:秘密
性別:秘密
地域:関東地方
動機:gooで削除されたので。
一応フィクションとしてますが、ナイショ
写真は・・・・いけないんだぁ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログランキング

投票してね。

FC2Blog Ranking

セレクト・ショップ

あみ・あみ

グッズ
ソフマップ

ラブ・アゲイン
私設私書箱センター
2Candys
最近のコメント

月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター