【疑惑のテンポラリーファイル】(2)

 『ただいまぁ~、あなた?どうなさったの?』
 【仕事先で気分が悪くなってね。近くだったから早退した。】
 『大丈夫?ごめんなさい、買い物に行ってたから。あら?洗濯物取り込んでくれたの。』
 いつもの妻と変わりません。洗濯物の事に自分から触れて、動じることが有りません。
 (あの下着も偶には穿いてみたくなっただけか・・)
 『あなた、お昼ご飯食べたの?』
 【いや。】
 『じゃあ、おじや作るから、それ位なら食べられるでしょう?』
 妻は手早く作ってくれた。テーブルに運んできた妻の体から何やら香水の匂いがした。
 (普段付けているのとは違う。むしろ男性用?)
 私は香水に疎く、匂いの種類も製品の名前も全然わからないのですが、女性用とは違うような気がします。
 『あなた、汗かいちゃったからシャワー浴びて来るね。
 私の顔の微妙な変化に気が付いたのか、私にしてみれば唐突に妻がシャワーを浴びに浴室に向かいました。
 すぐに洗濯機の音がして、浴室に入る妻。 汗の匂いはしませんでした。
 
 その夜、長女から近場の温泉の招待券を送ると電話が有りました。
 「お父さん、久しぶりにお母さんと行ってきなよ。単身赴任の間どこへも連れて行ってあげなかったでしょう?」
 【高いんだろう?良いからそのお金で好きな事に使いなさい。気持ちだけ頂くから。】
 私はそう言って断りました。娘の気持ちは涙が出るほど嬉しかったのですが、娘も一人暮らし。何かと物入りでしょう、気持ちだけ頂く事にしました。
 『あなた、ユミの電話何でした?』
 【あぁ、近場のほらU温泉。温泉の招待券送るって。】
 『ダメよ。行けないから勿体ないわ。断っておきます。』
 強い調子の口調、内容も普段の妻には考えられないものです。
 【どうしたんだ?ユミの折角の好意じゃないか?】
 私は昼の事も有り、娘に断ったにも拘らず、妻に反論して見ました。
 『あの温泉お友達と行ったばかりなの。K子さんとS恵さん。』
 K子さんもS恵さんも、確かパートで知り合った人だと思います。
 【それでも良いじゃないか。俺は久しぶりなんだし。】
 『でもね。宿の人に顔を覚えられているでしょう。何回も来たの知られたら恥ずかしいわ。』
 何となく誤魔化されたような気分でしたが、その話はお終いにして食事を始めました。
 家で休んだからか、夕食の時にはすっかり元気になり珍しく2杯もお代わりしてしまいました。やはり、単身赴任中の食事に比べて妻の料理が体に合うようです。
 その夜、妻を求めると『ごめんなさい生理なの。』
 間が悪いもんです。昨夜ならあの下着ですからセックス出来たのでしょうが、昼のシャワーも若しかしたら、生理の不快感で入ったのだと、納得してしまいました。
 とは言え、久方ぶりにその気になったので、収まりが付かず、妻が寝入ってしまってから、妻の胸を弄り、自分のモノをシゴイていました。
 生理中だからか胸が張っていて乳首も硬くなっています。
 口に含み舌で転がして居ると、
 『あぁん、ひろ!』
 妻の寝言。
 ひろ??! 私の事を「ひろ」と呼ばれだ記憶はないのです。
 ひろしとは呼ばれますが「ひろ」・・・いつから私をそう呼んだんでしょう。単身赴任前はひろしでしたから、単身赴任中私の事をそう呼んだんでしょう。
 妻も一人で慰める時も有ったでしょうから、そんな時に呼んだのかも知れないと思いました。しかし、何と無く、気勢が削がれオナニーを止め寝てしまいました。


【プリムローズ】(9)PageTop【ドルチェ・アマービレ】(22)

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://xhiro2007.blog21.fc2.com/tb.php/285-e0a3482b

プロフィール

HIRO(S)

Author:HIRO(S)
HN:HIRO(S)
年齢:秘密
性別:秘密
地域:関東地方
動機:gooで削除されたので。
一応フィクションとしてますが、ナイショ
写真は・・・・いけないんだぁ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログランキング

投票してね。

FC2Blog Ranking

セレクト・ショップ

あみ・あみ

グッズ
ソフマップ

ラブ・アゲイン
私設私書箱センター
2Candys
最近のコメント

月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター