【疑惑のテンポラリーファイル】(3)

 『あなた、今度の土日ですけど。ミクとミキの進路相談で行けません。ごめんね。』
 単身赴任2年目の事でした。月に1度妻が赴任先に来て、身の回りの世話をしに泊まりがけで来るのがそれまでの習慣でした。勿論その日は久しぶりに妻を抱きます。
ですから、この時は少々残念に思いつい愚痴を言ってしまったのです。
 【そう言う事は2~3週間前には連絡が来るのだろう?どうしてその時に予定を変更しなかったんだ。】
 『ごめんなさい。平日に行けないからその日にして貰ったのです。あなたの所へ行く日を間違えてカレンダーに記したものですから・・』
 【仕方が無いなぁ。・・・悪いけど子供達の事は頼んだよ】
 『来週は行きますから。』
 来週は会社の用事でイベントに出なければなりません、そう告げると。
『そう・・・残念ですけど今月はもう行ける日が無いの。来月まで我慢してね。』

 その月は何となく不機嫌なまま仕事に追われ過ぎて行きました。
 翌月、妻がいつもより早い週に来ました。
 久しぶりに夫婦水入らずで食べる食事は、どこのレストランの豪華なコース料理よりも美味しく、ビールもあまり飲めないのですがその日は2本も飲んでしまいました。
 飲み付けないビールを飲んだせいか眠くなり一眠りしてしまい、気が付くと妻はもう入っていました。
 常夜灯代りに夜中付けておくスモールランプがこの日は消してありました。私に背を向けて寝ている妻のうなじにそっと口付けし、妻を揺り動かす。
 『みゆき。起きてくれ、ねえみゆき。』
 しかし妻は起きません。何度か起こそうとしましたが、結局妻は起きませんでした。日頃の疲れが出たのだろうと、自分の性欲を無理に押さえ、中々寝付けなくてイライラしながら天井を見詰めていました。
 『ひろくんゴメンね。』
 妻の寝言でした。この時はひろくんと呼ばれていましたので、微笑ましく思い、その寝言を聞いて、私のイライラが解消して眠りに就く事が出来ました。
 翌日午後早くに妻は帰って行きました。赴任先は飛行機では行けない場所で、電車では時間が掛かる厄介な所でしたので、早く帰らなければならないのです。
 短い逢瀬に私は少々不満でしたが、妻はそれほどでもない様子で帰って行きました。

 さらに翌月妻が何時もの週に来ました。
 水炊きに里芋の煮っころがし、これは自宅で作って来たもの。私は好き嫌いが多く、魚が食べられません。以前は肉ばかりで野菜も取らなかったのですが、最近年のせいか野菜を食べるようになり、妻も「漸く健康に気を付けるようになったのね。」と少し安心したように言うと、もう一品ナスの生姜焼きを出して来ました。
 【鍋にナスの生姜焼きかい。単身赴任では食べない食い合わせだな。】
と言うと。
 『普段何を食べて居るの?脂っこい物や肉ばかりじゃないでしょうね。今あなたに死なれたら大変。』
 と、冗談ぽく言うので、苦笑いして。
 【解ったよ。病気で寝たきりにでもなったら、お前に浮気されかねないからな。】
 『・・・あなた、酷い。』
 妻が気分を害して後ろを向いてしまいました。
 軽い冗談の積りだったのです。私は妻に近づき肩を抱きました。
 妻はその手を振り払い、言います。
 『ひろくん酷い事言うから、今夜は無しね。触ったら承知しないから。』
 【そんな・・俺もうずっとみゆきとしていないんだ。我慢出来ないよ。】
 『だめ、どうしてもって言うなら手でしてあげる。』
 流石にそこまでするのは余りにも惨めで、泣く泣く断りました。
 私もそれで気分を害し、妻に背中を向けて寝てしまいました。
 夜中何かの音に目が覚めた私は、妻が向こうを向いたまま泣いているのに気が付きました。
 【みゆき、どうした、何故泣く?】
 『何でも無いの。あなたと離れて暮らすのが急に淋しくなって。・・・』
 【みゆき!】
 私は切なくなって妻を抱き締めました。
 しかし、妻はそれ以上の事は断固として拒否します。
 『気分じゃないの。なし崩しにエッチしたくない。』
 そう言われると、手出しが出来なくなり、布団を被ってふて寝する羽目になってしまいました。
 
 翌日【なあ、ゴールデンウィークに二人で旅行しないか?何とか休みが取れそうなんだ。】
と言うと妻は。
 『ごめん、もうお友達と旅行予約しちゃったの。』
 【何だよ、そんなの断れよ。友達なら何時でも行けるだろう。俺は中々休みが取れないんだぞ。】 
『でも・・・』
【まだずっと先の話じゃないか。キャンセル料だって取られないんだ。断れよ。】
『相談してみますから、少し待って。』
 仕方なく、後で連絡する事で了承し、妻が帰って行きました。2月の事でした。

 翌週夜9時に電話してみました。しかし妻は出ません。携帯にも電話してみました。しかし〈~電源が入っていないか~〉例のアナウンスが聞こえたので切りました。
 夜はめったに外出しない妻が居ません。どうしたのかと思っていたら夜11時過ぎに、それも携帯にメールが入っていました。
 この間、妻のバックから携帯の着信メロディが聞こえて来たので問うと、娘との連絡用に買ったと聞き、私にも番号とメアドを教えるよう言ったら。
 『でも、めったに使わないし、家の電話で間に合うから。それに携帯の会社が違うから高く付くし。』と最初渋りましたが、重ねて言うとしぶしぶ教えてくれたものでした。
 メールには。
 『ごめんなさい。今夜は例の件でお友達とお話しながら飲んでいました。着信に気が付かなかったの。もう遅いからメールにしておきます。』
 そこで携帯に掛け直すと、やはり電源が切られています。
 仕方なくその日は寝ました。


【ドルチェ・アマービレ】(23)PageTop【プリムローズ】(9)

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://xhiro2007.blog21.fc2.com/tb.php/287-c2c6493b

プロフィール

HIRO(S)

Author:HIRO(S)
HN:HIRO(S)
年齢:秘密
性別:秘密
地域:関東地方
動機:gooで削除されたので。
一応フィクションとしてますが、ナイショ
写真は・・・・いけないんだぁ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログランキング

投票してね。

FC2Blog Ranking

セレクト・ショップ

あみ・あみ

グッズ
ソフマップ

ラブ・アゲイン
私設私書箱センター
2Candys
最近のコメント

月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター