【プリムローズ】(13)

 【ベス、お前もこっちにおいで。詩織君の上に重なるようにしなさい。】
ベスが私の上で四つん這いの格好をする。ベスの胸が背中に当たる。ボリュームのある柔らかい胸。乳首が硬くなっている。白人女性も硬くなるのね。
ベスは体重が掛からないように加減してくれている。
オジサンは二段重ねになった私達を満足そうに見ている。入ったままのオチン○ンがまた少し大きくなるのが感じられた。
オジサンは十数回私の膣で出し入れしてから、一気に引き抜き、ベスのオマ○コに挿入した。
俗に言う鶯の谷渡。
ベスが突かれる度に私のカラダも動かされる。
『Oh no 抜かないでぇ。』
オジサンのオチン○ンが戻って来た。ベスの愛液が混じったオチン○ンが出し入れの度に、私のオマ○コからヌチャ、ヌチャ音を響かせる。
 恥ずかしいと言う感覚は既に無く、ただ少しでも長く、膣を満たして欲しかった。
 しかし願いは叶えられず、最初と同じ回数のみ抽送して、オジサンのオチン○ンが出て行ってしまう。
 『いやぁ・・オジサン・・・抜いちゃイヤダァ・・・ヒドイよぉ・・お願い、行かないで。詩織に止めを・・・逝かせて。・・・』
 『OH、ゼロ!・・・Come、Come。イイ・・もっと』
 『あ~ん、あん、あん、イイ、あ~イイ。あっ、あっ。』
 『No・・Oh、No・・ゼロ。』
 私とベスが交互に泣き叫び呻く。時間の感覚も、どの位声を張り上げているのかも判らず、オジサンの為すがままに翻弄される。
 快感がいつの間にか苦痛に代わり、その苦痛もやがて快感に繋がる。
 逝きたくても逝かせて貰えず、ヤメテ欲しくても止めて貰えず、逃れようとしてもベスに阻まれ、私もベスの邪魔をする。
 ベスも私も絞れるだけの愛液を絞りだし、涎や涙も枯れ果て床に崩れ落ちてしまった。それでもオジサンの抽送は止まらない。


 ふっと気の遠くなる瞬間が訪れ、目の前が白く泡立つ。カラダが勝手に宙をさ迷う。
 意識が戻りベスを見る。ベスは私の隣で荒い息をふいごの様に吐いて居る。息を吐くだびにオマ○コから白濁液を垂らす。
 また、ベスに出したの? ほっとする自分と悔しがる自分。
 ベスがカラダを動かし寝返りを打つ。白いお尻が今は真っ赤に染まり痛々しい。
 【詩織君、悪いが綺麗にしてくれないか?】
 オジサンが力を失ったオチン○ンを指さす。
 私は誘蛾灯に誘われる蝶の様にふらふらと近づき、下から捧げ持つようにして、そっと口付けしていた。
 『美味しい・・・・』
 私がこんな事を言うなんて。今まで何本もオチン○ンを銜えて来たけれど、美味しいと思ったことなんかない、むしろ余り銜えるのは好きじゃなかった。なのにオジサンのオチン○ンは美味しいと感じた。
 特別大きい訳じゃない、特別硬くも無い。言って見れば並みのオチン○ン?なのに。
 ベスと私の淫汁、おまけにオジサンの精液がこびり付いているのに何故か美味しい。
 亀頭から根元へ口を大きく開け飲み込み、舌を絡ませしゃぶる。
 わざと音をたて、時々上目を使ってオジサンを刺激する。
 オジサンが気持ち良さそうに目を細めたり、眉をひそめたりする姿を観察する。
 オジサンが悦んでいる。そう思うと幸せを感じた。
 オジサンがため息を付いたり、呻き声を出すと愛おしくて堪らない。


【疑惑のテンポラリーファイル】(8)PageTop【ドルチェ・アマービレ】(27)

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://xhiro2007.blog21.fc2.com/tb.php/300-dbd07bb5

プロフィール

HIRO(S)

Author:HIRO(S)
HN:HIRO(S)
年齢:秘密
性別:秘密
地域:関東地方
動機:gooで削除されたので。
一応フィクションとしてますが、ナイショ
写真は・・・・いけないんだぁ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログランキング

投票してね。

FC2Blog Ranking

セレクト・ショップ

あみ・あみ

グッズ
ソフマップ

ラブ・アゲイン
私設私書箱センター
2Candys
最近のコメント

月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター