スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【疑惑のテンポラリーファイル】(9)

 『あぁぁ~ください・・・下さい、お願いします。』
 妻があの貞淑な妻が・・・私の目の前で・・・しとどに濡れたオマ○コを開いています。
 指に絡みつく陰毛はグッショリ濡れそぼち、肌に張り付いていました。
 【何が欲しいのか、言ってくれないと判らないよ、奥さん。】
 奥さんと、呼びかけられる度に、膣口が収縮し中から淫液が垂れてきました。
 『アレを・・・あなたのモノを・・下さい。』
 【チ○ポだろう奥さん。はっきり言ってよ。】
 私は頭の中で鳴る警鐘を無視して妻を言葉で嬲り続けてしまいました。
 『いや、いや。そんなこと・・・言わせないで。』
 妻は頭を左右に振り、拒絶しようと小さな抵抗を試みます。が、カラダは正直です。
 妻の腰も左右に小刻みに揺れます。
 【言わないのなら旦那のチ○ポを入れて貰いな。俺は帰るわ。】
 『いやぁ、いやぁ。行かないで。主人では・・・主人のじゃ・・・ダメなの。お願いあなたのチ○ポ入れて下さい。』
 【おれの大きくて太いチ○ポだ。】
 『あなたの・・・太くて大きいチ○ポを下さい。』
 【太くて大きくて硬いチ○ポだ。】
 『あぁ・・あなたの太くて大きくて硬いチ○ポです。』
 【どこに欲しいのか言いなさい。】
 『わたしの・・・みゆきのアソコ・・です。』
 【奥さんは学習しないな。つまらないわ、俺帰る。】
 『あぁ、ごめんなさい。・・・みゆきの・・みゆきのオマ○コ・・です。みゆきのオマ○コに、あなたの太くて大きくて硬いチ○ポを入れて下さい。』
 妻は・・・こんなに恥かしい事を言ったのは、初めての事でしょう。全身が赤く染まり発汗で濡れ光っています。
 【欲しければ自分で入れなよ奥さん。】
 私は仰向けになって言います。
 私も先程からの妻の痴態に、ギンギンに勃起して、痛い位になっています。
 妻は躊躇いつつも私に跨ります。そしてチ○ポに手を添えオマ○コの位置を探り探りしながら亀頭を膣口に宛がいます。
 一つため息を付いた妻は静かに腰を落として行きます。
 『はぁぁ・・イイ。』
 一番深くまで腰を落とし子宮に当たる感覚を味わった後、おもむろに腰を浮かせ落とします。
 『あっ、あっ、あぁ、あっ、あっ、あぁあぁ。』
 短い喘ぎが妻の口から洩れます。
 私はそんな痴態を見せる妻が、なぜか無性に腹ただしく思い、妻のお尻をそれ以上落とせないように手でブロックしてしまいました。
 『いやぁ・・止めないで・・・手を退けて・・』
 動きを止められた妻が哀願します。
 【奥さん気分を出しているじゃないか。自分から腰を振るなんて旦那に悪いと思わないのか?】
 妻は一時私の事を忘れてセックスに没頭していたのです。
 『あぁ、ごめんなさい、あなた。みゆきを・・イヤラシイみゆきを許して。でも、だめなの。我慢出来ないの、腰が勝手に動いてしまうの。あなた、あなたゆるして。』
 自分でもこれほど意地悪だとは思いませんでした。妻を言葉で苛める事に快感を覚え歯止めが利かないのです。
 私を裏切っている。疑似彼に嬲られている妻を、悦びの声を上げる妻が憎らしく思えるのです。
 何故なんだ。他の男に嬲られて悦んでいるのか?私の知っている貞淑な妻はどこへ行ったのだ。それともこれがみゆきの本性なのか?私ではそこまで感じさせることが出来なかったのか?私じゃ感じないのか?
 千路に乱れる心を偽りさらにエスカレートしてゆく私。
 【奥さんもう俺と離れられないだろう?どうだ、おれの奴隷になるか?】
 SMビデオで男が言うセリフです。奴隷・・・セックスの奴隷・・・なんて女性を冒涜する言葉でしょう。
 でも、私はさしたる抵抗も無くスラスラと口にしました。言ってから私の中にそう言う願望が有る事に気付いてしまいました。
 妻を奴隷に・・・セックスの時だけは奴隷にしたい。何でも言う事を聞く女にしたい。私のどんな要求も拒まない女にしたい。結婚以来セックスに淡白な妻を、イヤラシイ事を拒まない妻にしたかった。そんな願望を持ち続けていたのでした。
 【どうだ奥さん。奴隷になれば毎日でも抱いてやるぜ。嫌と言うほど感じさせてやる。オマ○コが乾く暇も無い位嵌めてやるぜ。】
 ことさら野卑な言葉を使いました。
 『あぁ、なる。なります。奴隷になりますから突いて。』
 妻のこの言葉に怒りがこみ上げて来ます。同時にこんな事を言う妻を、ここまで言わせる疑似彼に畏怖の念を持っているのです。
 【奴隷になったら毎日抱いてやる。その代り旦那とのセックスは禁じるぜ。他の男が使ったオマ○コは嫌だからな。それから生嵌め中出ししかしないからな。妊娠しても構わないな。】
 人妻に言う言葉では無い。そう思いながらも疑似彼の私は自分の所有物になったみゆきを独占したくて言います。
 『あぁ・・・そんな事出来ない。夫を愛しているの。夫に抱かれたいの。』
 当然です。さしたる理由も無く夫を拒むことは出来ないでしょう。まして愛していると言ってくれるのです。私はほっと胸を撫で下ろしました。
 【奴隷になるんじゃないのか?なら、止めようぜ。】
 『いやぁ・・・だめ、ダメなの。夫をこれ以上裏切れない・・・あぁでも、カラダが・・熱い・・・カラダが疼く。・・・・どうしたら・いいの?・・・あぁ・・みゆきおかしくなる。』
 私は引導を渡すように下から一気に膣奥目がけ突き上げました。重い衝撃に妻が呻き声を上げます。二度三度と突き上げ、また先程と同じ様に手で支えてしまいます。
 『あぁぁぁ・・ごめんなさいあなた。みゆきは・・みゆきは・・お願いします、私を奴隷にして下さい。何でも言う事を聞きます。夫ともセックスしません。お願いです。』
 堕ちた。妻は完全に疑似彼に支配されてしまいました。
 それからの妻は下から突き上げる私に翻弄され、あられも無い痴態を繰り広げ乱れに乱れます。
 オマ○コから白濁した本気汁を流し、太股は愚か膝下までバターを塗りたくったように粘つく淫液で濡らしています。
 1度射精した私も2度目の射精の時を迎え様としています。
 【奥さん・・・みゆき。中で出すぞ。】
 『あぁ・・来て。来て、出して。』
 妻はもう中出しを嫌がりません。疑似彼である私の精液を注がれる事を望んでいます。
 妊娠の可能性もこの際気にならなくなりました。3人の子供と年の離れた子供。出来たら出来たで育てる積りでした。
 子宮に注がれる精液で妻がどんな反応を示すか、それを知りたかったのです。
 『あぁ・・・出ている。あぁん熱い。いっぱい、出ているぅ。・・・みゆき・・汚されちゃった。あなた・・みゆきを許して。愛しているの。汚れていてもあなたを愛しているわ。愛しているのはあなただけ。・・・でも、カラダは・・言う事を聞いてくれないの、許して。』
 妻の心お動きが益々判らなくなりました。
 愛していない男に抱かれ、中出しを許せる妻と愛しているけどセックスはしないと口走った夫。妻の心はどちらに有るのでしょう。
 しかし考える気力が湧きません。2度の射精で体力を消耗した私は猛烈な睡魔に襲われ、妻のカラダの上で寝てしまったのです。

 翌朝目覚めると妻が居ません。慌てて起き上がり部屋を出ました。
 『フン♪フン♪フン♪』
 キッチンから妻の鼻歌が聞こえてきます。ジュウジュウ炒める音が聞こえます。
 『あら、あなた起きたの?まだ寝ていても宜しいのに。』
 妻はご機嫌な様子です。
 【みゆき・・・夕べ俺。】
 『あなた。昨夜は凄かったわ。結婚して以来初めてです。あんなに感じたの。私あなたに愛されて幸せよ。ありがとう、お疲れでしょう。今日はゆっくり休んで下さい。』
 疑似彼プレイの事は聞けませんでした。妻の、何のわだかまりも持っていない様子にホッとした気分と愛おしさにキッチンに立つみゆきを後ろから抱き締めてしまいました。
 『あっ、あなた。危ないわ。もう、お互い若くないんですから。朝っぱらからいやらしいわ。』
 妻は怒っているのでは有りませんでした。むしろ続けて欲しい様子です。
私は妻の頤に指を掛け心持上を向かせ、kissをしました。
 この日は、昨夜の異常愛にも係わらず、凄く満ち足りた気分でこれまでにも増して妻を愛していたのです。それなのに・・・・


【プリムローズ】(14)PageTop【ドルチェ・アマービレ】(28)

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://xhiro2007.blog21.fc2.com/tb.php/304-8bd6a7c2

プロフィール

HIRO(S)

Author:HIRO(S)
HN:HIRO(S)
年齢:秘密
性別:秘密
地域:関東地方
動機:gooで削除されたので。
一応フィクションとしてますが、ナイショ
写真は・・・・いけないんだぁ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログランキング

投票してね。

FC2Blog Ranking

セレクト・ショップ

あみ・あみ

グッズ
ソフマップ

ラブ・アゲイン
私設私書箱センター
2Candys
最近のコメント

月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。