スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ドルチェ・アマービレ】(32)

 『もう止めて。おかしくなる、お義父さま・・・助けて・・』
 聖さんの声が切羽詰まったものになる。全身に痙攣が起き始める。
 教授の指が何処か急所を触ったらしい。聖さんのカラダが跳ね下半身が暴れだす。
 教授はその動きを抑え込み更に執拗に秘所を弄っている。
 太股を伝い流れる愛液がサラサラしたモノから粘つくモノに変わっている。
 『アウッ、アアッ・・・アッ、ウー・・・』
 もはや言葉の意を呈していない。呻き声だけが室内に鳴り響く。
 突然カラダがピンと張り詰め深いため息とともにドサっと弛緩した。
 聖さんは、無理やり教授に開かされた足を閉じる力も無く、グッタリとしている。
 聖さんのアソコだけがヒクヒクと動きを見せ、蜜液を垂れ流していた。
 その格好のまま、教授は三船さんに見せ付けている。
 【聖、三船も心配しています。もう止めましょうか?】
 『・・・・・』
 答えられない聖さんは、顔を捻じ曲げ三船さんを見た。
 三船さんは声を殺して泣いていた。身動き取れないカラダに涙が毀れている。
 それなのに三船さんの男根は大きくなっていた。
 聖さんが這いつくばったままにじり寄り、三船さんの大きくなったオチン○ンに頬ずりする。
 その聖さんのカラダを教授は無理やり引き離し、届きそうで届かない位置に据え直した。
 『ああ、いやぁ!お義父さま・・・』
 教授の手が聖さんの胸を握り締め、力を込めて絞る。
 痛みに背中を丸めた聖さんはお尻を教授に向けた格好になってしまった。
 すかさず教授が聖さんのお尻に顔を埋める。
 直ぐにピチャピチャと濡れた音が響く。聖さんの腰が蠢き左右に振られた。
 その動きは嫌がる動きでは無い。
 『た、拓人様・・・気持ちイイ。・・・・気持ちイイです。あぁ、イイ。』
 聖さんの声は艶めかしい響きを湛えている。
 聖さんは手を一杯に伸ばし三船さんのオチン○ンを握り上下に擦っている。
 その動きは教授の動きと連動しているように見える。聖さんの受ける刺激を手に伝えている様子だ。
 【そろそろ欲しくなりましたか?】
 教授の問い掛けに今度は躊躇いも見せず聖さんは答えた。
 『ほしい・・欲しいです。・・・下さい拓人様。拓人様のオチン○ンを聖に下さい。我慢出来ません、お願いします。』
 気の強そうな聖さんは何処にも居ない。
 【おやおや、三船を差し置いて私が聖を抱いても構わないのですか?】
 教授がまた言葉で苛める。
 聖さんは判って居て、そんな事を言う教授に恨めしそうな目を向けて言う。
 『お義父様の事は言わないで、聖を黙って抱いて下さい。』
 【でもねえ、三船が見ている前で抱かれても構わないのですか?それとも三船の前だから抱かれたいのかな?】
 聖さんの顔色が一瞬だけ暗くなった、が、何かを吹っ切ったように一つ頷くと聖さんが答えた。
 『・・・お義父様の前だから・・・お義父様に見て頂きたいから・・・抱いて下さい。』
 躊躇いを捨てた聖さんに教授が追い打ちを掛ける。
 【お上品に答えるのでは無く、私を悦ばすように言いなさい。】
 教授が何を求めているか聖さんは瞬時に悟ったらしい。
 しかし、流石に暫く押し黙って居る。その間にも教授の舌が聖さんの股間を刺激している。
 また一つ頷いたあと、聖さんが言う。
 『オマ○コ。・・・・オマ○コして下さい。聖のイヤラシイ、オマ○コに拓人様の・・・拓人様の大きくて硬いオチン○ンを・・・下さい。・・・嵌めて・・オチン○ンを打ち込んでぇ・・・』
 聖さんは普段の落ち着いた大人の女性の顔を脱ぎ棄てて、情欲に溺れる淫乱な貌を覗かせていた。
 【尻を高く掲げて。両手で良く見えるように尻肉を拡げなさい。】
 聖さんは首を私の方に捻じ曲げて顔を床に付け、胸まで床に付けお尻だけ高く掲げ、両手で左右のお尻の肉をそれぞれの手で拡げた。
 私の方に向けられた顔の中で、勝ち誇ったように目が輝き唇が舌で舐めまわされる。
 【いくぞ。】
 教授の手が聖さんの腰を掴み腰が少し前に突き出され・・・・教授のオチン○ンが狙いを定めるように、上下左右に振られる。
 聖さんのカラダが小刻みに揺れ、期待に慄いて居る。
 
 『きゃぁ!』
 ドシンと言う音と共に聖さんが横倒しに倒れている。
 教授は尻もちを付いて居た。
 『いやぁ!。。。教授はダメェ。。』
 綾歌が2人の間に飛び込んで居た。正確に言うと教授の胸に飛び込み聖を弾き飛ばしたのである。
 『教授は・・・教授は聖さんには渡さないもん。ひっく、ひっく、渡さないもん。』
 綾歌は教授の胸に額をお押し付け、泣いている。
 聖は欲情に濡れた顔に怒りの表情を浮かべて綾歌を睨みつけたが、綾歌の泣き顔を見て一つ大きなため息を付き、諦めたような表情になる。
 綾歌の髪の毛を優しく撫でる手が有る。
 大きいが繊細な指の持ち主。
 教授の手が何度も何度も綾歌の髪の毛を撫でる。まるで愛撫の様な動き。
 優しく撫でられて居る綾歌の涙がやがて止まる。
 不意に綾歌が顔を上げ、教授の顔を下から真っ直ぐ見つめた。
 『教授、教授、教授。・・・・・私、わたし・・・・』
 教授が綾歌の頭を抱き抱え自分の胸にギュッと押し付けた。
 【黙って。何も言わなくていい。・・・・綾歌。】
 教授が初めて君無しで呼ぶ。呼ばれた綾歌の胸に不意に暖かいモノが溢れ、また涙を浮かべた。
 抱き締められている教授の腕の力が強くなり、押し付けられた胸の奥で、心臓の音が大きくなった気がした。
 【この次のオーデションには絶対受かるのですよ。】
 『はい♪教授❤』
 すっかり機嫌が良くなった私が居た。


【疑惑のテンポラリーファイル】(12)PageTopお詫びm(__)m とか言い訳

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://xhiro2007.blog21.fc2.com/tb.php/314-939e07c2

プロフィール

HIRO(S)

Author:HIRO(S)
HN:HIRO(S)
年齢:秘密
性別:秘密
地域:関東地方
動機:gooで削除されたので。
一応フィクションとしてますが、ナイショ
写真は・・・・いけないんだぁ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログランキング

投票してね。

FC2Blog Ranking

セレクト・ショップ

あみ・あみ

グッズ
ソフマップ

ラブ・アゲイン
私設私書箱センター
2Candys
最近のコメント

月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。