スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【プリムローズ】(17)

『オジサン・・・』
 オジサンは私の横をすり抜けるように奥の部屋に向かった。
 部屋の中には、見た事もない道具が一杯有った。どれもが恥ずかしい事に利用される事は想像が付く、が、どの様に使われるのか、は、判らない。
 床には鉄の輪が2か所埋め込まれている。天井には工場に有るウィンチ。レールで場所が移動できるようになっている。
 婦人科の診察台はさっき話した。でも、病院に有るものと微妙に違う。どこがどうとかハッキリ言えないが、違う気がしてしょうがない。
 部屋の壁にはX字に組まれた柱が2か所に有る。
 普通のラブホテルと同じだったのは、浴室。透明なドアで仕切られているが、どこにも有りそうなものだった。中を覗くと取り立てて変わらない造りだった。ただ、換気扇が通常より大きい気がした。それだけだった。
 ベッドもごく普通の物これも壁が一部棚を括りつけたような所と垂直に取り付けられている。
 アラームもホテルと同じ造り。ティシュボックスも置かれている。その横に明るい家族計画も。
 気になるのは、浴室の右側に敷かれているビニールシート。何に使うのか良く判らない。
 オジサンはベッドに腰掛け両手を後ろに突き足を組んで座る。
 この間・・・・陣傘代議士に追いかけられた夜の、態度とは別人の様だ。
 私は物珍しいので、辺りをキョロキョロ見回していた。
 オジサンは何も言わず、辛抱強く待っている。
 私は知っていながらも、オジサンの方をまともに見られなかった。
 この部屋で行われようとしている事が恥ずかしくて、ワザと視線を外している。
 『へぇ~、こんな風になって居るのね。キャ、これ嫌だ、イヤラシイ。』
 『わぁ、こんな道具も使うの?・・・変態だよね。』

 SMホテルに来て、普通のセックスで済む訳がない。それは判るのだけれど、いざその場だと何も出来ない。
 良く小説などでは、いきなりスイッチが入ったように、
 『ご主人様』だの『苛めて下さい。』だの『オチン○ンを下さい。』とか、『私はご主人様の奴隷です。』なんて、真面目な顔をして言うシーンが描かれているが、一度醒めた欲情は簡単には戻って来ない。
 照れが私を支配している。
 ダメだ。今夜は帰ろう、そう思って口を開きかけた。と、オジサンが機先を制し話し掛けてきた。
 【詩織君、君はここへ泊って行きなさい。私は帰る。】
 オジサンはそれだけ言うと立ち上がりドアの方へ歩き出した。
 私は慌てた。自分のセリフを取られて頭の中が真っ白になってしまう。
 オジサンは私の脇を通り抜ける時も、素知らぬ顔だった。
 もう今の自分とは関係の無い事象、ぐらいにしか思っていない様子だった。
 人間の心理は判らないものだ。自分に関心が急に無くなってしまった事が判明すると、途端に惜しくなる。悔しさが込み上げて来た。
 なぜ? 私が欲しくないの? ここまで来て帰ってしまうの? 抱いてよ! ねえ、オジサン・・・ 意地悪しないで。 詩織を可愛がって。 私が悪かったの、ねえ。
 行かないで。 帰らないで。 抱いてよ。 抱いて。 抱いて下さい。
 詩織は悪い子です、オジサン・・・ゼロ様・・・詩織を許して。 許して下さい。
 何でも言う事を聞きます。 詩織が悪い時には罰して下さい。 詩織が悪いの。
 やだ、いやだ。 いやです。 帰らないで。 
 やだ、やだ、やだ、やだ。
 どんどん切なくなる。 取り残される恐怖に震えが生じる。
 このまま別れたら、一生オジサンには逢えなくなってしまう。強迫観念が私を支配し、行動を取らせた。
 私は急いでオジサンの後を追い、足に縋り付く。
 着ているものを急いで剥ぎ取り、脱いだ物をオジサンに差し出す。
 生まれたままの姿で、手を頭の後ろで組む。足を広めに開き全てを晒す。
 脇の下を曝け出し、胸を突き出し、柔毛を披露しオマ○コを剥き出しにした。
 太股に熱い淫液が伝い降りて来た。
 一杯濡らしていた。オジサンの目が私の裸を漸く興味深げに見た。
濡らしている事を知られた恥かしさより、濡らしている事を。オジサンに見られて濡らしている事を教えたい自分が居る。
一杯濡らしている事を誇りに思っている自分が居た。
【それが奴隷の正式なポーズだよ。良く出来たね。】
オジサンに褒められた。
笑みを浮かべるよりも、涙が頬を伝っていた。
幸せな涙。オジサンに認められた悦び。これからはオジサンの『奴隷』で居られる。安堵の気持ちが、緊張を解し、同時に涙が出た。
ミストレス・・・・今この瞬間はその事を忘れた。




やっと更新。。PageTop【疑惑のテンポラリーファイル】(12)

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://xhiro2007.blog21.fc2.com/tb.php/316-1868d2a0

プロフィール

HIRO(S)

Author:HIRO(S)
HN:HIRO(S)
年齢:秘密
性別:秘密
地域:関東地方
動機:gooで削除されたので。
一応フィクションとしてますが、ナイショ
写真は・・・・いけないんだぁ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログランキング

投票してね。

FC2Blog Ranking

セレクト・ショップ

あみ・あみ

グッズ
ソフマップ

ラブ・アゲイン
私設私書箱センター
2Candys
最近のコメント

月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。