スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【プリムローズ】(18)

オジサンが私の目を覗き込んで、目配せする。
 オジサンの目は自分の股間を示していた。私は組んでいた両手を外し、ズボンのジッパーに手を掛けた。
 ゆっくり降ろして行く。その間オジサンの目線から外さず眼を真っ直ぐ見詰めていた。
 ジッパーを開けながら唇を舌先で舐め、淫靡な雰囲気を作る。
 オジサンのズボンの中に手を差し入れ、オジサンの分身をそっと掴む。それは期待に反して柔らかい。
 自分の女としての魅力を否定されたようで、がっかりする。今まで付き合った男達は、今のような刺激で皆勃起していた。
 なかにはこの位の刺激で暴発した同級生もいたのに・・・急いで身を屈め、捧げ持つ様にオジサンのオチン○ンを取り出す。
 黒々としたそれは、ダランと垂れ下がったまま、私の目の前にある。
 パクリ。音を立てるような感じで口に銜える。
 シャワーを浴びていないオジサンのオチン○ンはちょっぴりアンモニア臭と雄の匂いがした。
 しかし直ぐに気にならなくなり、根元まで飲み込む。
 吸い込むような刺激を加え反応を確かめる。
 ピク、ピク。オジサンのオチン○ンが私の口の中で息づく。心なしか茎胴の太さが増したように感じられる。
 続けて唇をすぼめ口腔内で亀頭を絞めてみる。・・・・面白いように大きく硬さが増す。
 私の刺激でオジサンのオチン○ンが大きくなるのが嬉しい。
 オジサンが感じている。オジサンは私のお口の刺激で感じてくれている。そう考えると堪らなくなる。悦びが全身を駆け巡る。
 オジサンが気持ち良くなってくれることが、嬉しくて、嬉しくて堪らない。
 チュパチュパ音を立てて聴覚も刺激した。とてもいやらしい舐め方で視覚を刺激し淫靡な音で聴覚を刺激し、時には軽く歯を立ててオチン○ンを舐る。
 喉の奥に硬いものが突き当たる感覚。喉の粘膜がピタリと張り付く感覚が刺激的だ。
 これも今までに無い新鮮な感覚。昔の男達にはこんな事はさせてやらなかったし、やりもしない。せいぜい亀頭をお情けで刺激してやった位。なのに・・・大胆に銜え喉奥まで受け入れている。
 どうしてなのだろう?ふと疑問が頭をよぎるが、オジサンの鈴口から先走りの苦い液が溢れ出している。それを啜ると頭がクラクラして思考能力を奪われてしまう。。
 雄の匂いが増す。呼吸が荒くなる。喉の粘膜が痺れる。子宮がキュンと収縮する。
 目の前が真っ白になった。
 数秒で元に戻ったが視界がぼやけていたのは間違いない。
 私は口で銜えただけで逝ってしまったのだ。
 息苦しくなって口を1度離す。
 目の前でオチン○ンが雄雄しく、その存在を誇示している。
 表面に浮き出た太い血管が膨れ、所々に瘤を作り出している。
 無修正の漫画だと表面はツルンとして描かれているが、実物はあんなに形の良いものではない。むしろグロテスクだと思う。
 初心な女の子なら目の前のオチン○ンに恐怖を感じるだろう。オジサンのが、と言う意味ではない。 男の雄器官が、と言う意味。
 先端恐怖症を持っていたら、パニックに襲われるるは確実。
 ユラユラ揺れるオチン○ンにまた唇を近づける。催眠術をかけられたような気分。
 普通なら怖いと思うオチン○ンが、アイスキャンディに見えてしまう。
 表面をペロペロした。美味しい。
 やだ。私どうかしている。オシッコの出る所を舐めて美味しいと思うなんて・・・オジサンもそうなのかな?私のオマ○コ・・・オシッコで汚れた所を平気で舐めてくれる。勿論ちゃんとシャワーを浴びているけど・・・・気分的にと言う意味。・・・・美味しいのだろうか?自分ではアソコはかなりグロいと思っているから、良く舐められるな。なんて昔の男達を思い出して考えるが、オジサンには・・・舐めて貰いたい。グロくても、舐めて欲しい。
 何故なのだろう?オジサンにされると全てが好ましく思ってしまう。ただ触られているだけ、腰に手を置かれているだけでも、置かれた場所から体中に電流が走り、脳を刺激し、胸を高鳴らせ、腰が自然と動き・・・オマ○コを濡らしてしまう。
 ビチョビチョと表現するのが生温い感じ。お漏らししたみたいに恥ずかしい液体を振り撒いている。
 後から後から溢れ出てしまう。
 『オジサン・・・詩織・・もう・・・あっ・・また逝く・・・イッちゃう、逝っちゃいます。イク、イク、イクゥ・・・』
 こんな事有るの。グッタリした体を横たえたまま、床の上で今の出来事を考える。
 怖い。感じすぎて怖い。初めてだ。こんなに簡単に逝かされるなんて・・・
 この間よりも感じ方が早い。
 どんどんカラダを開発されていくような気分に陥る。
 何処まで感じるカラダになるのだろう。・・・・されるのだろう?
 オジサンの腕が私を支え起こそうとしている。グッタリ弛緩したカラダは重いはず。
 オジサンが唇を突き出す。
 私は貪るように吸い付く。口の中に少し酸っぱい味が広がる。
 あっ、・・・・オジサンの口の中は私の恥ずかしい液で汚れていたはず。
 自分が吐き出したエッチな汁の味を初めて味わう。
 不味い・・・オジサンはどうして美味しそうに舐めるの?
 男は女の汁を美味しく感じ、女は男の汁を美味しく感じるように出来ているのだろうか?
 先走りの液でこんなに美味しく感じるのなら・・・・精液は・・・嫌だ、私アタマが可笑しい?男の人の精液を・・・飲んでみる?馬鹿馬鹿しい。可笑しいわよ私・・・でも、物は試し・・と言うし・・・・・・・飲んで見たい・・・・・・・・・飲みたい・・・・飲ませて・・・。
 淫靡な3段論法が私の頭に忍び寄る。飲むのではなく飲まなくては・・・与えて欲しくてカラダが揺れる。
 『オジサン・・・ゼロ様・・・飲ませて下さい。・・・ゼロ様の精液下さい。』
 私はチョー淫乱な女になってしまったのだろうか?
 何かが化学反応を起こし、私のカラダを作り変えてしまったのだろうか?
 こんな恥ずかしいおねだりする女だったかしら?頭の片隅で詩織が呟く。
 『だったのよ。』詩織が答える。
 お口に出された時、直ぐには飲みこまなかった。
 舌の上で溜めオジサンに見てもらったのだ。
 どうしてそんな事をしたのか今でも判らない。でも、その時はお口でオジサンを受け止めた私を見て貰いたかった。褒めて貰いたかった。
 やっと判った。私は精神的に・・・心の底からオジサンのモノになりたくてしょうがなかったのだ。オジサンのモノとして振舞う自分に酔っていたの。感じていたの。
 もう、ミストレスとしては失格だ。精神的に依存してしまっている。
 ボンヤリと自覚してしまった。
 それでも、構わないと思う自分がいる。
 それでも、オジサンには隠しておこうとする自分もいる。
 人間は・・・・多重人格の持ち主なのね。多かれ少なかれ、特に女は・・・そう、上手い下手は有るけど、何かしら演じている女優のようなものだ。
 強い自分、バリバリ働く自分、弱い自分、甘える自分、泣く自分、怒る自分、拗ねる自分・・・・笑う自分。
 そう、単純な女なんて居ない。真面目な女、不真面目な女、固い女、股のゆるい女・・不感症の女、淫乱な女・・全ての人格は一人の女性の中に存在する。
 複雑なのね。そう結論付ける。だから色々な詩織が居ても不思議な事は無い。
 気持ちが楽になった。
 今を・・・目一杯楽しめば良いと気付いた。
 何物にも縛られない自由な心、縛られたい心どちらも詩織だから・・
 オジサンの奴隷でありミストレス・・・何処にも矛盾しない。
 『抱いて下さい。滅茶苦茶にして下さい。』
 素直に言えた。


【疑惑のテンポラリーファイル】(13)PageTop【ドルチェ・アマービレ】(33)

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://xhiro2007.blog21.fc2.com/tb.php/319-24f7babf

プロフィール

HIRO(S)

Author:HIRO(S)
HN:HIRO(S)
年齢:秘密
性別:秘密
地域:関東地方
動機:gooで削除されたので。
一応フィクションとしてますが、ナイショ
写真は・・・・いけないんだぁ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログランキング

投票してね。

FC2Blog Ranking

セレクト・ショップ

あみ・あみ

グッズ
ソフマップ

ラブ・アゲイン
私設私書箱センター
2Candys
最近のコメント

月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。