スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ドルチェ・アマービレ】(35)

 緞帳が上がっていく。心臓の鼓動も早くなっていく。
 (ダメ!・・・逃げ出したい。)
 高いステージから暗い客席を見下ろす。観客の全てが見知らぬ人達。
 (どうしよう。・・・もう直ぐ始まる。)
 空ろな目で観客席を俯瞰する。
 と、最前列の余り良い席とはいえない、はっきり言って舞台を見るには悪い席の所に美歌の姿を見つけた。
 美歌の目がニコニコ笑っているのが見えた。美歌は片手を肘の所から曲げ、掌を私の方に向けて見えるように小さく手を上げた。
 【人】・・・・大きく人の文字が浮かんでいる。その掌を舐めるような仕種も付け加えた。
 (あはははは・・・)
 私は声を出さないよう苦労しながら微笑する。
 スーっと緊張感が引いていく。肩の力も抜け、強張った頬も緩む。
 (ありがとう、美歌。)
 美歌はこの間教授に教わった方法の失敗例、掌に人の文字を指で書いて飲み、緊張を解すやり方。 
それを教授が、マジックで書いてしまった失敗を再現してくれたのだ。
 綾歌は、素早く掌に何かを書いて飲み込んだ。勿論観客も気付いただろう。しかし、そこは学生の事、微笑ましい眼差しで見てくれている。
 美歌が後で聞いたら、綾歌が書いたのは、『アンナ』
 『アンナ・ネトレプコ』の事だった。
 「きゃはは、あんた面白いわ。」 美歌が笑っている。
 アンナ・ユーリエヴナ・ネトレプコは、ロシア出身のソプラノ歌手で1971年生まれ。その卓抜した実力と美貌で現代を代表するオペラ歌手の一人である。
 「幾ら今回の演目が椿姫だからって、アンナにあやかりたかったの?きゃはは、綾歌かあやかりたい。ダジャレか?アンタ。」
 散々笑ってくれたが、本当にあやかりたい・・・・彼女を超えたいと思ったから、あの場面で書いてしまった。だから笑われても反論できない。

 折角だから、オペラ『椿姫』のデータを披露します。(誰に向かって話しかけているの?綾歌・・・美歌(談)笑☆)

 『椿姫』はジュゼッペ・ヴェルディの作曲。原作はアレクサンドル・デュマ・フィスの戯曲『椿姫』で、初演は1853年3月6日 ヴェネツィア、フェニーチェ座である。
 3幕に分かれ第1幕30分、第2幕60分、第3幕30分合計約2時間の歌劇である。
 主な登場人物はヴィオレッタ・・・パリの高級娼婦。
 アルフレード・・・田舎出の青年、ジョルジョ・ジェルモン・・・アルフレードの父。

 あらすじは、
『第1幕』
時は19世紀半ば、舞台はパリ。社交界一人気のある高級娼婦ヴィオレッタの館では華やかな宴が催されてる。この宴にやって来た青年アルフレードは、「乾杯の歌」を歌って場を盛り上げる。彼は以前からヴィオレッタに恋をしていて、二人きりになると、彼女にその気持ちを告白する。
ヴィオレッタは、娼婦である自分は本当の恋愛などに縁はないと思っていたが、アルフレードの純粋な愛の前にとまどうのだった。

『第2幕』
 ヴィオレッタは社交界を離れ、パリ郊外の家でアルフレードと静かに、そして幸せに暮らしていた。
ある日、アルフレードの留守中に、彼の父ジェルモンが訪ねて来る。
ジェルモンは、ヴィオレッタの娼婦という過去が、娘(アルフレードの妹)の縁談に差し障りとなるので、息子と別れるよう彼女に迫る。
ヴィオレッタは自分の真実の愛を必死で訴えるが、受け入れられず、悲しみの中で別れを決意し家を出て行く。
別れの置き手紙を読んだ何も知らないアルフレードは、彼女の裏切りに激怒したのである。
 その夜、ヴィオレッタはパリの社交界に戻り、かつてパトロンだった男爵に手を引かれて現れる。
彼女を追ってきたアルフレードは、ヴィオレッタが、男爵を愛していると苦しまぎれに言うのを聞いて逆上してしまう。
彼は社交界の大勢の人前で彼女をひどく侮辱して悲しませるのだった。

 ここで休憩・・・ちょっとトイレに行ってきます。・・・覗くなよ。

『第3幕』
 数か月後、ヴィオレッタは自宅のベッドで横になっていた。実は難病に犯されていて、自分の最期が近づいている事を彼女は悟って居た。
そして、今や死を目前にしている所へ、アルフレードが駆け込んでくる。全ての事情を父から聞いた彼は、彼女に許しを請いに来たのであった。
二人はまたいっしょに暮らすことを誓う。でも・・・・
時はすでに遅く、ヴィオレッタは過ぎ去った幸せな日々を思い出しながら、息を引き取ったのだった。

 オペラの王道を行く悲恋物語である。
 主人公が高級娼婦と言う事が引っ掛かるけど。・・・だって綾歌何にも知らない乙女だもん。
 皆さんが知っているアリアは、2人が歌う2重唱の『乾杯の歌』とヴィオレッタが歌う『花から花へ』でしょうか? ← (だからぁ・・・誰に向って話しているの?)

 今更ながらに思うけど、オペラって・・・・乙女には恥かしいストーリーですね。娼婦だなんて・・・・学生が歌う歌なのかしら? 
 あっ、ゴメンなさい。教授からお電話が・・・
 『はい、綾歌です。ハイ教授! 本当ですかぁ? 行きます行きます。スグに支度して降りて行きます。』
 今日のご褒美に食事に連れて行って貰う事になった。
 今夜は・・・・『椿姫』じゃなくて、シンデレラ?白雪姫?
 
 【第2幕へ続く】なんちゃって! (^◇^) 


GWの過ごし方PageTop【疑惑のテンポラリーファイル】(14)

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://xhiro2007.blog21.fc2.com/tb.php/324-fdfa0206

プロフィール

HIRO(S)

Author:HIRO(S)
HN:HIRO(S)
年齢:秘密
性別:秘密
地域:関東地方
動機:gooで削除されたので。
一応フィクションとしてますが、ナイショ
写真は・・・・いけないんだぁ

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ブログランキング

投票してね。

FC2Blog Ranking

セレクト・ショップ

あみ・あみ

グッズ
ソフマップ

ラブ・アゲイン
私設私書箱センター
2Candys
最近のコメント

月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。