スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【プリムローズ】(20)

 『・・・・して・・・・ください。・・・・』
 小さな声。
 【聞こえないなぁ。】
 『もっと・・・強く・・摘んで下さい。・・・乳首を苛めて下さい。』
 オジサンは嬉しそうに頷くと、私から離れ、壁際の造り付けの棚から有るものを取りだす。
 鞭・・・どこかで見た事の有る物。
 それは乗馬用の鞭。短い1本棒で握りが少し太く棒の先に小さな平たい面が付くモノ。
 以前見たバラ鞭より大人しい作りに見える。
 私はホッとした。バラ鞭の禍々しさが無いせいで、大した痛みが無いと思い込んだのだ。
 甘かった。
 軽く振り下ろされた鞭は唸り、強烈な痛みが乳首から脳天まで走り、蹲ってしまう。
 その姿勢のまま背中に打ち下ろされる。
 『ギャァ・・ヒック、ヒック。』
 悲鳴と涙をオジサンに見せる。 
 背中にはミミズ腫れがクッキリと浮かんでいる。
 痛くて、痛くて、涙が止まらない。鞭がこれ程痛い物だとは想像も出来なかった。バラ鞭が子供の玩具に思える。
 『ひっ、ぎゃぁぁぁ。』
 もう1発。今度はお尻に食らう。
 背中がヒリヒリ痛み、お尻が焼けた様にジンジンする。
 『ヤメテ、お願い止めて下さい。痛い痛いの。』
 私は3発の鞭打ちで音を上げた。
【まだだ、もう少し我慢しなさい。もう直ぐ痛みに慣れる。】
 『ヤダヤダ、オジサン止めて。』
 『痛い、痛いよぉ・・・あぅぅ・・。』
 更にお尻を叩かれる。
 激痛が過ぎるとお尻の感覚が無くなっていた。脳内麻薬の効果が発揮されたのだろう。
 自分の身を守るために、分泌された脳内麻薬によって。
 『あぅん。あぁ。あう。』
 オジサンが優しいタッチでオマ○コを弄くりだした。
 『ああん。ああん。あぅ。そこダメェ。』
 詩織の花唇が左右に開かれ全てを見られる。
 包皮に包まれた陰核、その下の小さな尿道口、いつの間にか蜜を湛えている祕口・・全てがオジサンの目に晒されている。
 今夜が初めてではないのに、あからさまに見られると恥ずかしくて、顔が真っ赤になる。
 オジサンの息を陰核に感じた。
 お鼻を押し付けられて、舌先で祕口を舐められる。
 『あふ~ん。』
 甘い声が漏れる。
 脳内麻薬が分泌された状態でオマ○コを弄くられて、その快感に気が狂いそうになる。
 忘れられそうもない。
 この快感を得られるなら、鞭で打たれても良い。鞭で打たれたい。もっと打って、もっと虐めて。
 脳内麻薬は習慣性が無いはずなのに、止められそうもない気がした。
 人差指で陰核の包皮を捲られ小さな真珠が剥き出しにされた。
 優しく舌先で刺激されるものと思っていたのに、いきなり強く吸われる。
 『あひぃ・・イイ・・・うぅ・・そんな・・激しすぎ・・・る。』
 オジサンの口の中で陰核がぷっくり膨らんでいるのを意識する。
 歯で刺激され、真珠が一層硬くなる。
 オジサンの顔半分は私の愛液でベタベタに汚れきっていた。
 にゅるん、そんな音が聞こえた気がした。オジサンが指を祕口に挿し込んだ。
 オマ○コの入り口からスグの所、関節1個か2個分の所の上側を指の腹で擦りだす。
 少し盛り上がり、ザラついた肉壁。そのポイントをワザと無視して奥まで入れてきた。
 指を掻き回すように動かし私の反応を愉しんでいる。
 グチュグチュいやらしい音が私を追い込む。
 祕肉が勝手に蠢き、オジサンの指を食い締めようとする。
 私の指より太くてゴツゴツしたオジサンの指。
 この指が私の膣中にある。耐え難い痛みが嘘のように甘い。
 やがてこのカラダは、オジサン好みのカラダに変わって行くのだろうか?
 そんな予感が膣中から全身に小波のように拡がって行く。


【疑惑のテンポラリーファイル】(15)PageTopGWの過ごし方

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://xhiro2007.blog21.fc2.com/tb.php/326-0f054e74

プロフィール

HIRO(S)

Author:HIRO(S)
HN:HIRO(S)
年齢:秘密
性別:秘密
地域:関東地方
動機:gooで削除されたので。
一応フィクションとしてますが、ナイショ
写真は・・・・いけないんだぁ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログランキング

投票してね。

FC2Blog Ranking

セレクト・ショップ

あみ・あみ

グッズ
ソフマップ

ラブ・アゲイン
私設私書箱センター
2Candys
最近のコメント

月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。