スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【明日晴れるかな?】(16)

 「頃合はよさそうだな。そろそろ頂くとするか。」
 常務が声を掛けると女が真由美の股間から離れて、上半身の方へ移動しました。
 「い、いやだ。やめてよ、離して。」
 真由美は抵抗しようとしますが、拘束された手足は動きません。
 真由美の秘口に常務の亀頭が宛がわれます。
 2度3度と肉のあわいを寛げる様に上下させると秘口から蜜が溢れてきて、常務の亀頭を濡らします。
 先走りの液と混じり合い一層滑らかな動きを与えられて、常務がじっくり真由美の秘肉を味わうように、一寸刻みに押し込んでいきます。
 「うぅむ。」
 真由美が生々しい呻き声を上げます。
 引き裂かれるような感覚が真由美の膣に起こりました。
 真由美が今まで経験した男達はこんな感覚を与えた事が有りません。
 真由美の膣が壊れてしまう恐怖です。
 キツキツの肉洞に隙間なく張り付く熱い常務のシンボル。
 押し、引かれようとする動きに抵抗しぴっちり咥え込んだようになってしまいます。
 「締め付けるなよ。そんなに嬉しいのか?」
 真由美の神経を逆撫でするような言い方を常務はわざとします。
 その言葉に真由美が反応するのが愉しいのです。
 否定しようとする真由美ですが、張り裂けそうな股間の感覚に耐えるだけで精一杯で声が出せません。
 それでも、常務は押したり引いたりを試みます。
 上体の方へ回った女もあらゆる所を刺激して真由美を責めています。
 「うぁぁ。」
 切羽詰った声が上がりました。
 真由美です。
 絶え間なく上半身に与えられる刺激が、真由美のカラダを的確に追い上げていたのです。
 真由美の肌には汗が滲み火照るカラダを冷やそうと足掻いています。
 ズズッ。
 「あひぃ。あぁ。」
 遂に膣の抵抗に綻びが生じたのです。
 膣壁が自分を守ろうと分泌した液体が潤滑油になりました。そう、愛液です。
 一度緩むと後は何も抵抗出来なくなりました。
 潤んだ秘肉は綻び柔らかく常務の男根を包みます。
 常務のモノが前後に動き出します。秘肉を掻き分け出入りするそれは、ヌラヌラと濡れ光っています。
 粘性のある透明な液体が少しずつ量を増やしていきます。
 「あはん、あぁ・・あぁん。・・・うぅん。・・・はぁぁ。」
 真由美の呻き声が甘やかな声色に変わってきていました。
 その声を聞くと常務の動きが激しくなってきます、
 真由美に打ち付けるように、常務の腰が大きく躍動します。
 「ぬちゃぬちゃ。」
 真由美のアソコから卑猥な音が響いてきます。
 「うぁぁ・・・はぁん。」 「あぅん、あぁ。」 「ふぅ、はぁ・・はぁ。」
 真由美の息が途切れ途切れに吐かれています。
 常務の動きが変わりました。腰をローリングする動きです。
 深々と挿された男根が真由美の子宮を押し上げています、その接点を中心に腰が動かされているのです。
 愛液が潤滑油となっていても、真由美の膣は、まだまだ余裕がありません。
 隙間なく埋め込まれた男根によって、膣内を掻き回されるのです。
 真由美は声を張り上げてよがります。
 「あぁぁん、イイ・・・あぁ・・・イイ。・・・・凄い、あぁ・・・・凄い、」
 真由美の口から快感が口に出されるようになりました。
 子宮を頂点に回される男根は真由美の膣口を拡げ、出来た隙間から空気の漏れる音が聞こえます。
 「あぁいや・・・恥ずかしい。・・・お願い、聞かないで。」
 動きを止める願いではありませんでした。真由美は与えられる快感に酔い、正体をなくしてしまいそうになっています。
 「はっはっはぁ・・・あぁ感じる。・・・感じる。・・・おかしくなるぅ・・・・」
 
 「うっうっ、あぁ、あぁ・・うっあぁん。ふっぅ、あぁ、やぁ・・。」
 
 「はぁん。・・・・イイ・・・あっああ・・・イイ・・あぅ・・ああ。」

 「ダメ・・・いやぁ・・・もう・・・もう・・・あぁん。・・・ひっ・・・ぁぁ。」

 真由美の上げる声のトーンが段々カン高くなって来ました。
 そろそろ真由美は絶頂を迎えようとしています。カラダが瘧に掛かった様に間歇的に震えだします。
 常務はニヤリと微笑むと、いきなり男根を真由美の膣から引き抜いたのです。
 
 「いやぁ、いやぁ・・・だめ、ダメ、行っちゃ駄目。・・・。戻って。」
 
 「お願いよぉ・・・・最後まで・・・逝かせて・・・あぁ・・・酷い。」
 真由美は半狂乱です。自分が何を口走っているのか判っていません。
 「いやぁ・・・やぁ・・続けて・・・して・・・やって・・・」
 真由美が泣き叫んでいる間も上半身を嬲る女の動きは止まりません。いえ寧ろ強く捩じったり、甘噛みしたり、強い刺激を送り込みます・

 「続けて欲しいのなら、俺の奴隷になると誓え。」

 常務はニヤニヤしながら、真由美の反応を愉しんでいます。口に出して言わせるのが、女を堕とす早道なのです。
 真由美の口から言わせて覚悟を決めさせるのです。

 常務は無言の真由美のクリトリスを強く掴みました。

 「ひっ・・・うぅむっ。」
 真由美は軽いアクメを迎えカラダを突っ張ります。身動き出来なくてもカラダに緊張が走った事で、それと判ります。

 常務は引き抜いた男根を真由美に挿入し、数回出し入れし、また引き抜く動きを繰り返し行います。
 決して逝かせないように、刺激が途切れる事が無い様に調整しています。

 「うぐぅ・・ぁぁ・・・ひぃぁ・・・はっ・・・や・・・。」
 「おぉっ、ぁぁ。・・・ひゃぁぁ・・・らめぇ。」

常務の動きがピタリと止まります。これで何度目でしょうか。
 真由美の股間からは、淫らな液がダラダラ溢れだし辺りを汚しています。

「・・・・なる。・・・なりますから・・・・して。・・・」
 真由美は絞り出すように言います。


読者の皆様に感謝申し上げます。PageTop【明日晴れるかな?】(15)

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://xhiro2007.blog21.fc2.com/tb.php/349-db33b508

プロフィール

HIRO(S)

Author:HIRO(S)
HN:HIRO(S)
年齢:秘密
性別:秘密
地域:関東地方
動機:gooで削除されたので。
一応フィクションとしてますが、ナイショ
写真は・・・・いけないんだぁ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログランキング

投票してね。

FC2Blog Ranking

セレクト・ショップ

あみ・あみ

グッズ
ソフマップ

ラブ・アゲイン
私設私書箱センター
2Candys
最近のコメント

月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。