スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【明日晴れるかな?】(19)

 ユリは自宅の前で逡巡していました。
 夫の真一と顔を合わすのが躊躇われるからです。しかし、何時までも玄関前の共有スペースに佇んでいるわけにも行きません。
 ユリが音を立てないように玄関のドアを開けて、滑り込むように中に入っていきます。
 夫はリビングで待っていました。
 険しい表情をしています。
 『た、ただ今戻りました。』
 普段のユリの言葉遣いでは有りませんでしたが、真一は気が付かないようです。
 【お帰り。・・・・そこに座って。】
 目の前を指し示します。
 いつもなら隣に座るユリでしたが、夫に言われて正面に腰を下ろします。
 
 しばらく夫は何も言いません。
 ユリは生きた心地もなくただじっと夫を見つめています。
 心臓が早鐘のように鼓動を打ち、のどが渇いてヒリヒリしていました。
 【・・・・俺・・・ユリと一緒に暮らせない。】
 ユリは衝撃を受けています。恐れていたことが現実になったのです。
 自業自得とは言え、現実になると目の前が真っ暗になってしまいます。
 激しい後悔がユリに襲い掛かってきます。
 (どうしよう、どうしよう。・・・いやだ、真ちゃんゆるして、ユリを許してください。)
 【まさか・・・と、思ったよ。初めて知った時には。】
 『違うの、違うの、真ちゃん。』
 ユリの目から涙が溢れていました。
 【目の前が真っ暗になったよ・・・・どうして?どうしてなんだ。】
 ユリの目から今では大粒の涙が零れています。
 真一の言葉一つ一つがユリの心に突き刺さります。
(あぁ・・・真ちゃん・・・あなた・・・ごめんなさい。・・・・私は・・・馬鹿な女です。あの時、あなたに全部話していれば、こんな事にはならなかった・・・・あなたに知られるのが怖くて・・・汚れたユリを愛してくれないかもしれない。そう思ってしまったの。)
 【何でだよ、俺が何をした?俺はそんなに酷い事をしたのか?】
 ユリがブンブン頭を振っています。
 (そんな事無い。全部ユリが悪いの。・・・・あなた・・・真ちゃん。あなたを苦しめてしまった。・・・どう償えば許して貰えるの。許して貰うにはどうすればいいの。)
 【チクショウ!】
 真一はひと言叫ぶと、ユリの前に仁王立ちになりました。
 乱暴にユリを立たせると、唇に吸い付きました。
 『んんんん。』
 真一はユリの服が破けるのも構わずに裸にしていきます。
 ビジネススーツのボタンは千切れ、スカートのチャックは壊れ打ち捨てられました。
 ショートとお揃いのブラも肩ひもが引き千切られてしまいます。
 ユリは夫の荒々しい行為に、怯え両手で胸を隠そうとしました。
 『あなた止めて。・・・乱暴にしなくても。』
 夫の怒りの凄さにユリは竦んでいます。
 服を剥ぎ取られて全裸になったユリは、涙を更に流しています。
 (あなた・・・・ユリが憎いのね。・・・あなたを裏切った私が・・・)
 夫が仕置しようとするのなら、甘んじて受けなければならない。と思っていてもユリはカラダが言う事を聞きません。
 無意識のうちに力が籠りカラダが固まってしまうのでした。
 夫の指が乳房に食い込み、激しい痛みをユリに齎します。
 いつの間にかソファーに押し倒され、両足を限界まで広げられています。
 貪るようにユリの股間に吸い付く真一に技巧は有りません。
 強く啜り舐め廻します。
 ユリのオマ○コは真一の唾液でベタベタに汚されてしまいました。
 表面は唾液で濡れていますが、ユリのオマ○コの中は乾いていました。
 濡れないのです。
 (・・・あなた・・・・ユリのカラダは可笑しくなってしまったのかな?以前ならこれ程の刺激を受けたら・・・感じていたのに・・・)
 ユリのカラダは中年のイヤらしくねちっこい愛撫に慣れてしまったのでしょうか、真一の力技には反応しなかったのです。
 オマ○コに真一の指を感じてもそれは変わりませんでした。
 その事実にユリはまた泣きます。
 常務によってカラダを作り変えられてしまった・・・そんな後悔の念に押し潰されそうです。
 その一方、頭に浮かんだのは真一の未熟さです。
 若さゆえの自分本位な愛撫、常務のそれとはまったく違いました。
 哀しい事に常務の愛撫を思い出してしまう自分がいます。そして常務の愛撫を思い出してユリは濡らしてしまったのです。
 こんな時に常務を思い出してしまう、背徳感にユリは言い様も無い程興奮しています。


【明日晴れるかな?】(20)PageTop【明日晴れるかな?】(18)

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://xhiro2007.blog21.fc2.com/tb.php/353-d472afc5

プロフィール

HIRO(S)

Author:HIRO(S)
HN:HIRO(S)
年齢:秘密
性別:秘密
地域:関東地方
動機:gooで削除されたので。
一応フィクションとしてますが、ナイショ
写真は・・・・いけないんだぁ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログランキング

投票してね。

FC2Blog Ranking

セレクト・ショップ

あみ・あみ

グッズ
ソフマップ

ラブ・アゲイン
私設私書箱センター
2Candys
最近のコメント

月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。