スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【明日晴れるかな?】(23)

 『はぁん。・・・ふぅん。はぁ、はぁ。あぁ、あぁ。』

 真由美の鼻声が漏れて聞こえます。
 常務のモノを横銜えして舌を滑らせているのです。
 手を使えないために、多少ぎこちなさは有りますが、それでも十分常務は感じているようです。
 ギンギンに張った肉棒は、表面に血管が浮き節くれ立ち瘤を形成しています。
 真由美は男のモノを口にするのは初めてではありませんが、今までの男とは明らかに違う常務の肉棒に、畏怖していました。
 オスの生命力を感じていたのです。
 これまで付き合った男達は、さらりとした整った形をしていました。
 縦笛のように表面はつるりとして、亀頭もそれほど張っていたわけでは有りません。
 常務の肉棒はゴツゴツとした印象で、禍々しい外見です。肉棒と言うよりも鋼の棒と表現したほうが相応しいように感じられます。
 それでいて、無機質には感じられません。
 唇と舌に感じるソレは灼熱の肉棒でした。

 (常務の・・・オチン○ン。・・・あぁ、逞しい。・・・これが私の中へ。・・・)

 真由美は先程よりも熱い迸りを膣に貯めています。

 『プシュッ!』

 妙な音が響きました。
 真由美の股間がお漏らししたようにビチョビチョに濡れています。

 『あっ・・・』

 真由美は粗相をしてしまったと思いました。
 愛液が噴出したとは考え付かなかったのです。 初めての経験です、無理もありません。

 『あぁいや。恥ずかしい。』

 羞恥で顔が真っ赤になっていましたが、舌は肉棒から離れることはありませんでした。

 【外してやれ。】

 常務が女に指示を出しました。
 縛ってある手が解かれました。
 真由美は手首を擦っています。そこは鬱血して赤い筋がクッキリと浮き上がっています。
 手の自由を得た真由美は、常務のカラダに手を伸ばし、思いっきり抱きしめていました。
 常務を押し退けるのかと思われた真由美の行動は逆でした。
 常務の首の後ろに手を回し、引き付けようとしていました。
 常務の分厚い唇が真由美の口を覆って塞いでいます。
 常務の唾液が真由美の口腔を犯しています。
 真由美は躊躇いもせずに喉を鳴らして嚥下して行きました。
 常務の腰が真由美の股を割って下半身に密着しました。
 常務は真由美の口から唇を離すと、耳元で何かを囁きました。
 
 【両足を膝の後ろで抱え込む格好になりなさい。】
 
 仰向けの真由美は太股をお腹の方へ密着するように引き寄せ、手で膝の後ろを支える様な格好になりました。
 しかし、両膝はピッタリ合わされています。

 【足を拡げて、真由美のオマ○コを見せなさい。】

 常務の恥ずかしい命令です。
 この格好は、真由美が子供の頃に外でオシッコをした格好によく似ていました。
 仰向けになっているのが、当時と違う所です。
 その恰好を思い出して、真由美は激しい羞恥に陥ります。
 
 『あぁ・・いやぁ・・・恥ずかしい。・・・』

 真由美の陰毛は若い女性に相応しく、綺麗に処理されています。
 その為に、かえって常務の目に容易く映ってしまうのでした。
 
 【真由美のオマ○コはイヤラシイな。・・パックリ口を開けて涎を流しているぞ。】

 常務の言葉責めです。
 本当は綺麗な縦筋が通っていて、プックリと膨れた花芯が少し覗いているだけなのですが、常務はわざと恥ずかしい言葉を並べたてます。

 【オマ○コにチ○ポが欲しいんだろう。淫乱娘。】

 『あぁ・・そんな・・・はい、欲しいです。・・・ご主人様のおチ○ポ、欲しいです。』

 言葉責めの最中、ずっと常務の亀頭は真由美の花芯を弄くっていました。
 その刺激に真由美のカラダはより強い刺激、挿入を待ち望んでいたのです。

 (あぁ・・常務・・・ご主人様。)

 真由美は、常務をご主人様と呼び掛ける度に火照って行くのが感じられました。

 (ご主人様・・・なんだか、とても安心する。・・・どうして?どうしてなの?・・私を
犯し、玩具にしようとする人なのに、どうして安らぎを感じるの?)

 真由美は自分の中に湧き起こる感情に、戸惑い困惑していましたが、心に芽生えたモノを消し去る事は出来ませんでした。

 (あぁ・・・ご主人様。・・・真由美を・・・あなたの・・・ご主人様のモノに・・・して下さい。・・・・あぁ・・・嬉しい。・・・入って来る・・・ご主人様の・・・おチ○ポが入って来る。・・・あぁ大きい・・キツイ・・あぁ・・壊れちゃう・・あぁ・・壊して。真由美を壊して下さい。・・・・あなたから、離れられなくして下さい。)

 真由美は、小学・中学・高校・大学と成績は常にトップクラスでした。
 初潮を迎える頃から、男子に負ける事が悔しくて堪りませんでした。
 絶対に男子に負けない。男子を見下ろしてやる。
 肩肘を張って生きて来たのです。
 恋愛も自分が主導権を握っているのが好きでした。男子を翻弄するのが好きだったのです。
 自分から告白した事は1度も有りません。常に男子からでした。
 男が自分に媚び諂うのが当然だと思っていた真由美でした。
 しかし、心の奥底では自分を屈服させる強い男の幻影を想像していました。
 男に好きなように嬲られる。真由美のオナニーはその想像から始まります。
 その想像が現実になったのです。
 真由美はついに自分の願望に正面から向き合う事になったのです。
 そして、・・・真由美は手に入れました。

 『ご主人様』と呼ぶ存在を。


【明日晴れるかな?】(24)PageTop【明日晴れるかな?】(22)

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://xhiro2007.blog21.fc2.com/tb.php/357-a2a3d2c9

プロフィール

HIRO(S)

Author:HIRO(S)
HN:HIRO(S)
年齢:秘密
性別:秘密
地域:関東地方
動機:gooで削除されたので。
一応フィクションとしてますが、ナイショ
写真は・・・・いけないんだぁ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログランキング

投票してね。

FC2Blog Ranking

セレクト・ショップ

あみ・あみ

グッズ
ソフマップ

ラブ・アゲイン
私設私書箱センター
2Candys
最近のコメント

月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。