スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【明日晴れるかな?】(26)

 ユリは、ゆっくりと常務ににじり寄ります。
 躊躇い、躊躇し、ゆっくりと常務の股間に顔を近づけました。

 (あぁ・・・ここで・・・真由美の前で・・・咥えたら・・・二度と・・帰れない。)

 ユリは、覚悟を決めた筈でした。

 愛する夫を裏切り、男の子種を宿しているにも拘らず、未だに真一に許して貰いたいと切に願っているのです。
 ここで常務のチ○ポを咥えてしまったら・・・・戻る資格を無くしてしまうのです。そう思っているのです。

 (あぁ・・・常務の性器の匂い、熱を感じてしまうと・・・・・。)

 ユリの顔が常務のチ○ポに触れました。
 ユリは顔全体で感じたくて、チ○ポを擦り付けます。真由美の前で躊躇いは捨てました。
 愛する夫への思慕を振り払ってまで出勤してきたのに、今更このチ○ポを取られるのは我慢が出来ません。
 ユリは学生時代から今まで、男を取り合った経験が有りませんでした。
 今のユリは本気で真由美と常務を巡って争う積もりです。
 まして今の状況下では、若い真由美に口腔奉仕で負けたくありません。
 ユリは常務のち○ぽにネットリと舌を絡ませます。

 ねぶる舌に力が入ります。絡ませた竿がふやけるほど唾液を塗し、舐め上げます。
 舐めるだけではなく、チュウチュウ吸い上げます。鈴口には舌先をねじ込もうとしています。
 咥えたチ○ポを手でシゴキ、玉袋を優しく揉みます。そして口にも含みます。

 それも全て常務に仕込まれた手練手管です、夫の真一にはそこまでした事は有りません。
 夫とのセックスは、言わば繁殖のためだけの行為に成りつつあったのです。
 事件に遭遇した当時のユリの状況は、半ば義務的に抱かれていたのでした。
 夫の心はいざ知らず、少なくてもユリはそうでした。
 そんなものだと、ユリは思っていました。
 付き合い始めた頃は、めくるめくような交接、お互いを貪り合う情交、己のすべてを与え合い絡み合いました。しかし、ユリには性交痛と言う、物理的・心理的なトラウマが在りました。
それでも、忙しい時間を縫って、少しの時間でも夫の肌に触れていたいと思っていました。夫の肌に触れているのは好きでした。
 その内夫も半ば諦めて、夫婦はセックスしなくても、肌を合わせているだけで、満足するようになりました。ただ夫は今にして思えば、満足している振りをしていたのかもしれません。
 ユリは年を重ねて行く内に、肌を合わせる事ですら面倒な事だと感じ始めてしまいました。
 事件前の状況は以上のようでした。
 夫が、真一が求めて来た時は、ユリに余裕が有った場合にのみ、肌に触ることを許しました。
 セックスは殆ど拒否しました。
そんな時に常務に犯されて、無理やりユリの女を目覚めさせられたのです。
苦痛でしかなかった性交が、痛苦の極みで快感に変わってしまうのをユリはどうする事も出来ませんでした。

 苦痛が快感に変わる。・・・・聞いたことは有りました。
 男性週刊誌や女性誌、インターネットのアダルトサイトに載せてあります。
 特にネットの告白体験記は驚きの連続でした。
 匿名若しくはペンネームで書かれた手記は週刊誌のような規制に縛られることが無い為に、とても厭らしく生々しい表現で書かれています。
 そんなサイトの中で、SM系のサイトに書かれていた事が余りにも自分と同じ様な体験だった為、何時しか引き込まれていました。
 写真も掲載されていました。

 苦痛に歪む顔、その顔が喜色に緩み、目がトロンと焦点が定まらなくなって行く。
 苦痛が快感に変わって行く姿を写した連続写真も一杯有りました。
 手足を縛られ、大きく拡げられたオマ○コにバイブを挿し込まれている写真。
 赤い痕がクッキリと残るお尻。尻肉の間から滴り落ちる愛液も写っています。

 そして女が堕ちて行く体験談

・・・・ダメ・・どうして・・・なんて事をしてしまったの。主人の顔を見るのが辛い・・・目を合わせられない・・・止めよう・・・止めよう・・止められない・・・身体が疼いて・・・火照る身体を持て余す・・・・今この瞬間だけ・・・何もかも忘れて・・・忘れさせて・・・あぁ・・・気持ちイイ。・・・もっと・・抱いて下さい。・・・滅茶苦茶にして・・・・あぁ・・・
 女の生々しくも艶めかしい告白に、自分の体験と重ね合わせて、下着を濡らした夜。
 
 夫が相手では、ユリが淫乱な女だとは知られたくない気持ちの方が大きいのです。
 ユリの淫らな欲望を思いっきり解放できるのは、常務の前だけです。
 そして、ユリの欲望を受け止め、満足させてくれるのも常務だと思っています。
 
 『して・・・下さい・』


【明日晴れるかな?】(27)PageTop【疑惑のテンポラリーファイル】(18)

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://xhiro2007.blog21.fc2.com/tb.php/361-d4e443a1

プロフィール

HIRO(S)

Author:HIRO(S)
HN:HIRO(S)
年齢:秘密
性別:秘密
地域:関東地方
動機:gooで削除されたので。
一応フィクションとしてますが、ナイショ
写真は・・・・いけないんだぁ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログランキング

投票してね。

FC2Blog Ranking

セレクト・ショップ

あみ・あみ

グッズ
ソフマップ

ラブ・アゲイン
私設私書箱センター
2Candys
最近のコメント

月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。