【妻の秘密・義妹の秘密】(32)

 痛いほど硬くなった乳首を、人差し指と親指で軽く摘まれコリコリされる。
 『あうう、いやっ。・・・摘まないでぇ~・・・・』
 反対の手は下から掬い上げるように乳房を揉みしだき、柔肉に食い込む指が半ばまでめり込む。
 ギュッギュッと音がするような気がした。それほど激しい愛撫。
 乳房はひしゃげ乳首はありとあらゆる方向に向く。
 優しい愛撫から一転した激しい愛撫に薫は翻弄されっぱなしだ。



 痛いほど硬くなった乳首を、人差し指と親指で軽く摘まれコリコリされる。
 『あうう、いやっ。・・・摘まないでぇ~・・・・』
 反対の手は下から掬い上げるように乳房を揉みしだき、柔肉に食い込む指が半ばまでめり込む。
 ギュッギュッと音がするような気がした。それほど激しい愛撫。
 乳房はひしゃげ乳首はありとあらゆる方向に向く。
 優しい愛撫から一転した激しい愛撫に薫は翻弄されっぱなしだ。
 『痛い!』
 乳房に爪が食い込む。
 伸びた小指の爪が鋭く抉り血が滲む。
 『ああっ、痛いです・・やめて・・・』
 「こうされると堪らないだろう。薫は痛くされるのが好きなんだ、Mっ気が強い子だと思っていたよ。」
『そんなこと・・・ああ、ありません。・・痛いのはいやです。・・優しくしてお願い!』
 『あひぃぃぃ。うううっ』
 突然薫が叫ぶ。
 いつの間にか薫の股間に手が伸びていた。
 伸びた手は薫の一番敏感な突起を、包皮ごと親指と中指の間に挟みコリコリしごいた。
 他人の手で股間を触られるのも初めてなら、陰核を捻られるのも初めてだった。
 その強烈な刺激に声を張り上げてしまう。
 『うああ、あう。・・あああっ、いやぁ・・』
 薫は送り込まれる刺激に自分ではどうすることも出来なかった。
 腰が自然に動き、頭を左右に振ってイヤイヤをする。
 口から涎を垂らし乳房を汚していることにも気付かない。
 「ほら・・・気持ちいいだろう?・・・痛くされて感じてるんだ、」
 声が出ない。うめき声で否定しようとするが意味を成さない。
 後ろから伸びていた手が退き、乳房を揉んでいた手のひらも薫の身体から離れた。
 刺激が途絶えてやっと人心地付いたと思ったら、身体を引っ張られ仰向けに倒された。
 上から圧し掛かる様にギッと抱かれ乳房を押し潰される。
 足の間に身体を割り込まれ、否応無く太腿を開かれる。
 上体を起こした●●様はしげしげと股間を覗く。
 『はぁいやっ。見ないでっ。恥ずかしい・・・見ないでぇ』
 無駄だと判ってもそう叫ばずには要られない薫だった。
 膝辺りから上に擦られる手の感触が一層薫の性感を高め、熱く滾った淫裂が止めど無く恥ずかしい汁を流し、太腿からお尻の方を濡らしている。
 二本の指が亀裂にあてがわれ、寛げられるのを薫は感じた。
 陰唇は度重なる刺激で厚く腫れぼったくなり、慎ましやかな処女の亀裂とは思えないような卑猥さを発している。
 処理をしていない陰毛が亀裂の周りにべったり張り付き、ヌメヌメと光り輝いている。
 「クンクン」
 匂いを嗅ぐ音が薫の耳に届いた。
 『いやぁあああ、嗅がないでっ。・・・そんな・・・恥ずかしい・・・こと・・しないでっ。』


回想録 ~二人の玲子~PageTop実は・・・

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://xhiro2007.blog21.fc2.com/tb.php/52-6dc81b6f

プロフィール

HIRO(S)

Author:HIRO(S)
HN:HIRO(S)
年齢:秘密
性別:秘密
地域:関東地方
動機:gooで削除されたので。
一応フィクションとしてますが、ナイショ
写真は・・・・いけないんだぁ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログランキング

投票してね。

FC2Blog Ranking

セレクト・ショップ

あみ・あみ

グッズ
ソフマップ

ラブ・アゲイン
私設私書箱センター
2Candys
最近のコメント

月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター