回想録 ~二人の玲子~ 6

 「これでどうです?」
 「良く判らないな?でも、貴方に不利には作っていないでしょうから、自分の部分だけを考えると・・・これで良いですよ。」
 私はどうでも良くなって答える。実際弁償そのものも真面目に考えていた訳でもないので、これで十分だった。
 「玲子はどうだ?」
 『・・・私は・・・あなたの仰るとおりに・・・』
 「じゃあ決まったな。」
 
 これから仕事だという田中が玲子を残し我が家を辞した。玲子は田中に役務の提供について打ち合わせをしておけ、と言われ残った。
 『それで・・あの・・先生』
 「では奥さん。あなたは本気でこんな契約結んだつもりですか?」
 玲子は困ったような顔で答える。
 『主人は本気です。・・・私は・・・』
 「私は弁償してくれなくても、構わないのですよ。元々その積もりも在りませんでしたから。でも、ご主人が無体なことをされたので、つい話しに乗ってしまっただけです。」
 『いいえ、それでは私の方が気が済みません。主人とは関係なく、契約通りにして下さいお願いします先生。』
 「その先生は止めてください。先生なんかじゃないのですから。」
 『でも、陶芸で賞をお取りになられた先生だと、昨日の古美術商が・・』
 「奥さん真に受けては駄目ですよ。」
 『玲子です。玲子と呼んでください。』
 「判りました玲子さん。無理に契約を守る必要は無いですからね。それだけは言って置きます。それと私は章雄です。」
 『はい、判りましたせ・ん・せ・い』
 二人は同時に吹き出してしまった。
 『明日から毎日来ます。掃除洗濯食事の用意の他に何かご希望が有りますか?』
 「・・・例えば仕事関係で美術出版会社と打ち合わせなんかするときに、秘書役になってくれる。とか・・」
 『はい、先生・・やはり先生とお呼びした方が良いですね。秘書も勤めます。役務の提供はサービスの事ですから、私がやると言えばそれがサービスになりますわ。先生はこれこれ出来るか?とお聞きになってください。なるべくお応えするように努力します。』


回想録 ~二人の玲子~ 7PageTop回想録 ~二人の玲子~ 5

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://xhiro2007.blog21.fc2.com/tb.php/59-9b5e2240

プロフィール

HIRO(S)

Author:HIRO(S)
HN:HIRO(S)
年齢:秘密
性別:秘密
地域:関東地方
動機:gooで削除されたので。
一応フィクションとしてますが、ナイショ
写真は・・・・いけないんだぁ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログランキング

投票してね。

FC2Blog Ranking

セレクト・ショップ

あみ・あみ

グッズ
ソフマップ

ラブ・アゲイン
私設私書箱センター
2Candys
最近のコメント

月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター