回想録 ~二人の玲子~ 16

 4月22日(木)
 
 左手に海岸線が見え隠れする。潮の匂いが開けた窓から流れ込む。
 『先生無理言って済みません。』
 「構わないよ、ここで良い土が見つかれば、取材費で落とせる。」
 あれから、編集部での打ち合わせは早朝まで掛かってしまった。急遽先生への仕事の依頼が前倒しになり、そのスケジュール調整と連絡で過ぎていった。
 夫の研修の話は急すぎる。今までなら少なくとも2週間は間があった。疑惑が胸の内に湧き上がる。
 しかし、だからと言って確かめる術もない。
 ところがひょんな所で編集長が伊豆に良い土が産出したらしいと連絡があったそうだ。どうやら先生の差し金らしい、相談していた事へのサポートをしてくれるらしい。

 『夫は本当に私を裏切っているんでしょうか?男って女なら誰でも良いの?』
 昨日の続きを蒸し返してしまう。
 「そうだな、自分がするかしないかは別にして、オスは何時でも機会を狙っている。自然界の真理だろうな。メスだってそうだ、強いオスの種を残すため発情期毎に一番強いオスと交尾する。」
 『でも先生、人間は違うと思います。人間は獣とは違います。』
 「そう思いたいだろう、玲子さん。・・・・人間は・・理性と愛情で制御できるとは限らない。・・・肉欲に溺れ、ズルズルと関係を続けて行く。・・・そんな例は幾らでも有る。」
 「特に女がそうだ。悪いことをしている。頭で判っていても、止められない。抱かれる度に罪悪感で一杯になる、ところがその罪悪感が背徳の悦びになるらしい。・・・私は女じゃないから正確なことは分からないが・・・女も心と身体は別の物だと言う。」
 一度もこちらを向く事無く運転し続ける先生は、目を瞬き指で拭った。
 まるで泣いている所を見せまいとした見たいだった。


 「こんな所、よく取れたわね。」
 「会社の保養所だ。もともとホテルだった所を買収した。だから温泉も本物だし、露天風呂も完備されている。」


7年目の誘惑(14)PageTop7年目の誘惑(13)

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://xhiro2007.blog21.fc2.com/tb.php/70-a6183768

プロフィール

HIRO(S)

Author:HIRO(S)
HN:HIRO(S)
年齢:秘密
性別:秘密
地域:関東地方
動機:gooで削除されたので。
一応フィクションとしてますが、ナイショ
写真は・・・・いけないんだぁ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログランキング

投票してね。

FC2Blog Ranking

セレクト・ショップ

あみ・あみ

グッズ
ソフマップ

ラブ・アゲイン
私設私書箱センター
2Candys
最近のコメント

月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター