7年目の誘惑(7)

 「あら、香織さんたらイヤラシイ下着ね。ここでショーでもやっているの?」
 早智子だった。
 『ああ、そんな・・・していません、・・・違うの、これは違うの・・』
 晒した尻朶まで紅く染め、早智子から隠そうとクネクネと腰を振る。その腰つきが艶めかしく早智子には映る。
 「恥ずかしい格好で興奮しているのね香織さん。」
 『あぁ、そんなこと・・ああぁ』
 一郎の指が尻に食い込み、揉みしだかれてしまう。
 食い込んだ指が柔らかな尻肉を引っ張り離すという動作を単調に繰り返す。単調なだけにストレートに香織の官能を刺激し追い立てていく。
 「クスッ・・健一さんが見たらなんていうのかしら?」
 早智子の言葉嬲りが続く。
 「この下着健一さんの趣味?それとも一郎の趣味?」
 『・・・・・』
 香織が返事を躊躇っていると、一郎が平手で尻朶を打つ。
 『あひぃ・・・』
 軽い打着であっても、今の香織には頭の芯まで響く。
 『あぁ、いいます・・・言いますから、ぶたないでぇ・・・』
 その言葉が終わらないうちに2度目の打着が辺りに響く。
 『あぁ・・・・一郎さんです。ご免なさい。・・・ご免なさい。』
 何に対して謝っているのかしきりに謝罪する。
 「まあ!・・・香織さん・・家の主人を派手な下着で誘惑して・・・淫乱人妻!」
 『うぅ、ごめんなさい。許して・・・』
 「ダメェ・・許さないんだからぁ。それ脱いで渡しなさいよ、主人を誘惑出来ない様にしてあげる。」
 『そんなぁ・・・恥ずかし過ぎます。ゆるして、お願い早智子さん。』
 「判ったわ。そんなにお願いされちゃ・・・じゃ、ブラもね取るのよ。」
 『そんな事お願いしていません。・・・』
 一郎がまたも無言で2発香織の尻朶を打った。
 『あぅうう・・・やめて・・・言うとおりにしますから・・・』
 香織は屈服した。
 「そう、じゃトイレに行きましょう。」
 早智子に連れられ香織はトイレに向かった。


7年目の誘惑(8)PageTop回想録 ~二人の玲子~ 10

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://xhiro2007.blog21.fc2.com/tb.php/74-b0fafc69

プロフィール

HIRO(S)

Author:HIRO(S)
HN:HIRO(S)
年齢:秘密
性別:秘密
地域:関東地方
動機:gooで削除されたので。
一応フィクションとしてますが、ナイショ
写真は・・・・いけないんだぁ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログランキング

投票してね。

FC2Blog Ranking

セレクト・ショップ

あみ・あみ

グッズ
ソフマップ

ラブ・アゲイン
私設私書箱センター
2Candys
最近のコメント

月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター