7年目の誘惑(20)

 早智子は健一の前に跪いて肉棒を擦りたてていた。
 向こうで香織も同じように一郎の男根を舐めしゃぶっている。
 『健一さん。・・・大丈夫?』
 早智子は先ほどの健一の悋気・怒気を懸念して聞いた。
 「・・・早智子さん。あなたは・・・あなたの時は、一郎さんは・・・泣いていたと言いましたよね。・・・あなたはどうだったのですか?」
 『あたしは・・・その瞬間は何も考えられなくて・・・どうなったのか・・・何を言ったのか覚えていないんです。・・でも・・・その時のビデオが撮影されていて・・』
 『主人の前で見せられたんです。・・・今の香織さんと同じ・・・相手のチ○ポが欲しくて欲しくて・・・カラダが言うことを聞かないくて・・相手のチ○ポのほうが新鮮で・・いつもと違う感触が・・・堪らなくて・・・主人よりも大きいとか・・硬いとか・・主人を傷つける事ばかり・・・耳元で囁かれて・・・言ってしまうんです、本当は全然そう思って無くても・・比べてなんか無いのに・・比べた様なことをわざと・・・自分でも分からないけど・・主人に嫉妬して欲しくて・・・だって、私じゃないおま○こに主人のが入ったのを見てしまったから・・・私だけのモノだったのに・・』 
 擦りたてる手は休めずに早智子は話を続けた。
 『・・・多分主人が見ているから・・・不倫でも浮気でもない・・・こんなことを言うと健一さんに申し訳ないけど・・・一種のバイブ・・・私はそう感じた。・・・・・多分・・・そうだと・・・ううん、良く判らない・・感じてしまったのは本当だし、主人とは別の男だった。抱き方も・・SEXもチ○ポも・・・やっぱり、私は夫が居るのに別の男を求める淫乱な人妻・・判らないから今回は主人にせがんで・・心とカラダ・・バラバラになりそうだから・・もう一度自分を知りたくて・・確かめたくて・・』
 「何を確かめたかったの?」
 『・・・私は・・・主人を愛しているのか?・・・主人以外に心を奪われていないのか?・・・心が奪われていないのなら・・・何度でも別の誰かとカラダを重ねられるのか?・・もうこれ以上主人意外に抱かれたくないのか?・・・主人の愛は?・・私を・・・まだ愛してくれるのか?・・・何故あんなことを・・・同意してしまったのか・・・答えが見つかるかもしれないと・・・』


7年目の誘惑(21)PageTop7年目の誘惑(19)

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://xhiro2007.blog21.fc2.com/tb.php/88-4b72bf02

プロフィール

HIRO(S)

Author:HIRO(S)
HN:HIRO(S)
年齢:秘密
性別:秘密
地域:関東地方
動機:gooで削除されたので。
一応フィクションとしてますが、ナイショ
写真は・・・・いけないんだぁ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログランキング

投票してね。

FC2Blog Ranking

セレクト・ショップ

あみ・あみ

グッズ
ソフマップ

ラブ・アゲイン
私設私書箱センター
2Candys
最近のコメント

月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター