回想録 ~二人の玲子~ 18

 『あの・・済みません。・・・ここにK旅行社の杉本さんがいらしたようなのですが・・・』
 「お客様とその方のご関係は・・・通常プライバシーに係ることはお話できませんので・・」
 『お隣の奥さんなんです。』
 「う~ん、それだけでは・・・お答えできませんねぇ。」
 と口では言いながらフロント係りは私に目配せした。
 「さ、玲子さん。仕方が無い離れましょう。」
 『でも、先生。』
 「良いから・・・こっちへ。」
 ロビー奥の柱の影に玲子を引き入れ耳打ちする。
 「フロント係りは否定しなかっただろう。・・居なければ居ないと言う筈だ。居るんだよ、だけど立場上言えないから質問というような形で女性客が居ることを教えてくれたんだ、」
 厄介な状況になった。
 まさか田中の不倫相手が隣の主婦だとは・・・玲子も思っても見なかったようだ。
 『彼女・・・杉本綾子さんはお隣の奥さんで、共働きしているんです。旦那さんと同じ職場で・・・旅行会社・・・ご近所付き合いで結構行き来していた仲なんです。その彼女と主人が・・・まさかと思うけど・・・でも、どうしてここに。・・・やっぱり・・』
 事情を話す玲子に、
 「純粋に仕事かもしれないよ、偶然一緒になって食事を取っていたのかもしれない。」
 気休めにもならないことを言ってしまってから、
 『・・・様子を探るしかないんですね。』

 ―深夜零時―
 研修所の露天風呂は、11時を過ぎると1箇所閉鎖し混浴となる。その間にもう一箇所の清掃・整備が行われる仕組みで、今夜は男湯が露天風呂として使われていた、
 「しかし、玲子さん。私と一緒で構わないのか?」
 『大丈夫です。タオルをしっかり巻いておきましたから。』
 確かにバスタオルで隠していたが、以外に大きな胸と大きなお尻を隠すには心許ない。
 事実、胸の谷間はかなり深く見えるし、裾は股間スレスレだった。
 田中が部屋を出て風呂に向かうのを確認した私が玲子に連絡を入れると、杉本も10分前に部屋を出たらしい。
 そうして露天風呂の前で玲子と合流し、結局一緒に入ることになった。
 風呂は、巧みに岩場が配置され容易には覗けないようになっている。それがかえって仇となって見通しが付かない。まして昼と夜の温度差、湯の温度と相まって湯煙が濃く立ち昇り辺りを隠している。
 「風でも吹けば見通せるんだが。」
 と、その時、ポチャンという湯音が微かに耳に届いた。
 「あっちだ。近づいてみよう、音を立てないように。」
 私達は音を立てないよう水面を移動した。
 近付いた事によって、話し声まで聞こえるようになった。丁度岩場を挟んで反対側だ。

 (うふふ・・・ねえ。田中さん・・・こうして湯に浸かるの久しぶりよね。いつ以来だったかしら?)
 (・・・確か・・・去年の暮れだから・・彼此四ヶ月振りかな?)
 (本当・・・釣った魚に餌をやらない人なんだから。)
 (バカ言うなよ、その代わり毎週会っているじゃないか。綾子は不満なのか?)
 (そうじゃないけど・・・ただ会ってセックスするだけじゃ・・・カラダだけが目的に思えて・・・)
 (はは、カラダだけでも俺は十分だけどな。綾子はご主人に隠れてこんなことして悪いと思わないのか?)
 (旦那の事は言わないで。だってあの人とのセックスより貴方のほうが感じるの。もう、あの人に抱かれたくないわ、あなただけの綾子で居たいの。)
 (あなただって玲子より私のほうが良いんでしょう?・・つまらない女だってあなた言っているもの。抱いても反応が乏しいし、時々拒否するって。私ならあなたが求めれば拒否なんかしない、何時でも何処でもするわ。)
 (じゃ、ここでしゃぶってくれよ。ここに腰掛けるから。)
 決定的な話が聞こえてきた。
 どうやら田中と杉本綾子はかなり前から関係していたらしい。
 特に玲子が私の所へ来るようになってから頻繁になったらしい。
 
 (オウ、いいぞ綾子。・・・おしゃぶりが上手になったな。)
 (何を・・・あなたが仕込んだんでしょう。・・・)
 (そうだっけ?・・お前旦那と結婚してもしたことが無かったんだ?)
 (そうよ、主人はそんな事要求しないわ。・・・あなたが初めて・・・バックでするのも騎乗位でするのも・・・SMプレイだって・・・アナルだって・・・アナルバージンをあなたに捧げたのよ。・・・みんなみんなあなたが私を調教したの。だからあなた無しでは綾子は駄目なの。このおちん○んは私のものよ、玲子から奪ってやりたい。)
 (じゃあ、綾子は俺の性奴隷に成った訳か?何でも言うこと聞くか?)
 (もうなっています。)
 (今度は家で玲子が居ない時に夫婦プレイでもするか?旦那が隣に居る時に。)
 (ああ、そんな・・・罪深いこと・・・)
 (出来ないのなら、綾子との関係は解消しないとな。いつまでも旦那にばれずに不倫できないだろう?)
 (いいの・・主人にばれても・・・アイツに文句を言わせないわ。満足に女も抱けない甲斐性なしだもの・・・あなたの大きいおちん○んを見たらきっと黙って指を銜えてるだけよ。・・判りました・・・しましょう、いえ、綾子にあなたの妻の代わりをさせて下さい。お願いします。)
 睦言が途絶えた。
 湯面を叩く音が大きくなる。
 チャプ、チャプ、クチュ、クチュ、ズズッ、ジュプ、ジュプ
 フェラチオの音までが湯面を通し聞こえてくる。
 玲子をそっと横目で伺うと、蒼白な顔が徐々に赤みをさしてきた。
 (フェラはもういい、この岩に手をついて後ろ向きになれ!)
 (ああ、ソコ・・気持ちいい。・・・あなたもっと、もっと舐めて)
 (ふう~ん、ううん、ああん、気持ちいい、・・・・)
 (大きな声を出すな、堪えろ、そうそるともっと感じるぞ。)
 ザバッ・・・
 大きな湯音が聞こえた。
 田中が岩場から降りて綾子の後ろに回る。
 腰に手を突き尻から繫がる。
 (どうだ、一気に入ったぞ。こんなに濡らして。嵌めて欲しくて綾子のおま○こは啼いていたのかな?)
 (ああ、はい。綾子のおま○こ、あなたが欲しくて1日中啼いていました。・・・パンティも何回も履き替えました。乳首が大きくなって・・痛くてブラも途中で外しました。)


7年目の誘惑(23)PageTop回想録 ~二人の玲子~ 17

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://xhiro2007.blog21.fc2.com/tb.php/92-051ba2a4

プロフィール

HIRO(S)

Author:HIRO(S)
HN:HIRO(S)
年齢:秘密
性別:秘密
地域:関東地方
動機:gooで削除されたので。
一応フィクションとしてますが、ナイショ
写真は・・・・いけないんだぁ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログランキング

投票してね。

FC2Blog Ranking

セレクト・ショップ

あみ・あみ

グッズ
ソフマップ

ラブ・アゲイン
私設私書箱センター
2Candys
最近のコメント

月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター